急がず、休まず

道を歩いているとき、石につまずいたとします。その反応の仕方はそれぞれです。自分がうかつであったと反省する人、石に腹を立てる人、石をそこに置いた人間を恨む人・・・・・。一つ一つの出来事をどう受け取るかによって、人生は良い意味でも、悪い意味でも大きく変わるといわれます。物事をどのような目線で見ていくことが大事なのか。庭野日鑛・立正佼成会会長による智慧と慈悲のメッセージを贈ります。

検索


急がず、休まず

ゼロの立場に立つ

  • 内省
  • 苦悩
  • 信仰
  • 宗教

人間の世界は、どうしても情が強く、好きだとか嫌いだとか、善い・悪いとか、そういう余計な心も発達しました。しかし、宇宙的に考えますと、全ては善でもない、悪でもない。仏教では「三性の理」と言うのでしょうか、無記であって、善でもない、悪でもない。言ってみれば、ゼロ、中立の働きとして、全ての現象が現れているわけです。
 それを、善いとか悪いとか、人間の都合でいろいろ受け取ってしまって、むしろ人間が問題をつくり出していることが多いわけです。私たちは、もっともっとゼロの立場、中立の立場になることが大切です。

『佼成新聞』(佼成出版社)より


この記事を誰かに伝えたいですか?