検索結果:142件

検索

TOP > 風

尾木ママのだから子育てはおもしろい!

グローバル社会を生き抜くために 尾木直樹

わがままな子でちょうどいい   ここ数年、街で外国の方を見かけることがとみに増えました。2020年に東京オリンピックが開かれる頃には、日本を訪れる外国人の数はさらに増加するでしょう。来るグローバル社会に求められる力とは何でしょうか。その一つに、自分を大事にする姿勢があげられます。…続きを読む

  • 内省
  • 歓喜
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 出産・育児

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

にんにく注射も修行の一つ!?  露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

秋─この季節になると毎年、喉の調子が気になります。落語家になって十二年、お坊さんになって六年。声が出にくいことは一番の苦痛です。そこで、今まであらゆるものを試し、自分なりの対処をしてきました。   まず、いつも鞄に入れている喉の味方が、プロポリス(蜂ヤニ)入りの、のど飴です。味や…続きを読む

  • 不安
  • 変化
  • 病気・障害

やくしんInterview

教育は平和と発展の鍵 永遠瑠マリールイズさん(NPO法人「ルワンダの教育を考える会」理事長)

「ルワンダ」と聞いて、民族対立や虐殺を思い浮かべる人は多い。なぜ、隣人同士が殺し合うような悲劇は起きたのか――。ルワンダに育ち、内戦を経験した永遠瑠マリールイズさんは、教育の欠如が問題と話す。祖国から遠く離れた日本の地で、「教育」をとおして祖国と世界の未来を考えるマリールイズさん…続きを読む

  • 苦悩
  • 変化
  • 感謝
  • 友人
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 仕事
  • 平和

やくしんInterview

人との縁が、味わいを生む 川畑裕徳さん(紬・革職人)

日本の伝統工芸や文化が世界から高い評価を受けている。織物、木工、漆器、和紙……。熟練の職人技もさることながら、脈々と受け継がれる職人魂に感動する外国人は多いという。一方、継ぎ手不足で消えゆく伝統も少なくない。 そんななか、日本の南海に浮かぶ奄美大島で、千三百年の歴史をもつ伝統工芸…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 変化
  • 歓喜
  • 感謝
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 仕事
  • エコ

【介助の心得】手を差し伸べられるあなたに

人口の6%が障害のある人 山本佳代子(介助専門士)

日本には約800万人の障害者がいます。人口の割合で見れば、国民のおよそ6%が何らかの障害を有していることになります。6%って少ないですか? テレビ番組の多くは、字幕放送も採用されていますが、CMには字幕がついていません。そのことで、CMから情報を得ることができない聴覚障害者が数多…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 友人
  • 病気・障害
  • 健康
  • 人権

やくしんInterview

なぜ、人は絵を描くのか 阿部海太さん(画家)

自費出版した絵本『みち』が話題を呼び、注目を集める画家の阿部海太さん。瑞々しくも、あたたかなタッチで描かれる幻想的な油絵は、見る者の心を惹きつける。今年5月、初の書き下ろし絵本『みずのこどもたち』を出版。作品のテーマや創作にかける思いをうかがった。 【プロフィル】 阿部海太(あべ…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 勉強・受験
  • 仕事
  • 宗教

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

お釈迦さまのご縁で泳いでいけますねん☆ 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

二年前の夏、沖縄へ家族旅行に出かけた際、美しい海で泳ぐ機会がありました。夫も旅行中で浮かれていたのか、私の水着姿を見て、「海で泳ぐ団姫(まるこ)さん。これがホンマの海坊主ですね」と洒落(しゃれ)を言ってきたので、仕返し……いえ、お返しに、夫のツルツルのオデコに海藻をのせてあげまし…続きを読む

  • 歓喜
  • 感謝
  • 感動
  • 親子
  • 嫁姑
  • 夫婦
  • 出産・育児
  • 信仰
  • 宗教

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

子煩悩なママが、「お盆」の起源ですねん 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

夏本番。毎年この時期になると、全国各地で、ご先祖さまをお迎えする「お盆」の行事が行なわれます。 地域によっては七月(新暦)の所もあれば、八月(旧暦)の所もありますが、一体どんな由縁(ゆえん)で始まったのでしょうか? その昔、お釈迦さまのお弟子さんの一人に「目連(もくれん)」という…続きを読む

  • 内省
  • 苦悩
  • 親子
  • 食事
  • 仕事
  • 出産・育児
  • 信仰

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

「防災」も「坊さん」も大切な務め!? 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

先日、気心の知れたお坊さん10人ほどで会食をする機会がありました。あれやこれやと近況を報告しながら食事を楽しみ、気が付けば、話題は「うちのすごい檀家さん」になっていました。といっても大企業の社長さんや著名人ではありません。信仰に熱心でお坊さんも頭が下がるような檀家さんや、一風変わ…続きを読む

  • 感動
  • 親子
  • 夫婦
  • 仕事
  • 信仰
  • 災害

尾木ママのだから子育てはおもしろい!

“仲良し親子”にご注意を 尾木直樹

「親ラブ族」が急増!? 最近、思春期にも関わらず反抗期がなく、親と友だちのように接する子どもが増えています。「パパ大好き!」と言って、父親と腕を組んで街中を歩く女子高校生。どんな悩みでも恥ずかしがらずに母親に相談する男子高校生。二人で買い物や旅行に出かけたりするのは当たり前で、母…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 変化
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 恋愛
  • 出産・育児


1
23456789最後>>
page 1 / 15