生きる力の源泉

生きるために必要な力とはなんでしょうか。その力はどこからわいてくるのでしょうか。 このコーナーでは、算命学カウンセラーの中森じゅあんさんがコーディネーター役になり、各界で活躍されている方々をゲストに迎えて、私たちが「本来的に生きる意味」を再確認し、「どう生きるか」をあらためて考えていきます。

検索


生きる力の源泉

中森じゅあん×村上和雄 対談【後編】 遺伝子を研究することは、サムシング・グレートから与えられた使命

  • 感謝
  • 親子
  • 健康
  • 信仰
  • 死
  • 宗教



第6回は、「心と遺伝子」の研究で知られる遺伝子工学の第一人者、筑波大学名誉教授の村上和雄さんがゲストです。

プロフィル
村上和雄(むらかみ・かずお)
1936年、奈良県生まれ。筑波大学名誉教授。63年、京都大学大学院卒業。米国オレゴン医科大学研究員、米国バンダービルト大学医学部助教授を経て、78年に筑波大学応用生物化学系教授に就任。遺伝子の研究に取り組み、世界で初めて酵素「レニン」の遺伝子解読に成功するなど、大きな功績をあげる。96年日本学士院受賞。著書に『人を幸せにする「魂と遺伝子」の法則』(致知出版社)、『今こそ日本人の出番だ』(講談社+α新書)、『そうだ!絶対うまくいく』(PHP文庫)など多数。

中森じゅあん(なかもり・じゅあん)
日本算命学協会代表。バイオシンセシス・ボディサイコ・セラピスト。「灯(とう)の会(え)」主宰。ワークショップ、セミナー、個人セッション、講演、エッセイやメッセージの執筆など、多岐にわたる分野で活躍。幅広い女性層から支持を得ている。著書に『中森じゅあんの算命学入門』(三笠書房)、イギリス、アメリカ、中国でも翻訳された『天使のメッセージ』シリーズ(大和出版)は世界で愛読されている。『天使の愛』(中公文庫)など多数。


魂を“感じる”

中森
私は魂って、肉眼で見えるものではないし、頭で考えて分かるものでもなくて、深いところで「感じるもの」なのだと思っています。


村上
私もそうだと思います。科学者でも、直接説明はできないけれど、そこに目に見えない何かがあると感じながら自分の研究を続けている人は、けっこういるんです。
日本におけるユング心理学の第一人者であられた河合隼雄(かわい・はやお)先生(故人・京都大学名誉教授。元文化庁長官)もそうでした。河合先生は私に、「遺伝子と魂の研究は面白い」と言ってくださいました。私は2年半前に脳こうそくで倒れたんですが、病室で河合先生の言葉を思い出し、思ったんです。「面白い」と言われたのは、私への遺言だったんじゃないかと。
人の心と遺伝子の研究をしてきて、遺伝子が心と密接なかかわりを持っていることは実験などでわかりました。笑うことで糖尿病患者の食後血糖値の上昇が抑えられるという結果が現れた実験などがその一例です。
でも、もっと面白いのが魂で、先生が「魂というものがわからないと、人間というのもわからないんやで」と語りかけてくださっているようでした。
「三つ子の魂百まで」という諺(ことわざ)がありますね。これはあくまで「三つ子の魂」であって「三つ子の心」ではない。魂とは何かという大問題はあるけれど、心の奥の奥の奥底に、ある程度不動のものがあって、それは死んでもなくならないんじゃないかと私は考えているんです。
ですから私は「心と遺伝子研究会」というものをいろいろな研究者と共に立ち上げていますけれども、名前を「いのちと遺伝子研究会」にあらためようと思っているんです。漢字の「生命」は、死んだらなくなります。生命維持装置というものは肉体を生かすための装置ですね。肉体の生命もありますが、目に見えない、あるいは魂と呼ばれている「永遠のいのち」というものがおそらくあるんだろうと感じているんです。
それは今世だけではなく、過去世も全部含んだものでしょう。なぜなら、遺伝子にはずっと過去の記憶がありますからね。過去の記憶とは魂の記憶であるかもしれません。ですから魂と遺伝子のほんとうの結びつきを研究したくなったんです。

中森
遺伝子の中に、ずーっと昔の過去の魂の記憶があるんですか? ぜひともそのご研究を進めて、教えてください。私が生きている間に、ぜひ。先生は、いずれは失われる肉体の生命ではない「永遠のいのち」の存在を“感じている”とおっしゃいました。私も、自分の体験を通して「感じている」ことは、私なりに自信があるので同感です!
いま、若い人達を含めて、スピリチュアルなものを感じよう、感じたい、感じている、という方々が大変ふえていますね。また、「思考」中心から「感性」へと意識、関心が高まってきたことは、人間本来の姿として自然だし、必然な、喜ぶべきことだと思いますね。

村上
先ほども申し上げましたが、科学の世界でも「感じる」という瞬間がたくさんあるんです。それで、魂と遺伝子の関係を研究するなかで、密教研究者、高野山大学の人たちと一緒にやろうと、いま話を進めているんです。

中森
えー、空海さんの真言宗の密教ですか? 思いがけない、でもすばらしいコラボですね。密教は仏教の中でも、宇宙的で感性を重んじるものですよね。厳しい行法とか独特の瞑想法があるんですよね。「阿字観」でしたか。

村上
そう。瞑想をとおして魂と遺伝子の関係を探っていこうと。これも運命的なご縁があったからこそでして。

中森
きっと導かれたご縁なのですね。どういうことから始まったのですか、興味シンシンです。



村上
魂と遺伝子を繋げる研究に、少し躊躇(ちゅうちょ)があったんですね。そこを後押ししてくださったのが河合先生です。「それは面白い」と。そしてもう一人が、私が心の師と仰ぐ平澤興(ひらさわ・こう)という京都大学第16代総長です。私は平澤先生に学生時代に初めてお会いしたんです。先生は湯川秀樹先生と親友同士でもありました。こんなエピソードがあります。
平澤先生は高校生のときにノイローゼに陥ります。どうしようもなくて故郷の新潟の原野をさまよっていると、ベートーベンの声が聞こえてきたそうです。それもドイツ語で。驚くでしょ。平澤先生は、ベートーベンの伝記を原書で読んでいたんですね。昔の高校生の教養はすごいですよ。それで平澤先生にベートーベンは何を言ったかというと、「勇気を出せ。たとえ肉体に欠点があろうとも、わが魂はこれに打ち勝たねばならない。もう25歳になったのだから、いまこそ本物の男になる覚悟をせよ」と言ったんです。これは伝記のなかにある日記の一節で、ベートーベンが音楽家として致命的ともいえる耳が聞こえなくなった自分を勇気づけたときの言葉です。平澤先生はこの言葉でわれに返り、それから猛勉強を始められるんです。
平澤先生は、医学者でありますが、同時に優れた教育者でした。先生から私は、スピリチュアルな心の部分で大きな影響を受けているんです。
私が『サムシング・グレート』(サンマーク出版)の本を出すにあたって推薦文をお願いしたのですが、先生は快くお受けくださいました。私の本はその推薦文だけで価値があると思っています(笑)。
このお二人の先生とご縁をいただき、大きな影響を受けていたからこそ、魂と遺伝子の研究の一歩が踏み出せたんです。

中森
本当に、偶然ってないんですね。必然の出会いだからこそ、不思議な形でつながっていくんですね。

村上
仏教は宗教のなかでも、哲学的な要素を多く持っているんです。なかでも密教はその密度が濃い。日本の密教の祖である空海は「宇宙のいのち」ということを言っていますからね。「宇宙のいのち」ってサムシング・グレートですよ。

中森
「宇宙のいのち」とつながるというのが密教の瞑想の特色なのですか。いいですね。マンダラの前で瞑想するのかしら?

村上
方法の一つということです。わかりやすく言えば、瞑想をする前と瞑想をしたあとで、どの遺伝子のスイッチが入って、どれが切れているのかを検証するんです。

中森
いやーおもしろくて、楽しみですね。
瞑想といえば、プロのお坊様(笑)がなさるようなものから、カルチャースクールで、ビギナーが気軽に体験したり、学べるようなものもありますよね。瞑想する人の違いなんかもあるのではないかと思いますが。
どのようにして実験、検証しようとなさっているんですか?

村上
中森さんがおっしゃられるように、瞑想をしてもらう対象には、プロフェッショナルな方と初心者もいます。具体的にはこれから詰めるところですが、2、3年のうちに一つの結果を出そうと思っています。

中森
私、今フッとひらめいたんですけれど……サムシング・グレートは、自然の生命の源ですよね。であれば、人工的な室内で行うのと、屋外に出て自然の中で瞑想するのとでは、同じ人でも結果に違いがあるような気がいたします。
自然の森羅万象と私たち人間のいのちは、ひとつにつながっていますから、大地に坐って、樹立の中で、大空や太陽の下で、風のそよぎや花々の香りや、鳥の声などに包まれた中で瞑想したなら、宇宙ととけ合って、ダイレクトにつながれるような気がしますけれど。

村上
それは面白いですね。考えもしなかった。自然のなかではサムシング・グレートを強く感じることができますからね。
私は毎朝、サムシング・グレートと両親に「ありがとう」と感謝を捧げているんです。その祈りが私のエネルギー源です。だから脳こうそくで倒れたのもサムシング・グレートからのメッセージだと信じています。サムシング・グレートのメッセンジャーを努めるのが私の使命だと思っていますから。

中森
私も全く同感です。サムシング・グレートさんからの、ご指名を受けたメッセンジャーだからこそ、大いなるお計らいがあって、密教の世界に科学が切り込む(?)といった画期的な出会いが実現したのだと思います。
高野山の方々との実験や研究の成果が、とても楽しみで、想像するだけでも何だかワクワクしてきます。先生、くれぐれもお体を大切になさってくださいね。
本日は、心が宇宙にまで広がるような興味深いお話をたくさんお聞かせいただいて、本当にうれしく、感謝いたします。


この記事を誰かに伝えたいですか?