社会とつながる 災害 人権 環境問題 平和 宗教 政治 経済

検索


宗教

急がず、休まず

先入観を持たない

生命、いのちとは何かとよく問われますが、これはいくら考えても、観念では分からないものです。例えば、目の前に一茎の草花があるとします。その草花を見て、生命をそこに感じる。それしかできないということであります。 仏教とは、どのように物事を解釈していくかということです。私たちはつい先入…続きを読む

  • 信仰
  • 宗教

やくしんInterview

経典の来た道を歩いて  横松心平(作家)

釈尊の教えを、鳩摩羅什が漢訳した『妙法蓮華経』は、1600年の時を経て現代に受け継がれている。 『佼成』で連載された小説を1冊にまとめた『鳩摩羅什(くまらじゅう) 法華経の来た道』の発刊にあたり、著者の横松心平さんに物語に込めた思いをうかがった。 【プロフィル】 横松心平(よこま…続きを読む

  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 死
  • 宗教

急がず、休まず

さあ実行しよう

仏教の中には、いろいろな教えがあります。簡潔な教えとしては、二百六十二文字からなる般若心経(はんにゃしんぎょう)があります。その最後に、「羯諦(ギャーテー)羯諦(ギャーテー)」という言葉が出てまいります。 「羯諦羯諦」とは、苦悩から去って、本当に有り難い人生を歩もうとするのであれ…続きを読む

  • 苦悩
  • 感謝
  • 信仰
  • 宗教

急がず、休まず

天子たちの寓話--知ること、生きること

昔の中国に、荘子という方がおられます。その方のお話に「渾沌(こんとん)」というお話がございます。 渾沌は中央の天子で、南海の天子を鯈(しゆく)といい、北海の天子を忽(こつ)という。南の鯈と北の忽とが、渾沌のところで非常に歓待された。ご馳走(ちそう)を受けたのでしょうか。 そこで何…続きを読む

  • 苦悩
  • 信仰
  • 宗教

急がず、休まず

一切衆生悉有仏性と「自分」

仏さまの教えの中に「一切衆生悉有仏性(いっさいしゅじょうしつうぶっしょう)」とあります。「一切衆生」とは、この世に存在する全てのもの、もちろん衆生の中には人間も、動物も植物も、また鉱物も入ります。その全てが「悉有仏性」、みんな仏性であるということです。 仏性という言葉には、いのち…続きを読む

  • 歓喜
  • 感謝
  • 感動
  • 信仰
  • 宗教

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

朝のお勤めが、より有り難くなりましてん♪ 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

年末年始、施設に入所している祖母をわが家へ招き、年越しをしてもらいました。以前も紹介しましたが、祖母は現在、82歳。体は元気なので、いわゆる「サービス付き高齢者住宅」に入居し、施設のお友だちと散歩やおしゃべりを楽しむ毎日です。 祖母は施設に入る前、大きなお仏壇を持っていました。し…続きを読む

  • 歓喜
  • 感謝
  • 感動
  • 親子
  • 信仰
  • 宗教

急がず、休まず

ゼロの立場に立つ

人間の世界は、どうしても情が強く、好きだとか嫌いだとか、善い・悪いとか、そういう余計な心も発達しました。しかし、宇宙的に考えますと、全ては善でもない、悪でもない。仏教では「三性の理」と言うのでしょうか、無記であって、善でもない、悪でもない。言ってみれば、ゼロ、中立の働きとして、全…続きを読む

  • 内省
  • 苦悩
  • 信仰
  • 宗教

急がず、休まず

「法に帰依する」の「法」とは

三帰依文は、華厳経の偈文、詩の形で説かれた教えの一部であり、それが流布して、各宗派で用いられています。 私たちは仏に帰依し、法に帰依し、僧に帰依する。これは基本です。私が興味を持つのは、三帰依文の中でも、法に帰依するという個所で、とても意味が深いのです。 どういうことかと申します…続きを読む

  • 信仰
  • 宗教

急がず、休まず

「他」があって「自」がある

縁起の理に従って、他人と自分との関係を、どのように捉え、どのように生きたらよいかを考えてみたいと思います。 仏教では、無量、無数、とても多くの縁、他の力によって、いま、ここに、自分が存在していると見ています。縁起の理の定義、すなわち「AあればBあり。AなければBなし」に従えば、「…続きを読む

  • 感謝
  • 親子
  • 夫婦
  • 宗教

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

托鉢へ行ってきましてん♪  露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

先日、「天台宗全国一斉托鉢(たくはつ)」に参加させていただきました。これは毎年12月1日に行なわれるもので、全国から集まった浄財は「NHK歳末たすけあい」などに寄託されます。 この日、初参加の私は、朝から比叡山(ひえいざん)の麓(ふもと)、坂本(さかもと)へ! 托鉢の装束(しょう…続きを読む

  • 不安
  • 歓喜
  • 感謝
  • 感動
  • お金
  • 信仰
  • 宗教


1
23456789最後>>
page 1 / 58