生きる力の源泉

生きるために必要な力とはなんでしょうか。その力はどこからわいてくるのでしょうか。 このコーナーでは、算命学カウンセラーの中森じゅあんさんがコーディネーター役になり、各界で活躍されている方々をゲストに迎えて、私たちが「本来的に生きる意味」を再確認し、「どう生きるか」をあらためて考えていきます。

検索


生きる力の源泉

中森じゅあん×有田秀穂 対談【前編】 だれにもできる脳改革。脳が変われば、心も体も元気!

  • 変化
  • 仕事
  • 病気・障害
  • 健康
  • 宗教



第二回は、東邦大学医学部教授で、坐禅(呼吸法)と脳内セロトニン神経の関係を研究している有田秀穂さんがゲストです。(撮影協力/セロトニン道場)

プロフィル

有田秀穂(ありた・ひでほ)
東邦大学医学部統合生理学教授。東京大学医学部卒。東海大学医学部内科で臨床に、筑波大学基礎医学系で脳神経の基礎研究に従事した後、ニューヨーク州立大学に留学。脳内セロトニン研究の第一人者で、セロトニン道場の代表も務める。雑誌、テレビでも活躍。著書に『瞑想脳を拓く』(佼成出版社、井上ウィマラ氏との共著)、『ストレス すっきり!!脳活習慣』(徳間書店)、『仏教と脳科学』(サンガ新書、スマナサーラ氏との対談)など多数。

中森じゅあん(なかもり・じゅあん)
日本算命学協会代表。バイオシンセシス・ボディサイコ・セラピスト。「灯(とう)の会(え)」主宰。ワークショップ、セミナー、個人セッション、講演、エッセイやメッセージの執筆など、多岐にわたる分野で活躍。幅広い女性層から支持を得ている。著書に『中森じゅあんの算命学入門』(三笠書房)、イギリス、アメリカ、中国でも翻訳された『天使のメッセージ』シリーズ(大和出版)は世界で愛読されている。『天使の愛』(中公文庫)など多数。


朝、起きてからが大事

中森
有田先生のご著書はどれも、私たちが健康を維持したり、ストレスを解消するにはどうすればよいかが明快に示されていて、たいへんわかりやすいです。先生は脳の研究を続けられるなかで、脳が心体の状態に及ぼす影響について解明されてきました。とくに心という、つかみがたく抽象的なものを科学の面でとらえるご研究には、さぞご苦労も多かったことと思われますが、じつに画期的なことだと素人ながら思います。

有田
確かに、心というものをサイエンスで研究することは、以前なら考えられないことだったでしょう。しかし、脳内活動を画像解析する技術などが急速に進歩し、20年ぐらい前から心の世界を研究対象とすることが可能になってきたんです。
たとえば、喜・怒・哀・楽という心がそれぞれの状態のときに、脳のどこが動くかが解明されてきた。私の場合は、脳内物質の研究を続けるなかで、ふと、呼吸法と脳内セロトニン神経が深くかかわっているんじゃないかという“ひらめき”があって、「坐禅の呼吸法が心身に与える効能は、脳内セロトニン神経の働きで説明できる」という仮説を立てたんです。

中森
私は一時、中国人の気功の先生から「毎朝、もしくは毎晩(どちらかを決めて)、深い呼吸を30分間やってごらん」と言われて実践したことがあるんです。30分間ゆっくりと呼吸する時間を毎日とるのは、たいへんでした。でも、4、5日続けていくと、小鳥が鳴きはじめる早朝には必ずパチッと目があくのにはビックリしました。それまでは、ぐずぐずしていたり、目がさめてもあと5分…とか言って、起きても頭や体がポーッとしていたことがありましたが、呼吸法をしていたころは、サッとすぐに体が動いて、スカッとさわやかなものでしたね。

有田
それなんですよ。たとえば、お坊さんたちは早朝起きて、坐禅したりお経をあげたりしますね。題目でも念仏でもいい。これはお勤めという行をとおした呼吸法なんです。呼吸が体に働きかけるんです。つまり、私が坐禅で理解したことは、朝、何がしか体に働きかけるものがあると、セロトニン神経というものが刺激されて、脳が変わるということです。大脳の働きが変わってしまうんですね。というか、起こり得ない脳波が出てくる(笑)。すると心も体も変わってくるんです。
セロトニン神経を活性化させるには、太陽の光、そしてリズム性の運動がたいへん重要になってきます。リズム性の運動というのは、難しくない軽い運動です。歩行や、吸ったり吐いたりという深い呼吸もリズム運動ですね。集中した咀嚼(そしゃく)でもいいんです。ガムを噛むことでもいい。そうしたリズム性のある運動を繰り返し続けていくと、セロトニンがどんどん分泌されます。セロトニン神経が活性化されると、心理テストをしても非常にネガティブな気分が改善されていくのがよくわかります。

また、私たちが寝ているときは副交感神経が働いていますが、起きると交感神経が働きだします。その働きをもう一段シフトアップしてくれるのがセロトニンなんです。
よく女性で、低体温とか低血圧、便秘症の方がいますが、それをよい方向にできるのもセロトニンの働きです。朝の目覚めがスッキリするし、「さあこれから仕事をするぞ」というのに適した体を作ってくれる。
そして何よりも、セロトニン神経を活性化することは、自分でできるから、ありがたいんです。太陽の光を浴びて、リズム性の運動を30分くらい繰り返す。簡単です。

中森
先生、太陽光は大切ですが、日焼けやシミをつくるので、とくに女性は肌への悪影響が気になり、避ける対策をしていますけれど。

有田
太陽の光は、目の網膜をとおしてセロトニン神経にかかわりますから、長時間、太陽の光を浴びなくても大丈夫です。帽子を被ったり、長袖の服でもかまいません。ただし、目から入る太陽の光がとくに肝心なので、サングラスはだめですね。


睡眠を促すメラトニン

中森
セロトニン神経を活性化させるためには、太陽光もリズム運動も朝がいいことはわかりました。でも、ライフスタイルの関係で、朝の時間がとれなかったり、夜型の人も多い現代、昼間や夕方ではいけませんでしょうか。

有田
やはり朝がいいんですね。どうしてかというと、セロトニンという脳内物資は、寝ているときはまったく分泌されないんです。朝起きだすと分泌が始まる。分泌が始まったときにリズム性の運動を加えると、車のギアが一段シフトアップするように、もっとたくさん出るようになりますから、そこがポイントなんですね。
朝エンジンをかけたけれども、いまにもエンストしそうな状態というのが「うつ」の症状や、心が不安定なときです。それをきちんとアイドリングのよい状態にしてくれるのが、活性化されたセロトニンなんですね。
そして、夕方や夜になりますと、私たちも疲労やストレスが溜まってきますよね。脳というのはほんとうに素晴らしくできていて、ストレスを解消したり、疲労をとる働きであるメラトニンという睡眠ホルモンが夕方から分泌され始めるんです。このメラトニンというのも、セロトニンが材料になっています。
夕方や夜になってからウォーキングをする方をよく見かけますね。それは運動不足の解消やダイエットが目的なんでしょうけれども、そうした軽い運動が、じつは本人は知らずとも、脳内で睡眠を促進するメラトニンを分泌する手助けをしているんです。
面白いですね、人間の脳は。朝は心と体を元気にするセロトニンを分泌し、夜になると今度はよく眠れるための睡眠薬・メラトニンをせっせと作ってくれる。要するに、体を動かすということで、脳の中に二つの物質を作り出してくれる。それも自分の心がけ次第でたくさん出てくれるわけですから、ありがたいじゃありませんか。

中森
ほんとうですね。不思議なありがたい肉体をいただいていることに、もっと感謝しなくてはいけませんね。先生、いまメラトニンというお話しをいただきましたが、入浴というのはどうなんでしょうか。私はたいてい帰宅し夕食をすませ、寝る直前に湯船に浸かるんです。ところが逆に目がさえてしまって、つい本を読んだり、仕事をし始めたりするのですが。

有田
それは、お風呂の温度に関係があるんじゃないでしょうか。眠るためには、いま言った睡眠ホルモンのメラトニンが重要です。それと、もう一つは脳の温度が肝心なんですね。脳というのは、体の深部体温が下がったときに休み始めます。ですから、熱めの温度のお風呂に入ってしまうと、体温が下がりにくくなってしまうので、眠るのに適さない状態になってしまうわけです。

メラトニンというのは、脳の温度が下がったほうがよく分泌してくれて、脳を休めてくれますから、湯上がりにきちんと体温が下がる工夫が必要でしょう。



【後編】へ続く


この記事を誰かに伝えたいですか?