生きる力の源泉

生きるために必要な力とはなんでしょうか。その力はどこからわいてくるのでしょうか。 このコーナーでは、算命学カウンセラーの中森じゅあんさんがコーディネーター役になり、各界で活躍されている方々をゲストに迎えて、私たちが「本来的に生きる意味」を再確認し、「どう生きるか」をあらためて考えていきます。

検索


生きる力の源泉

中森じゅあん×プラユキ・ナラテボー 対談【前編】 仏教は生活に生かせる智慧

  • 内省
  • 感謝
  • 上司部下
  • 仕事
  • 信仰
  • 人権
  • 宗教



第11回は、タイの人々の精神修養や村の開発に力を尽くす一方、人生苦を抱える日本人に向き合い続けるプラユキ・ナラテボーさんがゲストです。

プロフィル
プラユキ・ナラテボー
1962年、埼玉県生まれ。タイ東北部のスカトー寺副住職。上智大学卒業後、タイのチュラロンコン大学大学院に留学。農村開発におけるタイ僧侶の役割を研究。著名な瞑想指導者・ルアンポー・カムキアン師のもとで出家。村人のために物心両面の幸せを目指す開発僧として活動する一方、日本とタイで仏教の智慧による心の救済に尽くしている。著書に『「気づきの瞑想」を生きる』(佼成出版社)、『苦しまなくていいんだよ。』(PHP研究所)ほか監訳書がある。

中森じゅあん(なかもり・じゅあん)
日本算命学協会代表。バイオシンセシス・ボディサイコ・セラピスト。「灯(とう)の会(え)」主宰。ワークショップ、セミナー、個人セッション、講演、エッセイやメッセージの執筆など、多岐にわたる分野で活躍。幅広い女性層から支持を得ている。著書に『中森じゅあんの算命学入門』(三笠書房)、イギリス、アメリカ、中国でも翻訳された『天使のメッセージ』シリーズ(大和出版)は世界で愛読されている。『天使の愛』(中公文庫)など多数。


「今ここ」に焦点をあてる

中森
僧侶になられたのは日本でなくタイなのですね。どんなきっかけからそうなられたのですか。

プラユキ
大学在学中、神父でありながら仏教哲学を修められたフィリピン人のアビト先生の講義を受けたことに始まります。講義で発展途上国の抱える問題や、日本との関係においても搾取構造があるというような話を聞かされました。日本人としてそうした問題をどう受け止めたらいいか、いったい何ができるかと考えるようになったんですね。そんな折、電気も水道も通っていないタイの農村に滞在するスタディツアーがあることを知りました。まずは百聞は一見にしかずということで、そのツアーに参加したんです。そこでタイのお坊さんたちの活動を知りました。

中森
開発僧(かいほつそう)ですね。

プラユキ
そうです。私自身仏教には関心があり、その平和的な思想をどう社会的に活用していけるかということにも関心がありました。タイの「開発僧」と呼ばれるお坊さんたちは、人々の直面する社会問題に目を向け、仏教的な思想を基盤としていろんなプロジェクトを行い、問題解決に積極的に取り組んでいたんです。仏教と開発が結びついた非常にユニークな菩薩行的な活動でしたが、お坊さんたちは心の修行をしているからか実に明るくイキイキとされていました。そうした姿にふれたことが出家のベースになっています。

中森
日本とタイを行き来されていらっしゃるそうですが、どのくらいの比率なのですか。

プラユキ
出家した1988年から6年くらいはずっとタイにいたのですが、最近は瞑想会や講演会の要望も増えてきて、一年の三分の一くらいは日本にいる感じです。

中森
ということは、現在の日本は、かつてよりも精神のあり方を求めている方々が多くなっているということですね。

プラユキ
そうですね。

中森
私自身は特定の宗派に所属していませんが、仏教徒の家に育ったんです。母が大変信心深くて、先祖を大切にし朝夕手を合わせ、お仏壇には観音さまを祀っていました。

プラユキ
私も朝晩、仏壇に向かう母の背中を見て育ったんですよ。

中森
信仰の力は素晴らしいと思いますよね。わが家の観音さまは外科医の父が、命を救われたお礼にといただいたんですね。父は旅順にあった海軍病院の院長をしていて、終戦によって満州から引き揚げてきたのですが、その大変な最中でも母は観音さまを持ち帰り、お仏壇に祀って、毎日お経をあげていたんです。そのような小さいときの環境ってとても大きい影響を受けますね。私も子どものときから当たり前に仏壇に手を合わせ観音さまを見つめていました。
プラユキさんは在家仏教でなく、仏門に入られましたが、それは深く仏教をお知りになりたかったからなのですか。

プラユキ
ブッダとそのお弟子さんたちのように、戒律を順守し、森の中で瞑想を深めたいという思いがありました。私はどちらかというと内向タイプだったんです。人と積極的に関わって、菩薩行に励むというよりも、一人静かに瞑想を深めたりするほうが向いていたんですよね。

中森
ご著書にコミュニケーションがとても苦手だったと書かれていますね。

プラユキ
今でこそペラペラしゃべっていますが、もともとは大の苦手だったのです。みんなと一緒にいても話の輪に入れなくて、「よし、発言しようか」と思ったときには次の話題に移ってしまっていたりとか(笑)。

中森
逆に見れば、人中での会話が不得手だとか、皆の中で自分が浮いているような感じがする、対人関係で緊張するという方たちの気持ちがとても共感をもってよくお分かりになるのでしょうね。

プラユキ
ええ、すごくよく分かりますね。

中森
私は性格的に好奇心が強いほうなんです。好奇心がちょっと満たされれば、それでおさまってしまい、また新しいものにカーッと心が向いてしまうタチなのですが、唯一、算命学だけは興味が尽きませんでした。算命学は二千数百年の歴史がある道教をもとにした占星学で、昔は一子相伝だったのですが、長崎で中国の僧侶だった方に教えを受けた私の師との不思議な出会いで学び続けることができました。
私はもともと心理とか目には見えないことに関心があったのですが、プラユキさんのご著書を読ませていただくと、まさに仏教に基づいた心理療法ですよね。お釈迦さまはその心理の深さを2500年もの昔に一人で深く探求されたわけですね。

プラユキ
ブッダにとっては、自分の体と心が教科書だったんですね。自身の心というテキストを読む技術を磨かれ、おのれの身を用いた「人体実験」を通して真理を探求していかれた。身命を賭したそうした修行を通して、苦しみからの自由を得られたわけです。

中森
私は、長年広告の世界でコピーライターをしていたのですが、算命学を学んでから、悩みを持つ方との出会いが次々とふえてきました。算命学に基づいて、ご相談に応じるようになったのですが、始めてから驚いたことがありました。宿命の星が生かされていない方が多いんです。私が算命学に夢中になったのは、自分の性格やものの見方などが、生年月日でわかる宿命の星にまざまざと出ていたからなんです。いいも悪いも含めてあるがままなんですね。

プラユキ
宿命通りのほうがよりいい人生、クオリティーの高い人生になるということですか。

中森
そうですね。ところが、現実的には多くの人がそうなっていない。それは小さいときの家庭環境とか親御さんのあり方や、教えなど外なる状況の影響によるものだと感じたんです。そういうことから心のあり方、重要性を感じ、深く勉強したいと思うようになったんです。そんなときにトランスパーソナル心理学の世界を知ったんです。吉福伸逸さんという方をご存知でしょうか。

プラユキ
ええ、著書や訳書を何冊か読んでいます。思想家のケン・ウィルバーやトランスパーソナル心理学の存在も吉福さんの本を通して知りました。

中森
吉福さんと出会って以来、私はまっしぐらに心身療法の体験的学びに没頭するようになりました。心と体はひとつですから、その両方のアプローチを。それで分かったのは、私たちの心の中に過去からの深いものが全部入っているということ。それは仏教に説かれていることで、今、スピリチュアルな世界でさかんに言われる「今ここが大事」という発想も2500年前から言われている。プラユキさんのご本には「苦しみとしっかり向き合い、その原因を知り、正しい方法で取り組めば、苦しみを滅することができる」という四聖諦とか、八正道とはこうとか仏教の心の持ち方を書かれている。分かりやすくてとても説得力があり、しかも味わい深い表現で、感動して、いつかお会いしたいと願っていました。

プラユキ
四聖諦は苦からの解放のメッセージが凝縮された教えです。「ブッダの膨大な教えの中でどれを早急に伝えなければならないか」と問われたら、私だったら真っ先に四聖諦を挙げるでしょうね。丁寧に読んでいただいて、ありがとうございます。

中森
ご本の中には実際に悩んでいらっしゃる方がケーススタディとして紹介されています。その悩みは上司との関係、愛や評価を受けたいと願って強迫観念に陥っているとかいろいろですが、その一人一人に実践的であたたかい対機説法をされていますね。
私は仕事をもつ女性、キャリアウーマンの方々とのご縁が多いのですけれど、多い悩みは人間関係、仕事、恋愛、結婚生活、子育て、家族の問題、介護、心と体の問題、健康の問題などです。お釈迦さまは死とか病気、老い、生老病死を説いていらっしゃるわけですが、それを頭で分かっても実践し続けるのはなかなか難しいですね。とはいえ、実行すれば即効性があると書かれていますね。

プラユキ
はい。私自身、日本では瞑想会や講演を各地で行っていますが、そのかたわら個人面談もしています。ウツのような症状で苦しんでいた人がやってきて、悩みごとを聞いてもらう。そうするうちに、自身の苦しみのありさまとその理由が自覚化されてくる。そして、「ああ、こうすれば悩みごとも解決して元気になれるんだ」との展望がひらかれ、「自分がキーパーソンだ」ということに気づく。それで、「よし、がんばるぞ!」と、勇気や生きる力が蘇ってくる。こちらが適切に対応しさえすれば、人はだれでも本当に四聖諦の教えどおりに変わっていけるんですね。

中森
頭の知識や情報だけでなく、心と体でご自分自身にスッと納得がいくというか、腹に落ちることが大切なのですね。

プラユキ
そうです。「相手を変えようとするのではなくて、自分のものの見方や考え方、言葉や態度を変えていけばいいんだ」とストンと腑に落ちる、というのが大切ですね。

中森
ものの見方や考え方には思い癖みたいなところがありますからね。

プラユキそのとおりです。思い癖がついちゃっているんですね。そこで、「今ここ」に焦点をあてて、丁寧に自分の心を見つめていく。すると、「今までこうしていたから悩んでいたんだな」「心ここにあらずで、自分で創っていた『物語』に翻弄されていたんだな」といったことがはっきりと見えてくる。そして、親との問題だったら、自分が親にこうした言葉をかけていけばいいんだとか具体的な解決の道も見えてくるんですね。明るい希望が感じられて、すごく晴れやかな顔に変わります。「無常」ですから、人間だれでもがこうして変わっていけるポテンシャルを持っているんですね。

中森
やっぱり一人一人と深く向き合う個人セッション、対機説法は必要ですね。人々が一堂に会する場でのお話は普遍的になり、それからの気づきも大いにあるわけですが、頭ではわかっても個人セッションや対機説法のようにはいかない。一人一人違いますからね。その一人一人が変わることで家族や周りが変わっていくんですね。


この記事を誰かに伝えたいですか?