生きる力の源泉

生きるために必要な力とはなんでしょうか。その力はどこからわいてくるのでしょうか。 このコーナーでは、算命学カウンセラーの中森じゅあんさんがコーディネーター役になり、各界で活躍されている方々をゲストに迎えて、私たちが「本来的に生きる意味」を再確認し、「どう生きるか」をあらためて考えていきます。

検索


生きる力の源泉

中森じゅあん×石井幹子 対談【後編】 心に響く明かりを灯したい。逆境をチャンスに変えて

  • 不安
  • 内省
  • 変化
  • 感動
  • 上司部下
  • いじめ
  • 仕事
  • 災害



第3回は、東京タワーや姫路城など、数多くのライトアップを手がけ、国内外で活躍する日本の照明デザイナーの第一人者、石井幹子さんがゲストです。

プロフィル
石井幹子(いしい・もとこ)
東京芸術大学卒業。フィンランド、ドイツで照明デザインを学ぶ。1968年に帰国後、石井幹子デザイン事務所を設立。東京タワー、東京湾レインボーブリッジ、姫路城、白川郷合掌集落、善光寺、浅草寺をはじめとした国内外の建造物や、さまざまな光イベントの照明デザイン、ライトアップを手がける。国内外で多くの賞を受賞。2000年に紫綬褒章受章。著書に『LOVE THE LIGHT, LOVE THE LIFE 時空を超える光を創る』(東京新聞)、『光が照らす未来-照明デザインの仕事』(岩波書店)など多数。

中森じゅあん(なかもり・じゅあん)
日本算命学協会代表。バイオシンセシス・ボディサイコ・セラピスト。「灯(とう)の会(え)」主宰。ワークショップ、セミナー、個人セッション、講演、エッセイやメッセージの執筆など、多岐にわたる分野で活躍。幅広い女性層から支持を得ている。著書に『中森じゅあんの算命学入門』(三笠書房)、イギリス、アメリカ、中国でも翻訳された『天使のメッセージ』シリーズ(大和出版)は世界で愛読されている。『天使の愛』(中公文庫)など多数。



山あり谷あり

石井
最近、『逆境の変換力』という本を出版させていただいたんですが、私はほんとうに幾度も逆境に見舞われてきました。
先ほども申し上げたように、ドイツから帰国したばかりのころは仕事がありませんでした。建築家の方に紹介していただくようになって、少しずつお仕事が増えていきました。どんなお仕事も夢中で取り組みました。ちょうど建設業界は70年に開催される大阪万博の準備で大忙し。万博では、何か新しいことをやりたいという機運が高まって、なんと私にも声がかかったんです。幸運にも六つのプロジェクトに参加させていただきました。
万博のおかげで、その後、有名建築家さんからどんどんお仕事がいただけるようになりました。立派なホテルや大使館など、大きなお仕事が増えて、スタッフを雇えるようになり、「さあ、これからもっといい仕事をしよう」と意気込んでいたところ、日本を石油ショックが襲ったのです。
いちばん打撃を受けたのは電気業界周辺です。まず第一に節電が叫ばれました。銀座からネオンが消え、高速道路も間引き照明となりました。そんな状況が続き、私も仕事がまったくありません。事務所をたたもうか、どうしようかと途方に暮れているときに、アメリカから電報が届いたんです。見るとアメリカの著名な建築家の方からです。「日本の建築雑誌で作品を見た。大きな仕事があるけれど、あなたにやってもらいたい。10日以内にアメリカに来てほしい」っていうんです。
そのアメリカの建築家さんからいただいたお仕事を契機に、以後、海外でたくさんのお仕事をさせていただきました。

中森
どこかに見ている人っているんですね。やっぱり、一つのことを一生懸命にやると、そこにネットワークというか、不思議なご縁が生まれて、次の仕事につながっていくんでしょうね。だから、たとえ小さなことでも後回しにしたり、おろそかにしてはいけませんね。

石井
ほんとうにそうですね。一つ一つ丁寧にお仕事をして、信用していただけるようになると、お仕事は増えていきますし、思いもよらないところからお声をかけていただくチャンスも生まれてくると思います。
おかげさまで、日本でも先にお話しした沖縄海洋博をはじめ、横浜市の歴史的建造物を照らす横浜ライトアップ・フェスティバルなどでお仕事をいただき、多少、名前を覚えていただけたようです。
私は、光ってものすごく強いメディアだと思っているんです。光でいろいろなことを伝えたいという思いがあって、パリのセーヌ川に架かる25の橋を照らしたり、ローマで日本の国旗をイメージして染め上げるなんていうこともいたしました。去年は、日独交流150年を記念したイベントで、ベルリンのランドマークであるブランデンブルク門を「平和と光のメッセージ」と題して照らさせていただきました。

中森
前にもお話ししたけれど、算命学でみると幹子さんは「鉄」の女性なんですね。逆境が来ようと、何があろうと打たれるほどに強くなる(笑)。だからどんどん大きな仕事が来るようになるのね。


光が持つ力

石井
じゅあんさんからそのお話しをうかがったのは、15年ぐらい前だったかしら。私は極めて弱い存在だと思っていたんですよ。高校生のころは本当に病弱でしたし。でも、じゅあんさんから鉄の女と言われたことで、自分を発見したような気もしたんです。

中森
誰もやったことがないことを、自分の力で切り拓(ひら)いていく人って、算命学でいう「鉄」の人が多いんです。
最近は省エネが大きなテーマになっていますけれど、去年の冬に東京のよみうりランドで幹子さんが行ったジュエルミネーションには驚かされました。あれだけ広い敷地を光で飾ったら、いくらLED電球を使用しているといっても、大量の電力が必異になるんだろうなと思っていたら、ものすごく省エネなんだそうですね。

石井
ご覧になっていただいて、ありがとうございました。この冬も、ジュエルミネ―ションを開催します。
昨シーズンよりも150万球と規模も大きく、プールまわりにも光を入れたりして、宝石を散りばめたように、さまざまな色の光で、よみうりランドを埋め尽くします。使う電飾は昨シーズンより多いのですが、マイナス20パーセント以上の節電になっています。
多くの方が、照明って電気代がかかるものと思っていらっしゃるかもしれませんが、いまものすごく照明は進化しているんですね。
ところで、じゅあんさんにとって、光とはなんですか。

中森
じつは私、意識とか魂というのは目には見えないけれども、光じゃないかって思っているんです。物質世界では、光のあるところには影があるように見えますが、そういう世界を超えると、光だけしかないんじゃないかなと。ちょっと抽象的な表現になりますけれど、現代の人たちの多くは、自分の中の影の部分をわざわざ探して見ているような気がします。影とは不安とか恐れのことです。悩みと言ってもいいでしょう。でも悩みって、いつも変わらずそこに存在し続けるものではありません。悩みは妄想が生み出したものであって、じつは悩みではないことのほうが多いんです。
みんな光の存在ですから、自分や他人のいいところ、つまり光っている部分をイメージするだけで、内なる光が強くなって、影なんて消えてしまうと思うんですね。私たちが内側から光を輝かせば、心が喜び、希望がわいてくるはずです。
幹子さんは現象世界で、光を使って私たちに希望を与えているんです。光って理屈のないもので、小さな明かりでも、私たちを幸せな気分にしてくれます。

石井
ほめていただいて、ありがとうございます。私はできるだけ多くの人の心に響く明りを作りたいと思っているんです。それはただパーンと明るくすることではありません。ちょっと控えめに、対話できるような明かりを私は意識しているんです。ふわーという柔らかい光に包まれると、対話ができる、心に響いて受け入れられる光になるんじゃないかと思うんです。
明かりというのは、心の安らぎになるんですね。
昔は家にあるお仏壇がその役割を担っていたんじゃないか、なんて思うんです。柔らかいお燈明の光が灯ったお仏壇の前に座ると、心が穏やかになりましたよね。
いま私は、単身で暮らしている人が仕事で疲れて家に帰ってきても、心がほっと安らぐような明かりが灯る小さな器具をデザインしているところなんです。お仏壇がわりではありませんけれど(笑)。


中森
光って、ほんとうに美しいものです。だから世の中の影の部分を見るだけではなくて、光の部分も積極的に見ていくことが大事ですよね。外側の光を見たら、次は内なる光を意識して見ていく。他の人の光も見ていく。その意識、行いが光なのかもしれません。
今日は幹子さんの光に対する思いを聞かせていただきました。どうもありがとうございました。

〈お知らせ〉
石井幹子さんがプロデュースする、よみうりランド「ジュエルミネ―ション」が、2012年11月3日~2013年2月17日まで開催されています。詳しくは、よみうりランドのホームページをご覧下さい。

ホームページはこちら >>


石井幹子さん近著『逆境の変換力』(KKベストセラーズ)


この記事を誰かに伝えたいですか?