こころとつながる 不安 内省 葛藤 苦悩 変化 歓喜 感謝 感動

検索


葛藤

急がず、休まず

悩み苦しむ時、自分を変える

日本には、「窮(きゅう)すれば通(つう)ず」という言葉があります。行き詰まり、困りきると、かえって活路が見いだせるという意味です。この「窮すれば通ず」は、ちょっと略されているのだそうです。元々は、「窮すれば変ず、変ずれば通ず」です。それを略して「窮すれば通ず」と短くしたのだそうで…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化

いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

いま、在宅介護で起きていること 結城康博(社会福祉学者)

昨年の3月1日、鉄道事故での損害賠償を争う訴訟で、最高裁は認知症の高齢者を在宅介護していた家族に監督義務責任はないとして、鉄道会社が訴えた損害賠償請求を棄却しました。これは2007年に愛知県で認知症を患(わずら)う高齢者が線路に立ち入り、列車にはねられて亡くなった事故に伴って生じ…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 親子
  • 夫婦
  • お金
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後
  • 死
  • 人権

やくしんInterview

経典の来た道を歩いて  横松心平(作家)

釈尊の教えを、鳩摩羅什が漢訳した『妙法蓮華経』は、1600年の時を経て現代に受け継がれている。 『佼成』で連載された小説を1冊にまとめた『鳩摩羅什(くまらじゅう) 法華経の来た道』の発刊にあたり、著者の横松心平さんに物語に込めた思いをうかがった。 【プロフィル】 横松心平(よこま…続きを読む

  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 死
  • 宗教

尾木ママのだから子育てはおもしろい!

“仲良し親子”にご注意を 尾木直樹

「親ラブ族」が急増!? 最近、思春期にも関わらず反抗期がなく、親と友だちのように接する子どもが増えています。「パパ大好き!」と言って、父親と腕を組んで街中を歩く女子高校生。どんな悩みでも恥ずかしがらずに母親に相談する男子高校生。二人で買い物や旅行に出かけたりするのは当たり前で、母…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 変化
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 恋愛
  • 出産・育児

【介助の心得】手を差し伸べられるあなたに

「困った」に気づいていますか 山本佳代子(介助専門士)

銀行のATMを操作中、機械が動かなくなったらどうしますか? 係の人を呼ぶ。閉店後なら壁にある電話で問い合わせる。いくつか方法がありますね。 でも、もしあなたが聴覚障害者で、同じ場面に遭遇したらどうでしょう? 誰もいない閉店後の行内で、壁にある受話器を取っても、耳が不自由なため相手…続きを読む

  • 葛藤
  • 苦悩
  • 友人
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後

急がず、休まず

自己中を超える「思いやり」

仏の心を私たちは「慈悲の心」として教えて頂いています。一般的な言葉に置き換えれば「思いやり」ということでありましょうか。人の身について思うこと、相手の立場や気持ちを理解しようとすることが思いやりですから、仏教においても大変大事な心のように思います。 この「相手の立場に立つ」という…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 苦悩

急がず、休まず

自業自得の法を説いている

転法輪には、いろいろな意味があり、仏さまだけが転法輪、法を説いているのではないということであります。仏さまは悟られた上で、私たち衆生に分かりやすく法を説いてくださっているわけですが、実は、私たちも、知らないままに法を説いていると教えて頂いております。 お酒を飲み過ぎると、肝臓が悪…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 健康
  • 信仰

【介助の心得】手を差し伸べられるあなたに

なぜ介助が大切なのか 山本佳代子(介助専門士)

はじめまして。これから一年間、「介助」についてお話をさせていただくことになりました、山本佳代子です。 「歳をとっても、障害があっても、楽しく自分らしい生活ができる社会を作りたい」。そう願って、高齢者や障害のあるお客様への対応をお伝えするNPO法人「日本介助専門員推進協会」を立ち上…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 友人
  • 病気・障害
  • 健康
  • 人権

急がず、休まず

きちんと実践してこそ

私たちは、世の中の出来事を、自分の見方で、あれは悪い、これは良い、と批評、論評するわけですが、そうではなく、自分自身がどのような人間になるかを決意していくことが実践であるということです。 例えば、散歩などをすると、道端に缶が落ちている、捨ててあることがあります。たばこを吸う人が途…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 信仰

いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

介護離職と家族介護の限界 結城康博(社会福祉学者)

独り暮らしの高齢者や老夫婦世帯が増加傾向にあるなかで、家族で介護を行なっている方が多いという実態があります。 厚生労働省の資料によると、家族との同居別居を問わず、働きながら何らかの形で介護に携わっている人、同居して専業で介護をしている人は約683万人にのぼり、そのうち男性が約4割…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 親子
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後


1
23456789最後>>
page 1 / 30