検索結果:129件

検索

TOP > 風

いのちを尊ぶ社会をめざしてIII

途切れることのないお焼香 川浪 剛(僧侶)

民法の八九七条は、故人を祀る権利「祭祀権」を定めています。じつはお葬式の際、大の親友だからという理由で喪主になることは、原則としてできません。もしも大親友の喪主を務めるなら、まず親族の方に祭祀権を放棄してもらわなければならないのです。ですから私も、釜ヶ崎(あいりん地区)で身寄りの…続きを読む

  • 内省
  • 苦悩
  • お金
  • 死

介護の悩み相談室 ゆる介護でいこう!

姑の生活リズムが昼夜逆転になって困っています 回答者:柳本文貴・NPOグレースケア代表

質問 「83歳の姑と同居しています。週に1度、デイサービスに行く以外は、1日中、家で過ごしています。そのせいか午前中はほぼ寝ていて、睡眠導入剤を飲んでいるのに、夜は3時ぐらいまで起きています。夜中に大音量でテレビをつけていたり、何度もトイレに行ったりするので、気になって眠れません…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 親子
  • 病気・障害

いのちを尊ぶ社会をめざしてIII

古くて新しい、貧困問題 川浪 剛(僧侶)

大阪の釜ヶ崎(あいりん地区)は、日本の産業構造が変わるたびに、労働力の受け皿として機能してきました。減反、炭鉱の閉山、造船不況で多くのひとが職を失います。 その一方で、オリンピックや万国博覧会という国家的イベント、あるいは新幹線や高速道路、空港などのインフラ整備に合わせて人手が必…続きを読む

  • 葛藤
  • 友人
  • お金
  • 仕事

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

アタリかハズレか─物事のとらえ方ひとつで人生は変わる? 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

先日、私の事務所に一本の電話がかかってきました。昨年刊行させていただいた拙著『人生が100倍オモシロくなる仏の教え』についてのお叱りでした。というのもこの本、出版社の意向で文字がすべて朱色という、チョット変わったものですが、「読みにくい!なんでこんな色にするねん!」というご指摘だ…続きを読む

  • 変化
  • 感謝
  • 感動
  • 平和

尾木ママのだから子育てはおもしろい!

自立心を育てる「お手伝い」 尾木直樹

お手伝いよりも勉強!? 最近、子どもに家事のお手伝いをさせない家庭が増えてきているようです。いまの子どもたちは、部活に塾に習い事にと、とにかく忙しすぎて、お手伝いをする時間すらなかなかとれないというのが実状です。また、たとえ時間があっても、勉強のほうが大事だから家のことはしなくて…続きを読む

  • 変化
  • 歓喜
  • 感謝
  • 感動
  • 兄弟姉妹
  • 親子
  • 夫婦
  • 勉強・受験
  • 食事
  • 仕事
  • 出産・育児

介護の悩み相談室 ゆる介護でいこう!

姑を、デイサービスに通わせたいのですが……回答者:柳本文貴・NPOグレースケア代表

質問 「同居している78歳の姑は、足腰が弱ってきたせいか外に出たがらず、家でテレビを見て過ごすことが多くなりました。初期の認知症もあるので、症状が進まないためにもデイサービスを勧めるのですが行こうとしません。どうすればデイサービスに行くようになりますか」 鈴木和子さん(仮名・45…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 友人
  • 親子
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後

いのちを尊ぶ社会をめざしてIII

なぜ助けるのか─宗教者は応答に生きる 奥田知志(牧師)

「なぜ、人を助けるのですか」。私は時折、そうした質問を受けます。そしてこの質問自体が、今日の社会が持つ価値観を現わしているように思います。 それは「自己責任論」です。すなわち困窮状態に陥った原因も、その状態から抜けられないのも、すべて本人の努力不足の結果であり自業自得だ、とする風…続きを読む

  • 葛藤
  • 歓喜
  • 感謝
  • 感動
  • 就職
  • お金
  • 仕事
  • リストラ
  • 信仰
  • 人権
  • 宗教
  • 平和
  • 経済

介護の悩み相談室 ゆる介護でいこう!

他人にはいい顔をする父。なぜ身内にはワガママ? 回答者:柳本文貴・NPOグレースケア代表

質問 「父は身内の言うことは聞かず、ときどきくるヘルパーさんの言うことはよく聞きます。ヘルパーさんにはにこやかに対応しても、普段介護している私たちには耳の遠いふりをして言うことを聞こうとしません。不愉快な思いが拭いきれません。どう気持ちをおさめればいいのでしょうか」 小林由香里(…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 親子
  • 病気・障害
  • 老後

いのちを尊ぶ社会をめざしてIII

赦された罪人として生きる 奥田知志(牧師)

私はキリスト者です。ですからホームレス支援活動においても、震災支援活動においても「キリスト教的なもの」がその根本にあると言えます。今回は、私にとっての「キリスト教的なもの」とは何かについてお話ししたいと思います。 取材の方から、しばしばこんな質問を受けます。「奥田さんがさまざまな…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 感謝
  • 食事
  • 仕事
  • リストラ
  • 宗教
  • 平和

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

食う寝るところに住むところ 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

「寿限無寿限無、五劫の擦り切れ、海砂利水魚の水行末、雲来松、風来松、食う寝るところに住むところ、やぶらこうじのぶらこうじ……」。皆さまご存じ、古典落語「寿限無」の一席です。このお噺は、わが子の長寿を願う男に、和尚さんがおめでたい名前をアレコレ提案するところから始まります。まず初め…続きを読む

  • 内省
  • 感謝
  • 食事
  • 健康


1
23456789最後>>
page 1 / 13