露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

上方落語の高座をはじめ、テレビ・ラジオなど多方面で活躍中の露の団姫(つゆの・まるこ)さん。プロの噺家、天台宗僧侶、そして一児の母という三つの生き方を自在に歩んでいます。「法華経は、わが人生の道しるべ」――日々の暮らしの出来事を教えに照らし合わせることで、仏教が身近なものに感じられるコミカル・エッセイ。

検索


露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

子育てに必要なのは……? 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

子どもって、本当に好奇心旺盛ですね。二歳半になる息子は、行動範囲がだんだんと広がり、日々新しいものに興味をもつようになりました。親としてはとっても嬉しいことですが、それと同時にいろいろな不安がつきまとうようになりました。それが、「危険」という二文字です。 お外に出たら車に注意。公…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 親子
  • 出産・育児
  • 信仰

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

法華経は秘密のスパイスですねん 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

「やってもた!」│先日、朝一番から夫と顔を見合わせ、思わず声を上げてしまいました。子どもが生まれてから食生活には気をつけていましたが、この日は息子が祖父母の家にお泊まり。そのため、気が緩んだのか、ご飯を炊き忘れてしまったのです。それで何が困るかというと……仏さまに捧げるご飯、「仏…続きを読む

  • 内省
  • 苦悩
  • 変化
  • 食事
  • 宗教

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

その菩薩の掌にあったものは……? 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

先日、兵庫県多可郡の「加美」という町で「菩薩」に出会いました。菩薩は悟りを開く修行の段階にある仏さまですが、「カミ」で「仏」に出会うとはこれいかに!  その日、私は太神楽曲芸師である夫の豊来家大治朗と共に、加美仏教会の講演会に招かれていました。一泊二日の行程で、初日の夜に一座、翌…続きを読む

  • 歓喜
  • 感動
  • 夫婦
  • 仕事
  • 宗教

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

夫との生活は私の修行。夫にとっては……? 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

最近、「発達障害」という言葉を聞く機会が増えました。実は私の夫・豊来家大治朗もこの障がいの持ち主です。夫の場合は、発達障害のなかでも「ADHD(注意欠如多動性障害)」という種類のもので、現在、投薬治療中。集中力がない、自分の思いをうまく言葉にできない、言葉をオブラートに包めないと…続きを読む

  • 苦悩
  • 変化
  • 歓喜
  • 夫婦
  • 病気・障害

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

仏道修行─衣食住は仏さまにおまかせ♪ 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

先日、埼玉県内のホテルで開かれた真言宗智山派さんの集まりで、落語と講演をさせていただきました。普段、新幹線での移動中は、たいがい書籍の原稿を書いたり、ライフワークである〝お悩み相談メール〟の返信をしたりしています。この日は、いつも相談をいただいているAさんとメールのやりとりをして…続きを読む

  • 不安
  • 感謝
  • 友人
  • 食事
  • 信仰
  • 経済

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

アタリかハズレか─物事のとらえ方ひとつで人生は変わる? 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

先日、私の事務所に一本の電話がかかってきました。昨年刊行させていただいた拙著『人生が100倍オモシロくなる仏の教え』についてのお叱りでした。というのもこの本、出版社の意向で文字がすべて朱色という、チョット変わったものですが、「読みにくい!なんでこんな色にするねん!」というご指摘だ…続きを読む

  • 変化
  • 感謝
  • 感動
  • 平和

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

落語の中にも悟りの根っこが盛り沢山♪ 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

「ええ? 団姫さんて落語家やったん?」 テレビの影響ってスゴイですね。この一年、「尼僧」のイメージが先行し、「本職は落語家です」とあいさつをすると、驚かれることがしばしばありました。あくまでも本職は落語家で、尼僧は私の生き方なのです。 さて、今回はそんな私の本職「落語」についてお…続きを読む

  • 変化
  • 感謝
  • 感動
  • 親子
  • 夫婦
  • 仕事
  • 結婚
  • 信仰
  • 宗教

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

高齢者向け住宅に入居した祖母から、意外な気遣い!? 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

先日、八十一歳になる母方の祖母が、私の家の近所にある「サービス付き高齢者向け住宅」(以下・サ高住)なるものに入居しました。 事の発端は昨年末。八十歳を過ぎてもなお働くことに生きがいを感じ、毎日朝に晩にお題目をしっかり唱え、地元の玩具販売店で働き続けてきた祖母ですが、昨年末、仕事帰…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 変化
  • 感謝
  • 親子
  • 夫婦
  • お金
  • 病気・障害
  • 信仰
  • 老後
  • 宗教

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

幼児虐待と高齢者虐待に思うこと 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

悲しいですね。なぜ大切な子どものいのちが、毎日のように全国各地で、親の手によって奪われていくのでしょうか。後を絶たない虐待の報道。亡くなっていく子どもたちの気持ちを考えるだけで胸が張り裂けそうです。 以前、この連載でも書きましたが、私たちのいのちは仏さまからお預かりしているもので…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 親子
  • いじめ
  • 出産・育児
  • 病気・障害
  • 老後
  • 人権
  • 宗教

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

食う寝るところに住むところ 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

「寿限無寿限無、五劫の擦り切れ、海砂利水魚の水行末、雲来松、風来松、食う寝るところに住むところ、やぶらこうじのぶらこうじ……」。皆さまご存じ、古典落語「寿限無」の一席です。このお噺は、わが子の長寿を願う男に、和尚さんがおめでたい名前をアレコレ提案するところから始まります。まず初め…続きを読む

  • 内省
  • 感謝
  • 食事
  • 健康


1
23
page 1 / 3
最後>>