こころとつながる 不安 内省 葛藤 苦悩 変化 歓喜 感謝 感動

検索


感謝

いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

今から始める介護への備え! 結城康博(社会福祉学者)

早いもので、私の連載も最終回となりました。介護現場では日々、多くの問題が生じています。社会制度全体が変革しない限り、根本的な解決にはいたらないのが現状です。その一方、環境や条件は限られていますが、私たち一人ひとりが介護に対して備えていくことが重要です。 昨年末に静岡県の介護施設で…続きを読む

  • 苦悩
  • 変化
  • 感謝
  • 親子
  • 夫婦
  • 仕事
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後
  • 死
  • 人権

【介助の心得】手を差し伸べられるあなたに

「ご近所」から「ご近助」へ  山本佳代子(介助専門士)

最近は、個人情報やプライバシー保護の関係もあって、近所にどんな人が住んでいるのか分からないことがあります。また、核家族化に伴(ともな)い、一人暮らしの高齢者が多くなり、孤独死される方も増えています。いまは夫婦二人でいても、どちらかが亡くなれば、誰もが一人暮らしになる時代になりまし…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 感謝
  • 感動
  • 友人
  • 病気・障害
  • 人権

急がず、休まず

幸せの本質

幸せの本質とは、どういうものなのでしょう。日本では、明治以降に入ってきた西洋文化の幸せ論を学校教育の中で教え込まれてきたと言ってもいいわけです。その幸せ論は、足りないものをリストアップして、それを手に入れるのが幸せというようなものでした。 学校で理科が苦手な人は、理科を勉強しなさ…続きを読む

  • 感謝

やくしんInterview

思いどおりにならない母。ワクワクしている私。 関口祐加さん(映画監督)

映画監督の関口祐加さんは、認知症の母・宏子(ひろこ)さんとの暮らしをドキュメンタリー映画として撮り続けている。その最新作『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル』の製作が大詰めを迎えている。カメラをとおして関口さんが向き合う、介護、看取り、そして自身の生き方とは―。 プロフィル 関…続きを読む

  • 変化
  • 歓喜
  • 感謝
  • 親子
  • 病気・障害
  • 老後

急がず、休まず

運命は変えられる

中国に「命(めい)は吾(われ)より作(な)す」という言葉があるように、運命というものは、自分で創造している、つくり出しているということであります。 例えば、死ぬ、老人になるということは、どうにもならない宿命です。誰にも生老病死があり、この宿命は、どうにもならないことです。 しかし…続きを読む

  • 変化
  • 感謝
  • 健康

急がず、休まず

さあ実行しよう

仏教の中には、いろいろな教えがあります。簡潔な教えとしては、二百六十二文字からなる般若心経(はんにゃしんぎょう)があります。その最後に、「羯諦(ギャーテー)羯諦(ギャーテー)」という言葉が出てまいります。 「羯諦羯諦」とは、苦悩から去って、本当に有り難い人生を歩もうとするのであれ…続きを読む

  • 苦悩
  • 感謝
  • 信仰
  • 宗教

急がず、休まず

一切衆生悉有仏性と「自分」

仏さまの教えの中に「一切衆生悉有仏性(いっさいしゅじょうしつうぶっしょう)」とあります。「一切衆生」とは、この世に存在する全てのもの、もちろん衆生の中には人間も、動物も植物も、また鉱物も入ります。その全てが「悉有仏性」、みんな仏性であるということです。 仏性という言葉には、いのち…続きを読む

  • 歓喜
  • 感謝
  • 感動
  • 信仰
  • 宗教

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

人のアドバイスは素直に聞いてみるのが吉♪  露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

このほど、「第54回なにわ藝術祭」の落語部門の新人賞を選ぶ「新進落語家競演会」に出演させてもらいました。 当日、まずは順番決めの抽選会がありました。数字が書かれたボールをそれぞれ引いていき、「1」を引いた人から好きな出番順を選べます。出番順は「1」~「5」、中入り(休憩)、「6」…続きを読む

  • 歓喜
  • 感謝
  • 感動
  • 夫婦
  • 仕事
  • 信仰

やくしんInterview

答えは自分のなかに 横尾忠則さん(美術家)

美術家として、独創的な作品を世に送り出し続けている横尾忠則さん。 八十歳になったいまも、その創作意欲は衰えることがない。 アート界の第一線で活躍する横尾さんに、創作への思いや人生観などをうかがった。 【プロフィル】横尾忠則(よこお・ただのり) 1936年、兵庫県生まれ。グラフィッ…続きを読む

  • 不安
  • 内省
  • 変化
  • 感謝
  • 仕事
  • 死

急がず、休まず

向上には敬う心が不可欠

仏性を開顕する、人格を完成する、そのもとになるのは「敬う」という心です。 「敬う」とは、「謙虚」と同じように、自分を空しくして、相手の全てを受け入れ、吸収しようとする態度であります。ですから、真に徹底した「敬い」は、私たちのいのちの最も強い働きであり、誰でも持っているものです。 …続きを読む

  • 感謝
  • 信仰


1
23456789最後>>
page 1 / 57