生きる力の源泉

生きるために必要な力とはなんでしょうか。その力はどこからわいてくるのでしょうか。 このコーナーでは、算命学カウンセラーの中森じゅあんさんがコーディネーター役になり、各界で活躍されている方々をゲストに迎えて、私たちが「本来的に生きる意味」を再確認し、「どう生きるか」をあらためて考えていきます。

検索


生きる力の源泉

中森じゅあん×上田紀行 対談【後編】 愛されるより愛する人に

  • 内省
  • 葛藤
  • 変化
  • 感謝
  • 恋人
  • 親子
  • 仕事
  • 出産・育児
  • 離婚
  • 病気・障害
  • 老後
  • 死
  • 人権



第7回は、学生からの授業評価が第1位で東工大教育賞最優秀賞を受賞する一方、マスコミや講演などでも活躍する東京工業大学教授の上田紀行さんがゲストです。

プロフィル
上田紀行(うえだ・のりゆき)
1958年、東京都生まれ。東京大学大学院文化人類学専攻博士課程修了。愛媛大学助教授を経て、東京工業大学教授。86年よりスリランカで「悪魔払い」のフィールドワーク調査を行い、「癒し」の観点を提示、「癒しブーム」を巻き起こす。著書『生きる意味』(岩波新書)は2006年度大学入試出題数第1位。ダライ・ラマとの対談を出版し、日本仏教の復興にも力を注いでいる。『がんばれ仏教!』(NHKブックス)、『生きる覚悟』(角川SCC新書)ほか著書多数。

中森じゅあん(なかもり・じゅあん)
日本算命学協会代表。バイオシンセシス・ボディサイコ・セラピスト。「灯(とう)の会(え)」主宰。ワークショップ、セミナー、個人セッション、講演、エッセイやメッセージの執筆など、多岐にわたる分野で活躍。幅広い女性層から支持を得ている。著書に『中森じゅあんの算命学入門』(三笠書房)、イギリス、アメリカ、中国でも翻訳された『天使のメッセージ』シリーズ(大和出版)は世界で愛読されている。『天使の愛』(中公文庫)など多数。


自分の都合をこえてすべてがご縁

中森
父親の不在、母親との葛藤や、おばさんのいじめ、ノイローゼや寂しさ、苦しさなどのご体験も包みかくさず書物に披瀝されました。それは先生ご自身のために、必要なことだったのだと思いますが、さらに、多くの読者たちに共感や励まし、勇気や気づきなどを与えてくれるために必要なことだったのだと思いますね。

上田
僕は講演で高校に行くこともありますが、なかには生徒達が「なんで、こんな話聞かなきゃいけないんだよ」みたいな感じのときもあるわけです。そんなときでも、母との葛藤の話をし始めた途端に、みんな一心に話を聞きだすんですね。おもしろいもので、誰かの深い体験の話は、その物語を聞いているようでいて、実は話している人と聞いている自分の二つの物語が同時に進行しているんですね。僕が「母親との葛藤に悩み、『あんたと別れるためなら外で誰かれ殺したいくらいだ』と言い放った」とか「でも母がいなくなって、誰のせいにもできなくなって、ますますドツボになった」とかいう話を聞きながら、聞いてる子たちは自分と親との関係を考えるわけですね。

中森
自分の経験や状況とリンクすると共感し、心で深く聞けるんですね。

上田
だから、誰かの人生の話は、その人だけの話ではないんですよね。ということは苦労したり、あるいは幸せを感じた話など、僕たちはもっと人にしなければいけないと思いますね。

中森
そうです。そうです。体験や実話ほどインパクトがあって、聞く人に興味と影響をもたらすものはないでしょう。

上田
それをね、押し込めて、「それはあなただけの個人的な話でしょ」って言ってる社会はすごく寂しい社会だと思うんですよね。

中森
確かに。でも他の人や社会と関心やつながりが希薄だということは、内なる自分とのつながりが薄くて分離感が強いからですよね。そのことに気づくためにも、私たちがオープンマインドで、自分のリアルな体験をありのままに話すことは、必要で大切な「分かち合い」になると思うんです。
先生のように悲さんなことも明るく自己開示されるなら、聞く人は自分のどこかの部分で、「この人は自分なんだ」と感じ、かつ自分自身との内的つながりや、共感、気づきを味わうことになるのではないでしょうか。
ずい分前のことですが、「生まれた我が子にどんな子になってほしいと思うか」といった母親への調査記事が新聞にでていました。10位くらいまであったと思いますが、第1位が「みんなに愛される子ども」なんで、驚きました。
私も子育て中でしたが、「みんなを愛する子」が望みでした。正確には「自分自身と人々を心から愛する人」になってほしいですね。

上田
「愛されるより愛する人になる」って、僕の本(『かけがえのない人間』講談社新書)の副題にもあるんですが、そこに「誰からも愛される人を目指すことで逆に不幸になる。自分が愛するものを持つことのほうが大切だ」って書いたんです。愛されることを過剰に求めるから、他人に依存して、自分が確立できず、常に人の目が気になるわけですよね。でもひとつ面白いのは、自分に自信があって「みんなから愛されなくても生きていける」という人は幼少期にちゃんと愛されている体験があるんです。愛を受けて育つと「小学校に入って中学校入って、友達100人つくらなきゃ」なんてバカなことも、「ここの部屋にいる人たちすべてから愛されなければ不安だ」とも思わなくてもいい人になるんですよね。親からでも、恋人からでも、お天道さまや神さまからでも何でもいいけど、ガツンと愛されてると違うんですね。そこは逆説的なところですよね。

中森
ところで先生はご自分がご両親を選んで生まれてきたとお思いになります?

上田
いや、どうなんだろう。そうだとすると、僕も2歳半のときに失踪する父親をちゃんと選んできたことになりますね。
40代くらいから相当、仏教のことを意識しだしたんですが、仏教はご縁、縁起が中心にあります。それでよく「ご縁によって生かされている」とか言いますね。その言葉は間違ってはいませんが、ちょっときれいすぎるように感じます。ご縁によって生かされているというと、自分に愛情を降り注いでくれた人とか、恩師であるとか、自分によきことをしてくれた人たちの顔だけが思い浮かんでしまいがちです。ところが、2歳半の僕を捨てた父がいて、そのあと母親と二人で10代を駆け抜けてきて、「おまえと別れるためには人を殺す」みたいな大変な葛藤状態になり、精神状態もダウンしてカウンセラーにいったり、それでも抜けだせない母の引力圏から脱出するようにインド旅行をして世界に目が開かれていく……。そう考えてみると、僕の人生の中には不在の父親が常に消えないでいるわけです。実際、その父親がいなければ、今、じゅあんさんともお会いしていないわけですから、よくないと思えるご縁にも感謝なんですよね。いい人たちのご縁だけに感謝じゃなく、まさに穴ぼこにも感謝ということがだんだんわかってきたのが40代ぐらいです。そのときにお釈迦さまの説いた縁起は、ご縁に感謝していきなさいという表面的なもの以上に深いことがわかってきたんですね。


楽しいと思う時間を増やしてこそ

中森
縁起に、よし悪しの批判を加えているのは、私たちの方ですからね。
どんな状況にあっても、心の視野を広げて、自分自身の内面に向き合うことは大事ですね。

上田
そのとおりですね。ダライ・ラマが来日されたときに若い女のコが「私は意味のない人間で、生きている価値がどこにあるのか、全然わからない」という質問をしたんです。それに対してダライ・ラマは「でも、あなた毎日、苦しくてしょうがないと言うけど、楽しいときだってあるでしょ」と答えたんです。
そして、女のコが「はい、あります。おいしいケーキ食べてると楽しいです」「自分をわかってくれる友達となんか愚痴を言ってるときは楽しいです」と答えると、「難しく考えてるけど、楽しい時間をどんどん増やしていけばいいんだよ」と。楽しい時間は、何かその人が魂が喜んでることをしてる時間なわけなんですね。

中森
ささやかなことで喜べる、楽しめると、すぐ幸せになれますね。

上田
つまり、楽しい時間を増やしていけば、それが人を元気にさせるし、もっと楽しいことをやりたいなあって思っていく。すごいプラクティカルですよね。

中森
とても実践的ですね。法王さまが言われたのは、人生には、ネガティブなこともポジティブなこともある、でも自分の心や意識をどこにフォーカスするかで人生は変えられる、私たちは自由があるんだよ、ということですよね。
私は独身時代から結婚し子どもが生まれて、孫もいますが、一時的にでも仕事をやめたことはないんです。穴ぼこに沢山沢山おっこちました。
今も、多忙ですが、ひょんなことから「梵字」とめぐり合って習っているんです。とても楽しくて、奥が深いの。木彫もやってて、天使や猫なんか彫ってるときは、子ども心ですね。
この他に欧米の新しい心理療法などは、先生が来日するたびに、勉強し続けてますけど、これがもうたまらなく深くて、いくつになってもやめられませんよ。

上田
それがじゅあんさんの若さの秘訣なんですね。

中森
ハイッ! いつも寸暇をさいて、好きなことをしていますから(笑)。俗にいう「ワクワクする」おもしろいこと、楽しいことをしていないと、イキイキしていられないタチなんですね。

上田
私の母は75歳からスペイン語を始めて、グアテマラに短期留学を3回ぐらいしましたが、「今からさ、スペイン語やって何になるのよ」って言ったら「だって楽しいんだもん」と。その母が晩年、「あなたにはいろいろと大変な思いをさせちゃったわねえ。でも私は私のために生きてきたし、おもしろいと思ったことをやり続けた人生で、子どものために何かを犠牲にしたことはないからね」と言ってくれたことは僕には救いになりましたね。

中森
ご本の中のお母さまに、私とても惹かれますね。ご存命でしたら本当にお会いしたかった! またゆっくりともっといろいろお話を伺いたいです。お忙しい中をありがとうございました。


この記事を誰かに伝えたいですか?