生きる力の源泉

生きるために必要な力とはなんでしょうか。その力はどこからわいてくるのでしょうか。 このコーナーでは、算命学カウンセラーの中森じゅあんさんがコーディネーター役になり、各界で活躍されている方々をゲストに迎えて、私たちが「本来的に生きる意味」を再確認し、「どう生きるか」をあらためて考えていきます。

検索


生きる力の源泉

中森じゅあん×横尾忠則 対談【後編】 創造の原点とは

  • 不安
  • 葛藤
  • 変化
  • 感謝
  • 感動
  • 親子
  • 仕事
  • 病気・障害
  • 健康
  • 信仰
  • 老後
  • 死
  • 人権



第8回は、斬新なグラフィックデザインや絵画の制作ほかジャンルを超えた活躍で、国内外のカルチャーシーンに影響を与え続ける美術家の横尾忠則さんがゲストです。

プロフィル
横尾忠則(よこお・ただのり)
1936年、兵庫県生まれ。美術家。60年代よりグラフィックデザイナーとして活躍。ニューヨーク近代美術館ほか、国内外の数多くの美術館で個展を開催。毎日芸術賞、日本文化デザイン大賞、朝日賞など受賞多数。紫綬褒章、旭日小綬章受章。2008年、小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞受賞。多摩美術大学教授、京都芸術大学客員教授。『横尾忠則全ポスター』『日本の作家222』など著作多数。横尾忠則現代美術館、豊島横尾館がある。

中森じゅあん(なかもり・じゅあん)
日本算命学協会代表。バイオシンセシス・ボディサイコ・セラピスト。「灯(とう)の会(え)」主宰。ワークショップ、セミナー、個人セッション、講演、エッセイやメッセージの執筆など、多岐にわたる分野で活躍。幅広い女性層から支持を得ている。著書に『中森じゅあんの算命学入門』(三笠書房)、イギリス、アメリカ、中国でも翻訳された『天使のメッセージ』シリーズ(大和出版)は世界で愛読されている。『天使の愛』(中公文庫)など多数。


忘れることにも楽しさを見出す

中森
今日、横尾さんにお会いすると思ったら、昔のことがいろいろ思い出されてきたんです。横尾さんが富士山の裾野の宿でカンヅメになって本を書いていらっしゃるときのことですが、「毎日富士山が目の前に見える部屋にいるんだけど、僕のために富士山からのメッセージを取ってもらえない?」ってお電話がかかってきたの。覚えてます?

横尾
内容までは覚えてない。メッセージの内容覚えてます?

中森
内容は覚えてないけど、事実だけ覚えてる。そのメッセージは横尾さん、ご自分のエッセイ本にのせられましたよ。
それと、これもずい分前のことだけど、緊急入院で集中治療室に入られたこと覚えてます? 秘書の方から地方にいた私にお電話があったの。あのときはビックリしました。

横尾
そうなの? 入院はときどきするよ。

中森
えーっ? お体は大切になさってくださいよ。昔とは違うんですから。それにしてもお互いに覚えていることと忘れていることが、逆みたいに違うのが、面白いですねえ。関心事の強さの違いなのかナア。
そういえば、お会いしたての頃ですけど、横尾さんの性格でとても印象的なことがあるんですよ。誰かに何かのお話を聞くときだったんだけど、まず私が「小学生でもわかるように話してください」と頼んだわけ。すると上には上があって、横尾さんは、「何もしらない赤ん坊でも分かるように説明してください」というような意味のことをおっしゃったの。何だか凄く嬉しかった。とっても正直で面白い人だナアって。

横尾
今はね、どんどん自分の中から言葉が蒸発していくんですよ。

中森
蒸発?

横尾
知ってる言葉が失われていくんですよ。その言葉を知っていたら簡単に話も済むのに。

中森
要するに、忘れるんですね。私も同じくです。人の名前、場所、固有名詞なんか。

横尾
人の名前、そんなもんとっくの昔に忘れた。固有名詞を忘れるのは当然。思い出すほうがおかしい(笑)。その次に忘れ始めたのが、一般に使ってた外来語。その次は、普通名詞が出てこない。

中森
あれで、これで、ああなって、こうなって、あれあれ? みたいで会話が全く成り立たないことが多々ありますよ。私が一番困るのは講演やトークの時です。皆は笑って待っててくれたり、一緒になって思い出すヘルプをしてくれるけど。

横尾
完全に、その近くにいるんですよ。一日にいくつ失われるかわからないけれど、昨日か一昨日までその言葉を使ってた記憶はあるんですけど、今日はその言葉が出てこない。

中森
時間がかかっても、その日じゃなくてもいいから思い出そうと努めることが、その問題を大きくしない方法なんですってよ。

横尾
言葉がわからないから字引の引きようがない。そんな字引ないからさ。だけど、言葉がなくなっていく恐怖を楽しんでいるところがある。「あ、今日はこれが出てこなかった」みたいなね。子どもは言葉の数が少ないけど少ない言葉を上手に操って、自分の気持ちをストレートに伝えるじゃないですか。感情とかいろんな文句を。だからそこまで行ってしまってもいいかなと。
絵を描くときは、むしろ言葉が豊富だったら観念的な絵になっていくと思うから、そういう意味ではいいんですけど、ただね、形が思い出せないとアウトだね。ネコ描こうと思っても形を思い出さなきゃネコ描けないですよね。作家じゃないからネコという言葉を思い出さなくたっていいんだけど。今のところ、形は大丈夫なんです。

中森
形って脳の記憶じゃなくて、ビジュアルのイメージだからなのかしらね。いずれにせよ恐れないで、楽しめる方向にいくと、楽になりますよね。
それを覚えてる人もいるのに、自分は同じ年なのにダメだなとか、ネガティブに自分を貶めてしまうと、その状況が強化されるうえに、ますます辛くなりますね。誰かと一緒に笑いながら思い出しごっこみたいに楽しむのはいいエクササイズになるかも。
どんな状況の中でも深刻にならずにいいところも見つけていく工夫が役立つと思いますよ。







体のメッセージは心の作用から

横尾
楽しみだけ見てる分はポジティブに生きられるけれど、一方でね、朝目覚めたとき、何とも言えない死の不安感がパーッと襲ってくるんですよ。それは3~4分で消えるけどね。

中森
私は朝起きた瞬間に「今日は何をするんだっけ?」って、なる。寝る前にはちゃんと確かめて、目覚ましなんかも予定に合わせてかけてあるのにね。

横尾
それは寝ぼけてるだけの話ですよ(笑)。

中森
あはは(笑)。昔はなかったですよ。熱海から京都に行く新幹線に乗ってホッとしたのに、東京行きに乗ったって、車掌さんが来て切符見せてから分かっちゃったり……。

横尾
それは全然不思議だとは思わない。中森さんの場合は。

中森
えーっ!! 昔からだと娘にいわれるけど、自分ではそれほどヒドくなかったと思ってるのに。そういうことがふえてきたのはイヤだし困るけど、そんな自分を受け入れて、面白いナとか最悪の事態にならなくてよかったねって思ってつき合っていってるわけ。

横尾
面白いなと思えないのよ。朝起きると死ぬかなーって思うと。何で死の恐怖が襲ってくるのか。一回、中森さんに聞こうと思ってた。

中森
一般的にいうと、私たちは肉体が自分自身の本質だと思ってるからですよね。肉体は100%死ぬのはわかってる。でも、肉体が死ぬとき、痛かったりするのはもちろん嫌ですよ。だけど死んだら霊魂というか意識だけのエネルギーとして、亡くなった父や母に会えると思うとそれは楽しみですよ。

横尾
死んだ後の世界には不安感は持ってないから、寝たまま気がついたら向こうの世界に行ってたというならあんまり不安感はないかもわかんない。死ぬときは痛いとか苦しいとか辛いとか、そういったことを思ったり、今この瞬間死ぬ! って思うことが嫌なんですよ。

中森
ほとんどの肉体的な病気とかケガとかは、感情、思いなどが関係ないということはないんですね。スピリチュアルの本も何冊も書いていて国際的に活躍されるクリスティン・ペイジというイギリス人の女医さんがいます。彼女は「昔は体の問題の60%は心だと思ってたけど、今はもう90%以上関係があると確信している」と明言しているんです。ときには100%といってもいいんだけど、もちろんその人の心が良いとか悪いの問題ではなくて、肉体に現れてくる問題つまり症状や痛み、病の原因を探れば過去や現在の思いや感情にある、ということですね。
だから、不安や恐れは願うものじゃないですけど、嫌だなっていうネガティブな、あるいは、そういう思いのくせやパターンがあることに気づかないと、その意識のエネルギーが肉体や現実となっていく種として現象化していくわけですよ。体の臓器と感情は結びついているから。心配やストレスが続いて、それをリリースしないでいると、胃とかに影響が及んでくるでしょ? そこで、怖がってることを嫌がらないで「怖がってるな、不安なんだな」って、ただありのままを認めて受け入れて解放していくといいですね。薬飲んだだけでしょ。対処療法だから、心の原因はそのままになって根本的には改善されない。

中森さんにメッセージを書いてくださいました。「中森じゅあんさんに15年振り位で会いましたが、彼女の話ほとんど覚えていなかったけれど、ぼくの話も中森さんはちっとも覚えていない。にもかかわらず昔話に花が咲いたけど、一体どういうこと?」

横尾
それを認めることによってね。

中森
不安感や恐れとかは絵を描くときに、何か影響しますでしょ?

横尾
僕の絵を見て怖いって人が随分多いんですよ。何が怖いのかっていうと、絵の根底というのか背景に「死」があるっていうんです。それが狙いじゃないけども絵は嘘つかないわけ。こちらの気持ちが正直に表れちゃうからね。だけど怖がらせたいために描いてるわけじゃない。

中森
よくわかります。絵でも音楽でも文でも、表現するものは、すべて本人自身の心や思いのエネルギーですからね。芸術に限らず、何であれ表現すること、クリエイトすることは自分を解放しているといえるんじゃないかしら。横尾さんが今一番したいこと、一番望んでいることって何ですか?

横尾
今描いてる絵が何かうまくなってくれたらな。

中森
やっぱり絵ですよね。

横尾
その程度ですよね。あとは、北斎は90歳のときに「もう10年、時間を与えてくれると自分は宇宙の秘密が描ける」って言ったんですけど、そういうふうに1年でも2年でも時間を与えられると、何かできそうな気がするんですよね。いつが寿命か、何がしたいかもわからないけど、あることがある程度達成できる時間は欲しいなって思いますね。

中森
絵描きさんが長寿なのは、そういう思いが特に強いからかしらネ。これからはすべての人が自分の内側にもっともっと意識を向けてね、自分自身の魂の声っていうか、心の真実の声に耳をすませて、それを大切にして愛して生きていくといいんだと思うんです。世の中での成功とか、人との比較とかで優劣を競ったり、評価を外に求めるんじゃなくって。

横尾
作家はその人のテーマとテクニックというかスタイルを持たなきゃ評価されないとか、完成しないというけど、そんなことはどうでもいいっていう考えがもの凄く強くなってきてるんですよ。評価なんか全然関係ない。僕自身が納得いくことができるかできないかに全部集中してしまっているので楽なことは楽です。世俗に対する関心を持っているときは、何だか知らないけれど競争社会の中に入ってる感じがする。今はそれは全然無いんだけど、無きゃ無いでどうなるのかわからない不安感はありますけど。

中森
人にどう思われるかなどどうでもいいやって思うんですよね。自分がどう思うかとか、そっちのほうを大事にしたい。人に迷惑をかけないようにはしたいけど、自分の思いや感情、人生に責任をもって自分を生かしながら縁ある人たちと喜怒哀楽も分かち合いながら成長していきたいですね。だから、それぞれがどんなことでも、やっぱり好きなことはやり続ける楽しみは心と体と霊のために必要だと感じています。

横尾
僕は、一枚の絵の中でも、まだ一度もやったことないことをここでやろうといった欲はあります。それは悪い欲とは思ってないのよね。

中森
まだ一度もやったことないことをやりたいっていうのは、まさしく止まることのない横尾さんにとっての創造の源泉だと思いますよ。たとえば、これがうまくいったからって過去のことをずっと続けていっても、きっと新しい可能性の世界を信じ期待している魂や感性が楽しんでないというか、イキイキしてこない。それももちろん作品に出ると思うんですよ。やっぱ、横尾さんって凄く今に生きてらっしゃるんじゃないですか。ステキですよ。私、人のいいところにはかなり敏感だけど、決してお世辞はいいませんよ。ご存じでしょ?

横尾
他の人にそんなこと言われたら「わかってるわ」って言いたいけど、中森さんに言われるとさ、本当だと思う。



中森
久しぶりにお会いできて、たくさんお話しできて、本当にとっても楽しかったです。私も、あるがままのどんな自分にも正直に素直に今を生きていきます。ありがとうございました。


この記事を誰かに伝えたいですか?