生きる力の源泉

生きるために必要な力とはなんでしょうか。その力はどこからわいてくるのでしょうか。 このコーナーでは、算命学カウンセラーの中森じゅあんさんがコーディネーター役になり、各界で活躍されている方々をゲストに迎えて、私たちが「本来的に生きる意味」を再確認し、「どう生きるか」をあらためて考えていきます。

検索


生きる力の源泉

中森じゅあん×村上和雄 対談【前編】 遺伝子を研究することは、サムシング・グレートから与えられた使命

  • 感謝
  • 友人
  • 親子
  • 健康
  • 信仰
  • 老後
  • 宗教



第6回は、「心と遺伝子」の研究で知られる遺伝子工学の第一人者、筑波大学名誉教授の村上和雄さんがゲストです。

プロフィル
村上和雄(むらかみ・かずお)
1936年、奈良県生まれ。筑波大学名誉教授。63年、京都大学大学院卒業。米国オレゴン医科大学研究員、米国バンダービルト大学医学部助教授を経て、78年に筑波大学応用生物化学系教授に就任。遺伝子の研究に取り組み、世界で初めて酵素「レニン」の遺伝子解読に成功するなど、大きな功績をあげる。96年日本学士院受賞。著書に『人を幸せにする「魂と遺伝子」の法則』(致知出版社)、『今こそ日本人の出番だ』(講談社+α新書)、『そうだ!絶対うまくいく』(PHP文庫)など多数。

中森じゅあん(なかもり・じゅあん)
日本算命学協会代表。バイオシンセシス・ボディサイコ・セラピスト。「灯(とう)の会(え)」主宰。ワークショップ、セミナー、個人セッション、講演、エッセイやメッセージの執筆など、多岐にわたる分野で活躍。幅広い女性層から支持を得ている。著書に『中森じゅあんの算命学入門』(三笠書房)、イギリス、アメリカ、中国でも翻訳された『天使のメッセージ』シリーズ(大和出版)は世界で愛読されている。『天使の愛』(中公文庫)など多数。


大いなる存在

中森
ノーベル賞の候補にもあげられたと伺う村上先生は、遺伝子工学のご研究を進められる中で、人智を超えた自然の力に注目され、その大いなる生命の源に対して、「サムシング・グレート」という、まさに言いえて妙、としか言いようのない見事なネーミングを提唱されたことで、つとに広く知られていらっしゃいます。まずその辺からお聞きしたいのですが。

村上
たとえば、人間はおよそ60兆個の細胞でできているんですね。その一つ一つの細胞の中に、ものすごく膨大な情報が詰め込まれているんです。どれくらいの情報かというと、1冊千ページの本が3千冊あると想像してみてください。それに匹敵する量が、一つ一つの細胞の中に書き込まれているんです。驚きですよね。
しかし人間は、優秀な学者を集めて、たくさんお金をかけても、たった一つの細胞も作れません。さらに、私たちにはどうして生命が誕生するのかも解明できていません。ところが大自然は、人間に限らず動植物すべての生命を作り出しています。
私は遺伝子の解読をしていくなかで、そうした自然の不思議な力を感じてきました。私たちは遺伝子の暗号を解読する研究をしているけれども、そもそも、細胞の中の染色体やDNA(デオキシリボ核酸)の配列をデザインし、その暗号を書いたのは誰なのかということです。この小さな細胞に膨大な情報を刻み込み、休むことなく働かせている遺伝子は、私たちの知性などをはるかに超えた大いなる力を持った何か、偉大なる存在が作ったのではないかと思わざるを得なくなったのです。
そうした存在を、私はサムシング・グレートと呼ぶようになりました。信仰を持った人ならば、それを仏とか神とかに言い換えてもいいのではないかと思います。

中森
私の知る限りでは、科学や医学が専門分野の方々は、検証され、実証されないものに対して、公に言及されることを避けていらっしゃいます。たとえ十分に、深く感じとっている方でさえも。自由な立場の私などは、その点をかねて不思議なことだなと思っていました。そうした中で、科学者として知られる村上先生が堂々たる名付け親にまでなられて、目に見えない偉大なる存在を認められた時は、ビックリすると共に、とてもうれしく思いました。
私は多くの方々と向き合う中で、その方の人生の大きな基盤を形成している一つに、幼少期の家庭、家族の環境、つまり成育歴があると分かってきてから、そこに関心をもち注目してきました。ですから、科学者の村上先生がここまで明言される原点には、先生のご両親の影響、教育によるスピリチュアルな体験がおありなのではないか――と想像をめぐらせていました。その点をおさしつかえなければ、ぜひお聞きしたいのですが。

村上
私は奈良県の天理市で生まれ育ったんです。ご存知のように、日本で唯一の宗教都市です。ご多分にもれず両親は天理教の信者で、私は幼稚園から小・中・高と天理教の学校を卒業しました。天理教学園の第一時間目は参拝なんです。ですから「門前の小僧、習わぬ経を読む」で、宗教的なものの雰囲気、宇宙を創造・発展させている大きな力を感じる素地はあるんです。子どものころにそうした人知を超えたパワー、人間の常識を超えた世界を感じながら育ったということが、おそらく私の特徴ではないかと思っています。


魂と遺伝子の関係

中森
やはり……!
よくぞそのような土壌にお育ちになった……という感じがします。
そのまま信仰の歩みを続けていらしても不思議ではないと思うところですが、何故、さまざまな分野の選択肢から、科学の道へ進まれたのですか?

村上
何のとりえもなかったのですが、科学には少し興味がありまして。そして私が中学生のときに理論物理学者の湯川秀樹先生がノーベル物理学賞を日本人で初めて受賞されたんですね。私はすごく感動し、それで湯川先生と同じ京都大学に行きたいと思うようになったんです。

中森
科学少年は沢山いたと思うのですが、村上少年の湯川先生に対する感動の大きさが今日に導く原動力となったのですね。「出会いの力」のすばらしさですね。
宗教と科学は一見、異なる感じをうけますが、アプローチの違いこそあれ、探究しているもの、目指しているところは同じ「いのちの真理」ではないか、と思います。私は、何となーく感じる右脳ばかりをよすがに生きてきたような人間ですから、科学の世界に関しては恥ずかしいほど無知なのですが、それでも、「人間の常識を超えた世界を感じて育った」とおっしゃる先生が、その感性をあるがままに受け入れられながら科学の道を追求されていることは、後に続く若い科学者たちに、非常に重要な影響を与えてくださっていると思います。
以前、東大医学部のお医者の矢作直樹先生と対談されたご本がありますね。
その中では、さらに明確に、これまで科学者が敬遠してきた「心」や「魂」を直視し、目に見えないものへの畏怖と感謝が、今後の科学の発展に欠かせない、というすばらしいメッセージを発表されています。
先生は、「心の遺伝子」から、さらに「魂の遺伝子」へとご研究を進められたと伺いましたけれど。

村上
矢作先生は、東大病院の救急部部長として日々、医療現場の第一線でいのちとかかわっています。人の生死というものが最も身近なところにあるからこそ、肉体と霊性といいますか、霊魂という存在について深く考えさせられるのでしょう。いままで医学の分野で、霊とか死後の世界を正面から語る人はいませんでしたから、画期的なことと世間では受け止められていますね。
私が魂の問題に興味を持ったのは、私たちの体と宇宙の関係性に気づいたからです。体という物質は、水素とか酸素とか窒素という元素から成り立っています。では、これらの元素はどこから来たのか。それは食べ物からです。ということは、すべて地球の元素ですね。地球の元素はどこから来たかというと宇宙です。だから私たちの体は宇宙のひとかけらと言えます。つまり、私たちの体、肉体は宇宙とか地球から借りているということです。借り物だから、期限が来たら返さなくてはいけない。自分のものだったら、ずっと持っていられるけれど、持ち続けていられないというのは、レンタルだからですよ。それにもかかわらず、私たちは一銭のレンタル料も払っていません。科学の手で作れない、こんなに不思議で高価なものを数十年間も無償で借りておきながら、私たちはいろいろ文句を言っているんですね(笑)。

中森
そう言われると本当にそうですね。
なにか、長年申しわけないことをしてきたなという気持ちになってきます。
せめて、残されたこれからの人生だけでも何らかのレンタル料を払わないといけないですね(笑)。

村上
そうです。地球であり宇宙であり、いわゆるサムシング・グレートが私たちに貸してくれているんです。
では、「私」とは何でしょうか。これは古来、人類の大テーマですね。しかし、「私」は体、肉体ではないことは確かです。ふつうは心と言いたくなるところですが、私は心でもないと思っています。だって、心はコロコロと常に変わるものです。そんな不安定なふらふらしたものにサムシング・グレートが貸すわけがありません。そうすると残っているのは魂しかない。魂は目には見えないけれど、魂という存在があると仮定しなければ、貸し借りの法則が成り立たないんです。つまり「私」とは魂なんだと思うんです。
しかし、魂がどういうものか科学的に証明しろと言われても現段階では難しいけれど、そこをなんとか繋げられないかと考えたわけです。



この記事を誰かに伝えたいですか?