生きる力の源泉

生きるために必要な力とはなんでしょうか。その力はどこからわいてくるのでしょうか。 このコーナーでは、算命学カウンセラーの中森じゅあんさんがコーディネーター役になり、各界で活躍されている方々をゲストに迎えて、私たちが「本来的に生きる意味」を再確認し、「どう生きるか」をあらためて考えていきます。

検索


生きる力の源泉

中森じゅあん×小林研一郎 対談【後編】 楽譜の行間に広がる宇宙をとらえたい

  • 苦悩
  • 歓喜
  • 感謝
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 仕事
  • 人権



第4回は、「コバケン」の愛称で親しまれ、国内外で活躍している指揮者の小林研一郎さんがゲストです。

プロフィル
小林研一郎(こばやし・けんいちろう)
東京芸術大学作曲科及び指揮科の両科を卒業。1974年第1回ブダペスト国際指揮者コンクール第1位、特別賞を受賞。「プラハの春」「ルツェルン・フェスティヴァル」など多くの音楽祭に出演するほか、ヨーロッパの一流オーケストラを多数指揮。ハンガリー政府よりリスト記念勲章、ハンガリー文化勲章を受章。1994年には、"星付中十字勲章"という民間人としては最高の勲章を授与された。2011年、文化庁長官表彰を受ける。現在、東京文化会館音楽監督、東京芸術大学名誉教授、東京音楽大学名誉教授、リスト音楽院名誉教授、ハンガリー文化大使ほか。著書に『小林研一郎とオーケストラへ行こう』(旬報社まんぼうシリーズ)。

中森じゅあん(なかもり・じゅあん)
日本算命学協会代表。バイオシンセシス・ボディサイコ・セラピスト。「灯(とう)の会(え)」主宰。ワークショップ、セミナー、個人セッション、講演、エッセイやメッセージの執筆など、多岐にわたる分野で活躍。幅広い女性層から支持を得ている。著書に『中森じゅあんの算命学入門』(三笠書房)、イギリス、アメリカ、中国でも翻訳された『天使のメッセージ』シリーズ(大和出版)は世界で愛読されている。『天使の愛』(中公文庫)など多数。



最高の更に上をめざす

中森
ガリ版印刷で五線紙を刷ってくださるお母さま。そして五線紙を破くお父さま。ドラマのような素晴らしいご両親です(笑)。

小林
いろんな意味でいい両親に恵まれました。いまも体が丈夫でいられるのも両親のおかげ。ぼくが選んだ両親ではありませんが。

中森
いや、小林さんが選んだのですよ。ご両親も小林さんを選んだ。親子とは、みなそういう関係だと思うんです。親と子はお互いの関係から学び合い、人間性を高め合っていくんじゃないでしょうか。
小林さんのお父さまは、音楽家の道は断念されたけれども、やはり音楽をものすごく純粋に愛していらした。お母さまの愛情もまた深かった。そんなまじめなご両親だったからこそ、小林さんの才能に磨きがかかったんじゃないでしょうか。「すごい、うちの息子は天才だ」って有頂天にならず、じっくり育てられた。

小林
そうですね、その点は助かりました。ちやほやされて舞い上がり、才能を伸ばせない人はたくさんいますから。

中森
幼少期に、ご両親の愛情をしっかり受けると、他人に優しい言葉をかけられる人になるんだそうですね。大人になっても。私は、「コバケンとその仲間たちオーケストラ」の活動を追ったドキュメンタリー映画『天心の譜』のなかで、随所に小林さんの人に対する優しさを感じました。
メンバーのなかの、盲導犬を連れてきた目の不自由な女性に指導をしている小林さんのユーモアを交えたしゃべり方というか。

小林
トロンボーンの人ですね。

中森
はい。「音楽は心が現れるんですよ」っておっしゃっていて。だから日ごろから、優しい気持ちでいることが大事だなと思いました。そして印象的だったのは、彼女にこうおっしゃったの。「ほんとうにすばらしい。もうこれ以上できないくらい最高だけれど、もっと上をめざしましょう」って。そしてそのあとに「もっと上をめざすとね、そこにパラダイスを感じられるよ」って。
小林さんは障がい者とか、そうじゃないとか、まったく分け隔てがないんですね。人に対する先入観がないっていうか。それはやはり、人間に対する愛情が深いからなんだと思います。映画のなかでも、障がいのある人に、ていねいに根気強く指導されているシーンがありました。

小林
ぼくは夢中になっちゃうんです。障がいのある人も、そうじゃない人も、みんなで同じ時間と空間を共有しながら楽しみたい。それだけなんです。そしてそのことが、だれもが共生していける社会を実現する一助になればと考えています。


スペシャルオリンピクスの応援

中森
そもそも、小林さんが障がい者の人たちを含む「コバケンとその仲間たちオーケストラ」を作ったきっかけはなんですか。

小林
そもそもはですね、ハンガリーのブダペストで、初めて国際コンクールで優勝したんです。すると、けっこう指揮の仕事がいただけるようになりまして。そして気がついたのは、車椅子の方はホールに入れず、ロビーのドアをちょっとだけ開けて聴いていらっしゃるんです。そして、コンサートが終わると、車いすの方が寒い冬でもぼくが会場の外に出てくるのを待っていて握手してくださるんです。ドナウ川がすぐそばですから、とても寒い。ロビーだって寒いんです。


中森
ヨーロッパでは、車いすでコンサートに来られる方は多いんですか。

小林
聴きたくても、そういう状況でしたから、何回か来ても諦めてしまう人がほとんどらしいです。もうずいぶん昔ですから、障がい者に対する偏見とかがまだあった時代です。ぼくは、何とかしてホールの中で聴いてもらえる方法はないかと考えました。
そうした思いが心の中で大きくなりつつあったころ、2005年に長野でスペシャルオリンピクスが開かれたんです。知的障がい者の方たちが参加するオリンピックです。参加するアスリートを応援するコンサートを企画したい、これが、「コバケンとその仲間たちオーケストラ」の始まりです。

中森
「コバケンとその仲間たちオーケストラ」は結成以来、日本各地を回って、草の根の活動というのかしら、ふだんオーケストラの演奏をあまり聴く機会のない人たちにも身近に感じられるよう演奏されるなど、すばらしい活動をされていますね。


小林
40回以上コンサートをしています。東日本大震災の被災地にも行きました。北海道はまだ行っていないので行きたいですね。


ベートーベンと至福の時間

中森
それとは別に、毎年暮れにベートーベンの協奏曲を第一番から第九番まで一晩で演奏するコンサートを開かれていますね。

小林
ええ、昨年で4回目になりました。全部終わるまで12時間かかります。午後1時に始まって、途中休憩を何度か入れながら、終わるのが12時ごろ。除夜の鐘が鳴っています。

中森
素人には、ちょっと想像がつきませんけれど、かなり体力的にも精神的にも大変ではないですか。

小林
妻は心配してくれますが、ぼくがやりたいんですよ。やっていると至福の時間がくるんです。ベートーベンが降りてくるというか。

中森
降りてくるって、どういう感じなんですか。言葉で表現するのは難しいでしょうけれど。

小林
難しいですねぇ。指揮棒を振っていると、ベートーベンはこの曲のここを、こういう気持ちで書いていたんだろうな、このフレーズはこう言うまばゆいものだったのか、とか感じるんですね。でも、その感覚はすぐに水平線の彼方に行ってしまうんです。毎回、感じるところは違います。たとえ同じところであっても、感じる内容が違う。でも、一瞬でもそういう感覚に遭遇できるのがいいなと。やはり、偉大な作曲家たちが書いた楽譜の行間には果てしなく広がる宇宙があって、われわれの手の届かないところにある。でも、それをそのまま放っておくわけにはいかない。行間の宇宙というものを、どうやってとらえることができるかと感じていく。しかし指揮者一人ではなにもできません。だからオーケストラという、超才能のある集団の人たちに対する尊敬と愛情と、さまざまなものがぼくの体からごく自然にほとばしって、みんながぼくに対してなんの違和感もなく受け入れてくれて「行くぞ」と思った瞬間に、行間の宇宙はちょっと近くに来るかもしれない。それをその時に体験できる瞬間があるんですね。

中森
すごいお話ですね。ベートーベンと気持ちが一つになる瞬間、そしてオーケストラの方々と一つになる時間。それを感じられるっていうことが、きっと小林さんの独特の個性なんですね。そのすべての一体感が聴いている私たちに伝わるから聴衆が感動し、また聴きに行きたいと思わせるんじゃないでしょうか。

小林
そう言っていただけると光栄ですね。たとえば、音楽がふつうに進んでいくんじゃなくて、「フィンランドの凍てつくような湖が、ちょとだけ風に吹かれて水面がすぅっと動くような音にして」とぼくがオーケストラの人に言ったとしますね。するとみんなは、それなりに表現します。お互いにその表現をつくるために炎のぶつかりあいのようなものがあって音楽になる。その音が聞いている方々に伝わるといいですね。


小林さんが中森さんに、自身のサインとともにベートーベンの交響曲「田園」の一節を書いてプレゼント

中森
なるほど、それが小林さんが「炎のマエストロ」と言われるゆえんすね。

小林
「コバケンとやっていて楽しいのは、昨日と同じことをやらないからだ」って言ってくれるオーケストラの人たちがいます。突然、違うことをやられるから、いつも緊張の中にいるということでしょうか。曲の一か所が違えばそのあとも絶対的に違ってきますからね。いつも違う。この瞬間も。


中森
そういうふれあい、ぶつかりあいができるのは、オーケストラの方々に愛されていらっしゃるからでしょうね。小林さんもみんなを愛していらっしゃるし、何よりも情熱がすごい。
私は、年齢や職業に関係なく、だれもが好きなこと、情熱を傾けられるものを持つことはとても大切なことだと思うんです。なぜなら、それに向けて真剣に考え、努力できるじゃないですか。そうしたことの積み重ねが、人生を豊かにしていく気がいたします。そういう意味で、小林さんの指揮はかき立てられるというか、火をつけるようなものがあります。
きょうは、すばらしいお話しを聞かせていただき、ありがとうございました。


この記事を誰かに伝えたいですか?