生きる力の源泉

生きるために必要な力とはなんでしょうか。その力はどこからわいてくるのでしょうか。 このコーナーでは、算命学カウンセラーの中森じゅあんさんがコーディネーター役になり、各界で活躍されている方々をゲストに迎えて、私たちが「本来的に生きる意味」を再確認し、「どう生きるか」をあらためて考えていきます。

検索


生きる力の源泉

中森じゅあん×細川佳代子 対談【後編】 「そうなんだ」と気づいたら行動を変える。それがいちばんの肝心

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 歓喜
  • 感謝
  • 感動
  • 恋人
  • 夫婦
  • 就職
  • 恋愛
  • 結婚
  • 病気・障害
  • 健康
  • 人権



第5回は、元内閣総理大臣細川護熙氏の妻で、長年にわたりにボランティア活動を積極的に展開し、とくに知的障がい者の自立と社会参加に尽力する細川佳代子さんがゲストです。

プロフィル
細川佳代子(ほそかわ・かよこ)
NPO法人「勇気の翼インクルージョン2015」理事長。公益財団法人「スペシャルオリンピクス日本」名誉会長。上智大学卒業。1971年、細川護熙氏と結婚。政治活動を支える一方でボランティア活動に取り組む。94年、「スペシャルオリンピクス日本」を設立。2007年には、障がいの有無にかかわらず、すべての人がその人らしく活き活きと暮らせるインクルージョン(包み込む共生)社会の実現をめざす「勇気の翼インクルージョン2015」を設立した。著書に『花も花なれ、人も人なれ~ボランティアの私~』(角川書店)など。

中森じゅあん(なかもり・じゅあん)
日本算命学協会代表。バイオシンセシス・ボディサイコ・セラピスト。「灯(とう)の会(え)」主宰。ワークショップ、セミナー、個人セッション、講演、エッセイやメッセージの執筆など、多岐にわたる分野で活躍。幅広い女性層から支持を得ている。著書に『中森じゅあんの算命学入門』(三笠書房)、イギリス、アメリカ、中国でも翻訳された『天使のメッセージ』シリーズ(大和出版)は世界で愛読されている。『天使の愛』(中公文庫)など多数。


ハードルがあればこそ

中森
私は細川さんの見かけによらず、恐れを知らぬ行動的なところが好きなんですが、お仕事の面でも、女性のパイオニア的な存在です。

細川
私が就職した会社は、貿易も手がけていて、20代だった私がいきなりヨーロッパ担当を命じられて、単身ドイツに派遣されたんです。私自身ビックリしましたけれど、不安よりワクワクの方が勝(まさ)っていました。でも、一所懸命にドイツ語を勉強したのに、すぐにスイスのジュネーヴに駐在場所が変わってしまって。ジュネーヴはフランス語圏だからもう大変。言葉がうまく通じないせいか、仕事での失敗もけっこうあって、つらいこともありました。でも、だからこそ仕事のやりがいがあるって気持ちを切り替えし、その後はヨーロッパ各地でずいぶんタフなお仕事もこなしてきました。楽しかったですよ。

中森
1960年代当時、私は最初からフリーランスのコピーライターで、珍しがられました。けれど、女性が男性にまじって同等に第一線で働くには高いハードルがありましたよね。今日のキャリアウーマンの方々には想像もできないでしょうが。細川さんも、ずいぶんご苦労もされたと思います。

細川
ハードルがあると、避けたいという思いも湧きますが、でも、ハードルがあるからこそ仕事をする充実感や達成感を深く味わえんじゃないでしょうか。

中森
同感です。私はハードルがあると、ついハリ切っちゃう。
困難といえば、日本に知的障がい者のオリンピックである、スペシャルオリンピクスの認知度を広めたのは細川さんでした。その経緯についてお話しくださいますか。

細川
いまから22年前のことですけれど、ある新聞に、ダウン症で耳も不自由な、ともこちゃんという10歳の女の子がスペシャルオリンピクス世界大会の床運動で銀メダルを取ったという記事が載っていたんです。身体障がい者のアスリートが競うパラリンピックは知っていましたけれど、知的障がい者のオリンピックもあるんだと。もう感動しちゃって、もっと大勢の人たちにこのことを知ってもらいたいと思ったのが始まりです。
そのとき私は熊本県の自民党婦人部長で、ある研修にともこちゃんを育てた体操のコーチを東京から講師に招いて、スペシャルオリンピクスについてお話しをしていただいたんです。そのコーチは、ある牧師さんから聞いた、こんなお話しをしてくださいました。
「知的障がいの子どもが生まれてくる確率は、出生率の2パーセントあります。それはなぜかというと、その子のまわりの人たちに、やさしさ、思いやりといった人間にとっていちばん大切な心を教えるために、神様が私たちに与えてくださった贈り物なのです。本来この人たちは、すごい能力や可能性をたくさん秘めて生まれてきたけれども、自分一人でそのことを伝えたり、発揮することが不自由です。だからもし、家族や地域のまわりの人たちが、その知的障がいという個性、特性を理解せず、ただ不幸な人と思いこんで擁護、保護してしまったら、本来持っている能力を何一つ発揮することなく寂しい人生を送ることになります。彼らが幸せになるか不幸になるかは、どれだけ理解のある両親、社会のもとに生まれるかによって決まってしまう。だから彼らへの理解と支援が必要です」
このようなお話しを聞かせていただいて、私は頭から冷や水を浴びせられたようなショックを受けました。私は障がい者の人たちを可哀そうな人たちという目で見ていたんですね。偏見を持っていた。ほんとうに申し訳なかったと心の底から思い、「そうだ、まず行動から変えよう」と決意したんです。この決意が、スペシャルオリンピクスに本気で取り組むきっかけです。


理解することが大事

中森
知的障がい者の方たちは、心ない者からだまされて犯罪に巻き込まれることも少なくないと聞きます。また障がい者が社会で生きていくための福祉が行き届いていないために、軽微な犯罪を犯し、さらには累犯してしまう人が多いとも聞きます。にもかかわらず、障がい者に対する社会や人々の無理解や偏見はいまだに信じられないくらい大きいものがあります。そんな現状が続くなか活動するのは、ほんとうに大変でしょうね。

細川
だからこそ、やらなければならないんです。「そうなんだ」と気がついたら行動する――これが肝心なことではないでしょうか。そのことに年齢など関係ありません。スペシャルオリンピクスは、もう私が第一線でやらなくとも活動が続くようになってきましたので、いま応援しているのが、「ぷれジョブ」という活動です。

中森
ぷれジョブ? 働く前とか試しに働くという意味ですか。

細川
これは、知的障がい者の自立や社会参加を促すとともに、障がい者への理解を地域に深めていこうという取り組みです。障がいのある小学生から高校生までの子どもが対象で、1週間に1時間だけ、放課後に自分の住んでいる地域でお仕事体験をするんです。個人商店でも工場でもコンビニ、スーパーどこでもいいんです。後々の雇用につながるものではありません。
障がいのある子どもにボランティアのサポーターがついて、1時間だけお仕事体験をするんですね。職場の人も子どもも緊張していますが、2カ月もたてばみんな笑顔になっています。素敵でしょ。子どもたちも楽しくてしかたがないんです。だって「上手だね」「助かったよ」って褒められるから、ものすごく喜ぶんです。ぷれジョブに参加した子どもの多くは、お母さんのお手伝いだってするようになります。なぜかというと、褒められるのがうれしいから。だから、どんどんお手伝いをするようになる。
知的障がい者のほとんどは、学校の先生と家族としか話したことがないんですね。これが現実です。だから家に閉じこもってゲームをしたりテレビを見たりすること以外、やることがない。このような現状では、卒業後、すぐに就労や自立は無理です。けれども、ぷれジョブに参加するようになると社会に出て、地域の人たちとあいさつしたり、ふれ会ったりするようになります。ありのままが認められ、それが自信になっていくんですね。また、地域の人たちが彼らの良き理解者に変わっていく。

中森
お話しを聞かせていただいているだけで、子どもたちの笑顔が浮かんできて、心がワクワクしてきます。ぷれジョブの活動は、広がりを見せているんですか。

細川
2003年に岡山県の倉敷の支援学校の先生が始め、いまは21の都道府県に広がってきました。もっともっとたくさんの地域、に活動を浸透させたいです。

中森
すばらしい成果で、これからが楽しみですね。私も応援したい。ところで、だんな様(細川護熙氏)との有名な出会いについてご披露してください。

細川
大学のゴルフ部の2年先輩で、学生のときにプロポーズされたの。タイプじゃないから断ったのに、社会人になってからも、ときどき手紙が来て。私は返事も書いたことがないんですけれど(笑)。それで私がヨーロッパ駐在員をしていたころ、仕事でローマに行ったら偶然、街中で彼と会ったんです。彼は初めての衆議院選挙に落選して、勉強のために海外を回っていたらしいんですね。そうしたら彼、「いまの自分に一番必要なのが、君の元気と明るさだ」なんてまたプロポーズしてきたんです。私、なんだか可哀そうになっちゃって。ローマでバッタリというのも運命かなと思って、まあボランティアのつもりでね(笑)。

中森
このエピソードに、いちばん細川さんらしさが出ているかも(笑)。これからも障がい者の方々のために、細川さんたちが取り組まれている活動がさらに広がっていくことを心からお祈りいたします。本日はお忙しい中、お話しできて、とっても楽しかった。どうもありがとうございました。


この記事を誰かに伝えたいですか?