生きる力の源泉

生きるために必要な力とはなんでしょうか。その力はどこからわいてくるのでしょうか。 このコーナーでは、算命学カウンセラーの中森じゅあんさんがコーディネーター役になり、各界で活躍されている方々をゲストに迎えて、私たちが「本来的に生きる意味」を再確認し、「どう生きるか」をあらためて考えていきます。

検索


生きる力の源泉

中森じゅあん×萩原優 対談【後編】 催眠療法で自分を見るとは

  • 不安
  • 内省
  • 変化
  • 親子
  • 仕事
  • 病気・障害
  • 人権



第12回は、がんの原因は心の持ち方にあると考え、全人的な立場から肉体だけでなく、魂・精神まで踏み込んだ医療を行うドクター・萩原優さんがゲストです。

プロフィル
萩原優(はぎわら・まさる)
イーハトーヴクリニック院長。聖マリアンナ医科大学客員教授。医学博士。聖マリアンナ医科大学第一外科にて消化器外科、内視鏡的診断・治療、緩和医療に従事。30年以上、大学病院に勤務した後、「森の診療所」院長を勤める。NPO法人ほあーがんサポートネットワーク代表。日本医療催眠学会理事長。日本ホリスティック医学協会専門会員。著書に『がんの催眠療法』『前世療法体験CDブック』ほか。

中森じゅあん(なかもり・じゅあん)
日本算命学協会代表。バイオシンセシス・ボディサイコ・セラピスト。「灯(とう)の会(え)」主宰。ワークショップ、セミナー、個人セッション、講演、エッセイやメッセージの執筆など、多岐にわたる分野で活躍。幅広い女性層から支持を得ている。著書に『中森じゅあんの算命学入門』(三笠書房)、イギリス、アメリカ、中国でも翻訳された『天使のメッセージ』シリーズ(大和出版)は世界で愛読されている。『天使の愛』(中公文庫)など多数。


納得することで変化する心のありよう

中森
先生は催眠療法を外国でも習われ、それに基づいてグリーフセラピー(悲嘆療法)、ソマティック・ヒーリング(体細胞療法)、それから催眠療法の中の年齢退行療法や前世療法など領域を広げられていきましたが、潜在意識を顕在意識にするにはどうしたらいいのかわかりやすくご説明していただけますか。

萩原
私たちの考えや行動は、過去に築いた体験や記憶、感情という形で蓄えられたものの表れなんですね。それが現在の自分の考え、行動の基になっているわけです。過去の流れの中に今の自分があるわけです。その源がどこにあるかというと小さい頃なんですね。お父さん、お母さん、あるいは育っていく過程で社会的な倫理観とか価値観、社会的常識などを教えられ、それらを一つの判断基準にしていろんなことを考えるわけですね。 一般的にがんは恐ろしいというのが社会通念ですが、それは小さい頃からそう聞かされたりしているからです。そのように小さい頃に何か原因があって、それが今の自分の行動とか価値観になっているわけです。小さい頃に「あなたはダメな子だね」とか言われていると、そのように言われていることが自然に根づいてしまい、結果として生きづらさを感じたりするようになるんですね。

中森
現在の私たちは、幼少期、過去、さらに遡って前世などからもさまざまな影響を受けているわけですね。

萩原
つながっているわけですよね。ですから、前世にいくことで「こういうところがあるから私は生きにくいんだ」と現在のご自分の問題点を見ることになるんです。 例えば、海が怖いという女性がいて、特に生まれてから海で怖い思いをしたことはないんですが、海を見ると何となく怖いと感じる。そこで「何でだろう」と前世に戻っていったとき、その女性は前世の世界で、実は袋に入れられ海に沈められたという体験をしていたんです。それが本当にあったかどうかは証明できませんが、ご本人が「私ってああいう前世があったから海が怖いんだ」とハートで感じると腑に落ち、納得されると怖さは軽くなるんです。私たちはわからないことに関してはとても不安や怖さを感じるわけですが、自分が納得できれば、それが科学的に証明されていてもいなくても不安や恐怖は随分和らぐんですね。


中森
頭でわかっていることでも、体験することによって初めて体やハートが動かされ、感じることで変化が起こるものですよね。

萩原
私たちは今に生きていますから、今ここで前向きに生きていくことが大切です。だからといって過去を、ロケットみたいに、この部分はもういらないからと切り離していいということではないんですね。ずっと過去からつながっているのですから、ときには過去を振り返ることも必要だと思います。過去が現在の生き方、今後の生き方に影響を与えますからね。つながりを確認することを退行催眠と言い、それは腑に落ちるところを見出すという感じなんですね。

中森
よくわかります。昔は、普通の人が前世にいけるとは考えられなかったと思うんですよね。でも、本来一番大切な意識、心、魂の世界の重要性が認識される時代の流れになってきましたね。それだけ心や体の悩み、不安感が多くなっているともいえるでしょう。ところで、催眠療法はアメリカやイギリスでは1950年代には医師会で療法として認定されていますが、その点、日本はどう変化しているのですか。

萩原
そうですね。催眠療法も、これからはだんだんに広がっていくと思います。今までは物質的に豊かになれば幸せになるということでがんばってきましたが、日本もある程度、物質的に成熟し、それ以上の幸福度はもう上がらないですよね。そうすると、幸福度の基準は心にありますから、世の中もだんだん心のことが大切だと感じるようになってくると思います。医療も体だけ診るのではなくて、もうちょっと心も診ていかなくてはいけないという、一つの社会的な流れができ、その中に催眠も位置づけられるのかな、と思っているんですけどね。

中森
それでも催眠というと、未だに催眠術をかけられるとか、何かコントロールされるんじゃないかと、かなり知性派の中にも思う人がいますね。そう思われても仕方ないようなショー的なものの印象が強く残っているわけですけれどね。そういう意味でももうちょっと催眠を安心して、気軽にトライできる流れになるといいなという気がしますよね。

萩原
おっしゃる通りですね。前に一度、「がんの患者さんに何をやっていますか」ということで、医療者だけしか入れない催眠の会で発表させてもらったことがあるんです。そのときに「前世療法を用いています」と言いましたら、「先生、そんな危ないことやるんですか!?」と。そんな状況ですから、催眠療法は意識の90%以上を占めている潜在意識と顕在意識がつながった状態で行う心理療法にもかかわらず、今も催眠療法は心理学の中に入れてもらえない。実際には問題解決や目的達成などに役立つ可能性が高いので、一般の方にも受けていただきたい療法なのですが。

中森
えーっ!? お医者さまたちの催眠学会には、前世療法はないのですか。心理療法士は当然、わかっていますよね。心理療法のほとんどは潜在意識のところにいくわけですから。 それに、一人一人の心の奥深くにはいろんな可能性があって、問題解決の鍵は全部ご自分の中にあるのですから、自分自身と深く関わっていくことが一番大事だということを教えてくれるのは、前世の自分と向き合っていく催眠療法じゃないかなと思うんですよ。

萩原
催眠を受け、実際に自分の課題と関係ある前世にいく。前世は当然その生が終わっているわけですから前世で死を迎える。死はつらくて苦しいと思いがちですが、催眠で死とはこういうもんだと体験すると、死はそんなにつらく苦しいものでもなくなるんですね。そして、魂の世界が存在することも皆さんわかるわけです。肉体が終わったらすべて終わりじゃない、魂の世界があるんだと。そこで、現在の自分と前世の魂が会話をしたり、輪廻転生といわれる生まれ変わりが実際に催眠を体験すると、実感として感じられるんですよね。

中森
潜在意識を知ることで、今の自分を見つめるわけですね。
これは、お釈迦さまの時代から言われていることの中から、3つを選んでみました。「あるがままを受け入れる」「リラックスする」「今ここ、この瞬間にいる」ということで私は覚えやすいように頭文字3つをまとめて「ありぃ?の法則」と表現しているんです。よくあることですが、必要なことだと理解していても、知識を持っていてもいざ実生活の中で何かが起こると状況に巻き込まれたり、忘れてしまったり、実践するゆとりがなかったりということは誰にでもあることです。そんなとき深呼吸をして、ちょっと立ち止まって、心の中で「ありぃ?」を思いだすんです。職場や人間関係、家族間で実践してくれている人たちが、効果があると大切にしてくれるのですよ。

萩原
否定的な感情を抱いてストレスをためこむのではなく、「あるがままに、リラックスして、今ここ」に生きるって、まさにがんの患者さんに必要なことです。わかりやすいので、それ、使わせていただこう(笑)。

中森
どうぞ、どうぞ(笑)。 それと、今生きていることは、自分や身の周りの人だけでなくて、誰もが関係性を持ってつながっているように、亡くなった方もご先祖もつながっていると思います。ですから前世を知って、自分が癒されれば、先祖も癒されることになりますよね。 まだまだ話はつきませんが、お忙しいなか、ほんとうにありがとうございました。


この記事を誰かに伝えたいですか?