こころとつながる 不安 内省 葛藤 苦悩 変化 歓喜 感謝 感動

検索


苦悩

【介助の心得】手を差し伸べられるあなたに

他者を思う心が社会を変える 山本佳代子(介助専門士)

皆さんは電車によく乗りますか? 最近、駅のバリアフリー化が進み、エレベーターの設置が増えました。以前は、バリアフリー法で「1日の利用者数が5000人以上で設置する」となっていましたが、いまは「3000人以上で設置する」に変わりました。現在、5000人以上の駅ではエレベーターの設置…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 変化
  • 病気・障害
  • 健康
  • 人権

急がず、休まず

悩み苦しむ時、自分を変える

日本には、「窮(きゅう)すれば通(つう)ず」という言葉があります。行き詰まり、困りきると、かえって活路が見いだせるという意味です。この「窮すれば通ず」は、ちょっと略されているのだそうです。元々は、「窮すれば変ず、変ずれば通ず」です。それを略して「窮すれば通ず」と短くしたのだそうで…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化

いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

いま、在宅介護で起きていること 結城康博(社会福祉学者)

昨年の3月1日、鉄道事故での損害賠償を争う訴訟で、最高裁は認知症の高齢者を在宅介護していた家族に監督義務責任はないとして、鉄道会社が訴えた損害賠償請求を棄却しました。これは2007年に愛知県で認知症を患(わずら)う高齢者が線路に立ち入り、列車にはねられて亡くなった事故に伴って生じ…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 親子
  • 夫婦
  • お金
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後
  • 死
  • 人権

急がず、休まず

生あれば死あり

日本の先師、先哲と言われる方々の教えの中に、「生を明(あき)らめ死を明らむるは仏家一大事の因縁なり」という有名な言葉があります。「生まれる」ということを明らかにする。「死」ということを明らかにする。「仏家」とは、仏教家でしょうか。もう少し砕いて言えば、私たちのように仏さまの教えに…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 信仰
  • 死

やくしんInterview

経典の来た道を歩いて  横松心平(作家)

釈尊の教えを、鳩摩羅什が漢訳した『妙法蓮華経』は、1600年の時を経て現代に受け継がれている。 『佼成』で連載された小説を1冊にまとめた『鳩摩羅什(くまらじゅう) 法華経の来た道』の発刊にあたり、著者の横松心平さんに物語に込めた思いをうかがった。 【プロフィル】 横松心平(よこま…続きを読む

  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 死
  • 宗教

急がず、休まず

さあ実行しよう

仏教の中には、いろいろな教えがあります。簡潔な教えとしては、二百六十二文字からなる般若心経(はんにゃしんぎょう)があります。その最後に、「羯諦(ギャーテー)羯諦(ギャーテー)」という言葉が出てまいります。 「羯諦羯諦」とは、苦悩から去って、本当に有り難い人生を歩もうとするのであれ…続きを読む

  • 苦悩
  • 感謝
  • 信仰
  • 宗教

急がず、休まず

天子たちの寓話--知ること、生きること

昔の中国に、荘子という方がおられます。その方のお話に「渾沌(こんとん)」というお話がございます。 渾沌は中央の天子で、南海の天子を鯈(しゆく)といい、北海の天子を忽(こつ)という。南の鯈と北の忽とが、渾沌のところで非常に歓待された。ご馳走(ちそう)を受けたのでしょうか。 そこで何…続きを読む

  • 苦悩
  • 信仰
  • 宗教

【介助の心得】手を差し伸べられるあなたに

「困った」に気づいていますか 山本佳代子(介助専門士)

銀行のATMを操作中、機械が動かなくなったらどうしますか? 係の人を呼ぶ。閉店後なら壁にある電話で問い合わせる。いくつか方法がありますね。 でも、もしあなたが聴覚障害者で、同じ場面に遭遇したらどうでしょう? 誰もいない閉店後の行内で、壁にある受話器を取っても、耳が不自由なため相手…続きを読む

  • 葛藤
  • 苦悩
  • 友人
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後

急がず、休まず

自己中を超える「思いやり」

仏の心を私たちは「慈悲の心」として教えて頂いています。一般的な言葉に置き換えれば「思いやり」ということでありましょうか。人の身について思うこと、相手の立場や気持ちを理解しようとすることが思いやりですから、仏教においても大変大事な心のように思います。 この「相手の立場に立つ」という…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 苦悩

急がず、休まず

自業自得の法を説いている

転法輪には、いろいろな意味があり、仏さまだけが転法輪、法を説いているのではないということであります。仏さまは悟られた上で、私たち衆生に分かりやすく法を説いてくださっているわけですが、実は、私たちも、知らないままに法を説いていると教えて頂いております。 お酒を飲み過ぎると、肝臓が悪…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 健康
  • 信仰


1
23456789最後>>
page 1 / 40