生きる力の源泉

生きるために必要な力とはなんでしょうか。その力はどこからわいてくるのでしょうか。 このコーナーでは、算命学カウンセラーの中森じゅあんさんがコーディネーター役になり、各界で活躍されている方々をゲストに迎えて、私たちが「本来的に生きる意味」を再確認し、「どう生きるか」をあらためて考えていきます。

検索


生きる力の源泉

中森じゅあん×信樂香仁 対談【前編】 生かされていると感じて生きる

  • 感謝
  • 感動
  • 友人
  • 親子
  • 食事
  • 仕事
  • 健康
  • 信仰
  • 老後



第9回は、京都市北部の心休まる自然にあふれた信仰の山・鞍馬山にある鞍馬寺の貫主で、大いなる命を生かすあり方を説き続けられる信樂香仁さんがゲストです。

プロフィル
信樂香仁(しがらき・こうにん)
1924年、京都府生まれ。鞍馬弘教管長・総本山鞍馬寺貫主。京都府立第二高等女学校卒業。1944年、鞍馬山に入山、奉仕。1949年、鞍馬寺において得度。1950年、鞍馬山にて加行。鞍馬弘教宗務総長・鞍馬寺執行を経て、1974年から現職。先代信樂香雲貫主に短歌を師事、歌人としても活躍。鞍馬山の自然を数多く詠んでいる。著書に『天狗の山くらまだより』(大東出版社)、『山のこころ山のことば』(鞍馬寺出版部)ほか。共著に『古寺巡礼京都14・鞍馬寺』(淡交社)がある。

中森じゅあん(なかもり・じゅあん)
日本算命学協会代表。バイオシンセシス・ボディサイコ・セラピスト。「灯(とう)の会(え)」主宰。ワークショップ、セミナー、個人セッション、講演、エッセイやメッセージの執筆など、多岐にわたる分野で活躍。幅広い女性層から支持を得ている。著書に『中森じゅあんの算命学入門』(三笠書房)、イギリス、アメリカ、中国でも翻訳された『天使のメッセージ』シリーズ(大和出版)は世界で愛読されている。『天使の愛』(中公文庫)など多数。


見えないものに思いを寄せる

中森
お久しぶりです。また、お会いでき感激です。25年前、画家の横尾忠則さんとご一緒に伺った鞍馬山で貫主(かんす)さまにお会いいただき、まるで異次元の世界に来たようなありがたい感じがしたことを思い出します。
実は、昨日、大阪のNHK文化センターで講演したのですが、その最後に「明日、鞍馬へ行かせていただくんです。とても楽しみです」と話しましたら、聴講者の中に毎月、鞍馬にお参りしているという方がいらしたんですよ。
高齢のご婦人で、お嬢さまを亡くされ、あまりのショックで涙も出なかった時期があったそうですが、そんな苦境を「貫主さまに救っていただいて、今は鞍馬さんで勉強しているので心が本当に穏やかです。貫主さまのお陰で私はこうして元気でいられるんです」と涙ながらに話してくださいました。心にしみましたので、貫主さまにお伝えしますね、と握手をしてお約束しました。

信樂
そうですか! ご縁とは嬉しいことですね。ありがとうございます。

中森
私にとっても嬉しいお話でした。

信樂
どうぞお気楽になさってください。足元お寒いことありませんか? お山は少し冷えますからね。

中森
ありがとうございます、大丈夫です。窓に映る雨に濡れた鞍馬の自然はことのほか綺麗ですね。

信樂
雨の日曜日でよかったと思いますよ。今日はとても静かですが日曜日はいつもにぎやかなんです。

中森
私の心はにぎやかで、貫主さまのご著書を読ませていただいているうちに、鞍馬の気をいただているようで、心だけはとっくにこちらに来ているような感じでした。

信樂
嬉しいです。お役に立つかどうかわかりませんけれども、どうぞどうぞ何でもお話しください。

中森
私は好奇心が強く、素晴らしい方にお目にかかると、ご幼少の頃のご体験とか、どんなご縁に導かれて、その世界にお入りになろうとされたのかといったルーツのようなことをお伺いしたくなるんです。

信樂
そんな難しいことは何もないんですよ。自然のうちにそうなったんです。先代は私の父で、学校を出てからすぐ先代のお手伝いを。だから自然のうちに弟子になって、先代が亡くなり、そのあと放っておくわけにいきませんもので。

中森
後を継がれる前は、ふつうに少女時代を過ごされていらしたんですか。

信樂
そうです。住まい、学校とも町でしたので町から通って来ていたこともあります。その頃はテープの録音機もありませんから先代がお話されたら一生懸命、全部筆記していました。それをまたお清書して、それが鞍馬の月刊誌の原稿になったり。そういうことをしていました。私には大変、勉強になりました。

中森
町で幼少期を過ごされても、このお山には何か特別な思いをおもちだったのでしょうか。

信樂
宗教的なことが格別にあったわけではなく、自然にずっとこうきました。

中森
先代の、お父さまのお命が、貫主さまの心や体の中にはずっと生きていらっしゃると思うのですが、どのように感じられるのでしょうか? 何か教えられることとか、心で対話されるとか。

信樂
何かあったら、どないしましょ? って言います。間違ったりしませんようにといつも言うています。

中森
やはり、そうですか。私も心の中に父や母が生きていて、ふつうに話しかけたり、守ってもらったりしています。先代、お父さまは何代目であられたとかあるんですか?

信樂
何代目という風に数えたことはありません。昔むかし、鞍馬寺と名付けられる前からお山自体が信仰されていたんですよ。皆さまの「鞍馬さん」なんです。お山自体を尊んで「さん」とおっしゃるのです。今の一般的な寺というイメージとは違うかも知れない。私は寺というより信仰の山でいいと思うんですよ。もちろん、ご開山がおいでになりますし、比叡山の傘下であったりの歴史的変遷を経て今につながっているわけですが、枠にとらわれる必要はないと思っています。先代が鞍馬弘教を提唱されたのも垣根をなくしましょうということですから。お山はとても懐が深いんです。

中森
鞍馬のお山自体が鞍馬寺なんですね。

信樂
信仰的にみても、天台密教や浄土の教えだけではなく、修験の流れもある。また仏教が日本に入って来る前からの、自然に神が宿るという神道の考え方ももちろんあります。いずれにしても、お山があってこそ、お山の力が崇められているのです。

中森
この鞍馬のお山の下には凄いエネルギーの魔王さまが住んでらして、このお山を守っているし、日本全体も守っているということを聞いたことがあるんです。そうした素晴らしいエネルギーというか気を感じられる方がとても多いということでしょうね。

信樂
太古より尊天の霊気があふれた山ですから感じられる方は多いわけです。それを証明と言うとちょっと変ですけれども地質学的に、日本列島の成り立ちのところが証明できる場所なんです。
自然科学の専門の先生方が先代の頃おられて、お山の自然を全部調査されたんです。年が経って先生方も亡くなられた方が多いですけれど。地質学、植物、それから菌類、キノコなどの専門の先生が鞍馬山を調査して、鞍馬のことをお書きになっています。素晴らしい自然だとね。

中森
自然は物言わずに私たちに沢山のことを教えてくれているというか、何かを感じ取るように発信してくれていると感じます。その凝縮された形というか、根源的なものが、歴史的に鞍馬山にあるということになりますよね。

信樂
はい。

中森
最近、海外の先生方が、日本がこれからの世界の中心になるということをおっしゃっています。昨年、ダライ・ラマ法王がいらしたときにも科学者との対話で、日本がどれだけ大切かということをおっしゃっていました。地球の中心的存在なる役目があると。

信樂
私もそう思います。そうなりたい。なれたらいいですね。

中森
磁場とか場所として歴史的に日本はそういうエネルギーを持っているんですから、私たちはそのことをもっと自覚し、自分の心である小宇宙を大宇宙にふさわしいものにしていくことが大事なのですね。

信樂
私もそう思います。本当に日本自体が、そんな場であるべきところだと思いますね。

中森
ですからもっと私たちは誇りと責任を持って。

信樂
そうです! 使命ですよ。それを自覚しないことには。守らせていただくにはまず自分から発することが大事ですよね。倭(和)の国なのですから。倭国って言われましたものね。倭は和で、和こそ日本の象徴の姿です。名実ともに。

中森
東日本大震災では多くの方が亡くなられ、今も大変な思いをされている方がたくさんいらっしゃいます。そうしたなかで生きている私たちは、亡くなられた方々や犠牲になられた方々に報いる生き方をしていく責任があると思うんです。そういう自覚を持っていかなければなりませんね。

信樂
そう思います。それが亡くなった方の回向になるかなあと思って、毎日、朝のお参りでお祈りしているんです。

中森
目に見えないものに、生きてる私たちはいろんなことを教えていただいているんですね。

信樂
見えないのは自分が見えないだけでね、あるんだけれど見えないことがいっぱいありますものねえ。


この記事を誰かに伝えたいですか?