検索結果:419件

検索

TOP > 意味

意味

急がず、休まず

求道の態度こそ平和の源

仏性ということが、仏の御いのちとか、天地のいのち、根源のいのち、また開祖さまからは宇宙の大生命という言葉で表現されています。私たちのいのちと宇宙全体とは別物ではないという捉え方であります。それは、敵対する関係ではなく、みんな仲間であるということでもあります。 国際関係の中でも、他…続きを読む

  • 葛藤
  • 人権
  • 宗教
  • 平和

やくしんInterview

即今着手(そっこんちゃくしゅ)。今日はいい話を聞いた。よし、すぐやろう。 寺田一清さん(不尽叢書刊行会代表)

一、朝のあいさつをする子に 二、「ハイ」とはっきり返事のできる子に 三、席を立ったら必ず椅子(いす)を入れ、履物を脱いだら必ずそろえる子に──。「しつけの三原則」で、なじみ深いこの言葉は、稀代(きたい)の教育哲学者・森信三(もりしんぞう)師が提唱したものだ。森師から直接教えを受け…続きを読む

  • 変化
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 仕事
  • 病気・障害
  • 宗教

尾木ママのだから子育てはおもしろい!

多様な〝性〟 尾木直樹

性はグラデーション 最近、「ジェンダーレス」という言葉をよく耳にします。「性別による境界線がない」という意味ですが、若い子たちの間では、主にファッションの面で注目されているようです。特に、メイクやネイルをして女子の洋服を着こなす「ジェンダーレス男子」は、中性的な雰囲気が魅力といっ…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 変化
  • 友人
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 恋愛
  • 出産・育児

急がず、休まず

父母から頂いた大恩

東洋思想を根底とした独創的な哲学者と申しましょうか、西晋一郎という方がおられまして、その言葉に『父母の恩の有無厚薄を問わない。父母ありということが即恩ありということである』とあります。 父親と母親が、私たちには必ずいます。その恩があったとか、なかったとか、厚かったとか薄かったとか…続きを読む

  • 感謝
  • 親子

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

「防災」も「坊さん」も大切な務め!? 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

先日、気心の知れたお坊さん10人ほどで会食をする機会がありました。あれやこれやと近況を報告しながら食事を楽しみ、気が付けば、話題は「うちのすごい檀家さん」になっていました。といっても大企業の社長さんや著名人ではありません。信仰に熱心でお坊さんも頭が下がるような檀家さんや、一風変わ…続きを読む

  • 感動
  • 親子
  • 夫婦
  • 仕事
  • 信仰
  • 災害

急がず、休まず

日常茶飯が仏道修行

禅宗の方のお話ですけれども、こんなことが教えられているそうです。トイレに入って、早く終えて出てこようなどと、いい加減な気持ちで入ってはいけないというのです。 トイレに入って、これを済ます。それは自然現象であり、大切な仏道を行じているのだということです。私たちは、教えに照らしてこう…続きを読む

  • 宗教

急がず、休まず

悩み苦しむ時、自分を変える

日本には、「窮(きゅう)すれば通(つう)ず」という言葉があります。行き詰まり、困りきると、かえって活路が見いだせるという意味です。この「窮すれば通ず」は、ちょっと略されているのだそうです。元々は、「窮すれば変ず、変ずれば通ず」です。それを略して「窮すれば通ず」と短くしたのだそうで…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化

急がず、休まず

生あれば死あり

日本の先師、先哲と言われる方々の教えの中に、「生を明(あき)らめ死を明らむるは仏家一大事の因縁なり」という有名な言葉があります。「生まれる」ということを明らかにする。「死」ということを明らかにする。「仏家」とは、仏教家でしょうか。もう少し砕いて言えば、私たちのように仏さまの教えに…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 信仰
  • 死

やくしんInterview

経典の来た道を歩いて  横松心平さん(作家)

釈尊の教えを、鳩摩羅什が漢訳した『妙法蓮華経』は、1600年の時を経て現代に受け継がれている。 『佼成』で連載された小説を1冊にまとめた『鳩摩羅什(くまらじゅう) 法華経の来た道』の発刊にあたり、著者の横松心平さんに物語に込めた思いをうかがった。 【プロフィル】 横松心平(よこま…続きを読む

  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 死
  • 宗教

急がず、休まず

さあ実行しよう

仏教の中には、いろいろな教えがあります。簡潔な教えとしては、二百六十二文字からなる般若心経(はんにゃしんぎょう)があります。その最後に、「羯諦(ギャーテー)羯諦(ギャーテー)」という言葉が出てまいります。 「羯諦羯諦」とは、苦悩から去って、本当に有り難い人生を歩もうとするのであれ…続きを読む

  • 苦悩
  • 感謝
  • 信仰
  • 宗教


1
23456789最後>>
page 1 / 42