くらしとつながる いじめ 就職 お金 仕事 結婚 出産・育児 離婚 健康 老後 学校・勉強 恋愛 食事 エコ リストラ 病気・障害 信仰 死

検索


健康

尾木ママのだから子育てはおもしろい!

早期教育よりも自然体験! 尾木直樹

自然は生きる力の源泉 いまの子どもたちは、スマホやゲーム機の普及、安全な屋外の遊び場が減少したことにより、外で遊ぶ機会がどんどん減っています。また、早期教育ブームの影響もあり、放課後も宿題や塾、習い事などに大忙し。のびのび遊ぶ時間をあまりもてていないのではないでしょうか。 でも、…続きを読む

  • 変化
  • 歓喜
  • 兄弟姉妹
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 健康

急がず、休まず

自業自得の法を説いている

転法輪には、いろいろな意味があり、仏さまだけが転法輪、法を説いているのではないということであります。仏さまは悟られた上で、私たち衆生に分かりやすく法を説いてくださっているわけですが、実は、私たちも、知らないままに法を説いていると教えて頂いております。 お酒を飲み過ぎると、肝臓が悪…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 健康
  • 信仰

【介助の心得】手を差し伸べられるあなたに

なぜ介助が大切なのか 山本佳代子(介助専門士)

はじめまして。これから一年間、「介助」についてお話をさせていただくことになりました、山本佳代子です。 「歳をとっても、障害があっても、楽しく自分らしい生活ができる社会を作りたい」。そう願って、高齢者や障害のあるお客様への対応をお伝えするNPO法人「日本介助専門員推進協会」を立ち上…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 友人
  • 病気・障害
  • 健康
  • 人権

いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

介護施設の現状と選び方 結城康博(社会福祉学者)

昨今、高齢者虐待の実態が明るみになっています。介護士による暴力、暴言、介護放棄など、素人でも考えられないような事件が起きています。厚生労働省の資料によれば、公式に虐待と判断された介護施設における事例は、2006年度の54件に比べ、2014年度は300件と、約6倍に達しています。こ…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 親子
  • いじめ
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後
  • 人権
  • 経済

尾木ママのだから子育てはおもしろい!

デジタルネイティブな子どもたち 尾木直樹

スマホ依存と思春期 ここ数年で、急速に普及したスマートフォン。もはや大人、子どもを問わず、なくてはならない存在になりつつあるようです。その一方で、便利さゆえになかなかスマホを手放せず、ネット依存に陥る人が増えています。特に、思春期の子どもたちは、SNSやオンラインゲームに夢中にな…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 親子
  • いじめ
  • 健康

いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

介護離職と家族介護の限界 結城康博(社会福祉学者)

独り暮らしの高齢者や老夫婦世帯が増加傾向にあるなかで、家族で介護を行なっている方が多いという実態があります。 厚生労働省の資料によると、家族との同居別居を問わず、働きながら何らかの形で介護に携わっている人、同居して専業で介護をしている人は約683万人にのぼり、そのうち男性が約4割…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 親子
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後

いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

そもそも介護問題とは何か? 結城康博(社会福祉学者)

ここ数年、マスメディアを通じて「介護」という言葉を見聞きしない日はありません。「認知症になったらどうする?」「親の介護にいくらかかるか?」「介護は突如としてやってくる」「悲惨な介護殺人」……。 実際、心身ともに元気であっても六十から七十代の方は、自分の介護について切実に考えずには…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 親子
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後
  • 経済

介護の悩み相談室 ゆる介護でいこう!

何度注意しても、重ね着をやめません 回答者/柳本文貴・NPOグレースケア代表

質問 「暑い日が続いていますが、85歳の姑は、何枚も重ね着をしています。汗をかいても、毎日お風呂に入るわけではありません。清潔を保つためにも、下着を1 枚減らしたほうがいいよと勧めるのですが聞きません。これからの季節、熱中症も心配です。重ね着をやめさせることはできないでしょうか」…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 変化
  • 親子
  • 健康
  • 老後

急がず、休まず

希望があるからできること

朝起きて、顔を洗って歯を磨く。このこと一つを取ってみましても、落ち込んだり生きがいを失ったりしているときには、できないことがあります。ですから、これは何でもない当たり前のことでありますけれども、生きていることに対して、ある種の希望を持っているからこそできるのだと思います。お互いに…続きを読む

  • 歓喜
  • 感動
  • 健康

介護の悩み相談室 ゆる介護でいこう!

安全に生活するためのアドバイスをお願いします 回答者:柳本文貴・NPOグレースケア代表

質問 「78歳の夫と2人暮らし、老老介護の身です。夫は脊柱管狭窄症で、『歩いていると足がしびれる』と言います。この前も、横断歩道の途中で思うように足が動かなくなったそうです。危ないので、外を歩くときは杖やシルバーカーを使うように言うのですが、使おうとしません。どうすれば安全に生活…続きを読む

  • 夫婦
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後


1
2345678最後>>
page 1 / 8