生きる力の源泉

生きるために必要な力とはなんでしょうか。その力はどこからわいてくるのでしょうか。 このコーナーでは、算命学カウンセラーの中森じゅあんさんがコーディネーター役になり、各界で活躍されている方々をゲストに迎えて、私たちが「本来的に生きる意味」を再確認し、「どう生きるか」をあらためて考えていきます。

検索


生きる力の源泉

中森じゅあん×加島祥造 対談【後編】 社会ルールの中で自由を味わう

  • 内省
  • 変化
  • 歓喜
  • 感謝
  • 親子
  • 仕事
  • 健康
  • 信仰
  • 老後



第10回は、無為自然の道を説いた老子についての著作を数多く発表するほか信州・伊那谷で独居し人生を哲学する詩人、墨彩画家の加島祥造さんがゲストです。

プロフィル
加島祥造(かじま・しょうぞう)
1923年、東京生まれ。英文学者、詩人、墨彩画家。早稲田大学英文科卒業。カリフォルニア州クレアモント大学院留学。信州大学、横浜国立大学、青山学院女子短期大学に勤務。フォークナーをはじめ、数多くの翻訳著書を手がける。「老子」の自由口語訳『タオ ヒア・ナウ』、全訳を収めた『タオ――老子』など老子について数多くの著作を発表し続ける。ベストセラーとなった詩集『求めない』ほか著書多数。

中森じゅあん(なかもり・じゅあん)
日本算命学協会代表。バイオシンセシス・ボディサイコ・セラピスト。「灯(とう)の会(え)」主宰。ワークショップ、セミナー、個人セッション、講演、エッセイやメッセージの執筆など、多岐にわたる分野で活躍。幅広い女性層から支持を得ている。著書に『中森じゅあんの算命学入門』(三笠書房)、イギリス、アメリカ、中国でも翻訳された『天使のメッセージ』シリーズ(大和出版)は世界で愛読されている。『天使の愛』(中公文庫)など多数。


取り戻したい「初めの自分」

中森
加島さんは13人の兄弟の10番目で結構、自由に育ってらっしゃいますね。ご著書に「遊んでばかりいても、なんだかんだ言われなかった」とありますが、幼少期は環境的に恵まれていらっしゃったんですね。

加島
それを恵まれていると感じたのはずっと後のことなの。僕の家は中産階級で母親が「ものを大切にしなさい」「足を洗ってから家におあがり」、食事のときに「ご飯はちゃんとしてお食べよ」とかちょっとは言いましたよ。だけど、言うことは言うけど、聞かなくても「おまえ、聞かなかったんじゃないか」とか決して追求しないの。それで一応、僕も生活の作法は覚えたけど、言われたことを全然守らないでいつも暗くなるまで遊んでいた。

中森
加島さんはご兄弟が多くてもとても自由でいられ、私は一人でしたけれど本当に自由でした。

加島
一人っ子?

中森
はい。今は一人っ子ゆえに親の関心が子どもに向けられてしまいがちですが、私の両親はまったく自由にさせてくれた。「あるがままでいい」と言われたんですね。これは加島さんとの共通点ですけれど、私は子どもながらに信頼され、大事にされているように感じて恐いものなしでした。

加島
子どもをリスペクトする。それは、もっとも大切なことで、何人子どもがいようと、あるいは一人であっても同じなの。自由とリスペクトがあれば子どもは絶対よくなるよ。僕の家でも、そんなに大勢いたけど母親は一人としてリスペクトしなかったのはいない。何の教育もない母親ですけど、子どもたちを決して差別して扱わなかったんだ。

中森
それこそが親の深い愛情、愛ですよね。

加島
今、言おうと思ったとこだよ(笑)。その愛は、知的な愛じゃなくてね。

中森
命の愛っていうか。

加島
そうそう(笑)。命の愛。だから子どもたちはみんな自分が阻害されたという不安がない存在でした。

中森
安心して存在できて、しかも自由をそのまま認められて、尊敬されていたのですものね。

加島
一種の尊敬。信頼だろうね。家が織物の問屋をしていて母親は商売のことから家のこと、従業員や家族の世話で目の回るような忙しさだったろうけど暗い顔を見せることがなく、ろくな栄養もない時代にたくさん子どもを産んだのにケロッとしてた。母親はよっぽど元気な人だったんだね。

中森
元気と言えば、単に食べ物がいいとか運動したというのではなくて、生まれながらに自然とつながってる、大いなる命の源とつながってる人って元気でピュアであたたかーいと思いません? そちらから大きな力をもらってるような。

加島
あなたの言う通りだと思う。付け加えることはないよ。

中森
加島さんが訳されている老子の日本語詩には、とてつもなく強く魅かれます。加島さんの中からとび出したような自由で力強い言葉のパワーや引力に、私は感心するばかりです。ご著書で、本当の自分とか真実の自分という言葉を「初めの自分」と表現されていますね。私は27年間、広告の世界でコピーライターをしていたのですが、「初めの自分」って、つくづくいい言葉だと思います。

加島
コピーライターだった?

中森
はい。それで言葉がとても好きなんですけれど、加島さんのご本を読んでいると、全く独自の言葉、感性がみなぎっていて、とっても勉強になります。言葉の感性は、その人の知的なもの、思考によるものじゃなくて、内側の深い意識、魂から発する力ですね。

加島
そう。内側の自分のことを僕は初めの自分と言ってるだけでね。その初めの自分は単に自分だけがそこにあるのでなく、必ずネイチャーやゴッドやもっと大きなエナジーにつながっているもんでな。

中森
初めの自分ってハッピーで不安なんてないんですよね。



加島
だから、初めの自分を認識すればピースフルなときがもてるのではないかっていうのは、僕のテーマかもしれないね。

中森
辛かったり怖かったり、寂しかったりといった感情をよくない感情としたら、それをいい感情にもっていく力が私たち自身の中にもあるんですね。いい感情にスイッチすることは外側のどんな状況のときにも必要なことですが、本当に、いい感情や気持ちのいい感情とはやっぱり初めの心だと思います。

加島
結局、柔軟な初めの心を取り返さないといい感情が湧いてこないだよ。子どもの頃の自分を見てみりゃわかるよ。子どもの頃って、どこにいたってハッピーじゃない。おもしろくてしょうがなかったり、食ったものがうまかったりね。

中森
なんでもかんでもおかしかったり、楽しかったり…。

加島
そうよ。なんでも昔は笑ったりさ。みんなもってるんだよ。ところがトエンティーになったら、みんなそれを失いかけてくるの。それをどう取り戻すかといったら、初めの自分に戻ること。子ども時代のあの喜びがいいんだよ。男なら女の子と遊んでたことや趣味から始まってね、ああいう非社会的な楽しみをどこかに呼び戻していけば、そんな難しいことじゃないと思うよ。それと自分というものに戻る手がかりはネイチャーに触れること。
まだいくらでもあるけど、自分の好きなものに従う人生を歩むことを世間は許さない。集団社会の中では異端者扱いされ、「あいつはだめだ」とか「変わりもんだ」となる。だから、初めの自分と、社会の慣習や正道を受け入れる自分の二つをうまくもちあわせていくしかない。どっちを無視してもアンバランスになっちゃうのね。だけど、それはどこの学校でも家庭でも教えない。誰も教えないよ。

中森
「ワガママ」だって言われます。

加島
その通り。あんたワガママで、僕もワガママ。

中森
むしろ、学校や世間では「初めの自分のままじゃいけないよ、ありのままじゃいけないよ、いい人、立派な人、理想像はこうだよ」と教えられますね。私は、まず、ありのままの自分を愛せないと、あるがままの人を愛せないと思うのですが、自分のことは後回しにして、周囲に尽くそう、他人を先にすべきだという社会通念からすると、それはわがままな考えで、よくないことになりますね。自分を犠牲にするのは、自分にも人にも不正直だし、本当に愛し愛されることにつながらないと思うんです。不満が残ってしまうと思うんですね。

加島
人は自己愛をもっているんだから、お互いに自分を愛する人を尊敬しあうのはあたりまえのことで、あらゆる行動、直感も本能も、すべてが自分を愛することから始まるよ。
ジーザス・クライスト、ラオツー(老子)、あるいはブッダにしてもself respect(自分を大切にすること)がまず最初じゃないか。ブッダが最後に自分を光とせよと言ったのは自分が光ることによって魂、自分が光る。自分が光らないで相手を光らせることなんかできないやしないということだね。

中森
実際には、自分を後にしなければいけないと思って苦しんでいる人、自分を愛する気持ちになることに無意識の罪悪感をもったりする人は多いので、正直になって、自分を大切にしてほしいです。

加島
それと、人に対してオープンになれるかどうかで、どんなに違った人生になるか。オープンになることは人生の中で大事な鍵の一つか二つかもしれないな。愛することとオープンになることはね。

中森
オープンにならないと受け入れられないですよね。オープンにならないと本当に愛せない。こちらがオープンになってもそうなってくれない人もいるけれど、安心してオープンになることを、自分自身に許し続けていたら変わっていくんですよね。

加島
自分が先にオープンにならなくちゃ受け入れられない。人から開いてくれないからね。だから、開けるときは自分の内側の扉を引いて開けるんじゃなく、外へ開けるんだよ。

中森
こちらから進んで迎え入れるっていうことですよね。相手によっては、用心したり怖がったりするとしても、何はともあれ、こちらがオープンになっちゃうと。

加島
それには、相手が安心できる人かどうかっていうことが大きいでしょ。でもね、本当の受け入れは、安心できない危険な人や嫌な人にでもオープンになる。それがブッダの言ってることだよ。

中森
加島さんはご両親から信頼されて育っていらっしゃるので、安心してオープンハートでいることが、難しいことではないでしょう?

加島
そうなんだけど、それには父親や母親が子どもを信頼しなきゃだめなんだよ。子どもを疑ってたらだめなんだよ。

中森
親の中に不安や心配があったりすると、その不安や心配から守る方法とかを子どもに言ってしまいがちですが、そうではなく、子育てしているときは両親が、オープンでいることのステキな見本を見せていくことですね。今日は、オープンでワガママで、ステキな長年憧れの加島さんとトコトンお話しできて、とってもハッピーでした。私といっしょに読者の方々のハートもさらに開いていくことだろうと思います。長時間、ありがとうございました。


この記事を誰かに伝えたいですか?