いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

2025年、日本は国民の4人に1人が75歳以上という超高齢社会を迎えるといわれています。介護職の担い手不足、老老介護、介護離職などの問題が顕在化するなか、”介護”の現状を各分野の専門家から学び、だれもが尊厳をもって生きられる社会の実現に向けた提言をいただきます。

検索


いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

いま、在宅介護で起きていること 結城康博(社会福祉学者)

昨年の3月1日、鉄道事故での損害賠償を争う訴訟で、最高裁は認知症の高齢者を在宅介護していた家族に監督義務責任はないとして、鉄道会社が訴えた損害賠償請求を棄却しました。これは2007年に愛知県で認知症を患(わずら)う高齢者が線路に立ち入り、列車にはねられて亡くなった事故に伴って生じ…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 親子
  • 夫婦
  • お金
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後
  • 死
  • 人権

いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

不足する介護人材を確保するには? 結城康博(社会福祉学者)

昨今、介護分野の人材不足は深刻です。2015年の全産業における有効求人倍率が1.08倍であるのに対し、介護分野は2.59倍とかなりの差が生じています。このままの状態が続けば、サービスを受けられない要介護者が増えてしまうでしょう。 介護分野の人材不足を解消する方策として、第一に、介…続きを読む

  • 不安
  • 変化
  • 親子
  • いじめ
  • 仕事
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後
  • 死

いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

介護施設の現状と選び方 結城康博(社会福祉学者)

昨今、高齢者虐待(ぎゃくたい)の実態が明るみになっています。介護士による暴力、暴言、介護放棄など、素人でも考えられないような事件が起きています。厚生労働省の資料によれば、公式に虐待と判断された介護施設における事例は、2006年度の54件に比べ、2014年度は300件と、約6倍に達…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 親子
  • いじめ
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後
  • 人権
  • 経済

いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

介護離職と家族介護の限界 結城康博(社会福祉学者)

独り暮らしの高齢者や老夫婦世帯が増加傾向にあるなかで、家族で介護を行なっている方が多いという実態があります。 厚生労働省の資料によると、家族との同居別居を問わず、働きながら何らかの形で介護に携わっている人、同居して専業で介護をしている人は約683万人にのぼり、そのうち男性が約4割…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 親子
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後

いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

そもそも介護問題とは何か? 結城康博(社会福祉学者)

ここ数年、マスメディアを通じて「介護」という言葉を見聞きしない日はありません。「認知症になったらどうする?」「親の介護にいくらかかるか?」「介護は突如としてやってくる」「悲惨(ひさん)な介護殺人」……。 実際、心身ともに元気であっても60から70代の方は、自分の介護について切実に…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 親子
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後
  • 経済


page 1 / 1