インタビュー

検索


やくしんInterview

教育は平和と発展の鍵 永遠瑠マリールイズさん(NPO法人「ルワンダの教育を考える会」理事長)

「ルワンダ」と聞いて、民族対立や虐殺を思い浮かべる人は多い。なぜ、隣人同士が殺し合うような悲劇は起きたのか――。ルワンダに育ち、内戦を経験した永遠瑠マリールイズさんは、教育の欠如が問題と話す。祖国から遠く離れた日本の地で、「教育」をとおして祖国と世界の未来を考えるマリールイズさん…続きを読む

  • 苦悩
  • 変化
  • 感謝
  • 友人
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 仕事
  • 平和

やくしんInterview

人との縁が、味わいを生む 川畑裕徳さん(紬・革職人)

日本の伝統工芸や文化が世界から高い評価を受けている。織物、木工、漆器、和紙……。熟練の職人技もさることながら、脈々と受け継がれる職人魂に感動する外国人は多いという。一方、継ぎ手不足で消えゆく伝統も少なくない。 そんななか、日本の南海に浮かぶ奄美大島で、千三百年の歴史をもつ伝統工芸…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 変化
  • 歓喜
  • 感謝
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 仕事
  • エコ

やくしんInterview

なぜ、人は絵を描くのか 阿部海太さん(画家)

自費出版した絵本『みち』が話題を呼び、注目を集める画家の阿部海太さん。瑞々しくも、あたたかなタッチで描かれる幻想的な油絵は、見る者の心を惹きつける。今年5月、初の書き下ろし絵本『みずのこどもたち』を出版。作品のテーマや創作にかける思いをうかがった。 【プロフィル】 阿部海太(あべ…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 勉強・受験
  • 仕事
  • 宗教

やくしんInterview

「非属」のススメ 山田玲司さん(漫画家)

年間の自殺者数が二万人を超える日本は、紛争や内戦が続く世界から見ても、異常と言える。 どうすれば、人びとは絶望することなく、幸福な人生を送れるのだろうか。 漫画家の山田玲司さんは、百人を超える「いまを幸せに生きている人」に話を聞き、一つの答えに行き着いたという。それは、「属さない…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 変化
  • 親子
  • 出産・育児
  • 宗教

やくしんInterview

即今着手(そっこんちゃくしゅ)。今日はいい話を聞いた。よし、すぐやろう。 寺田一清さん(不尽叢書刊行会代表)

一、朝のあいさつをする子に 二、「ハイ」とはっきり返事のできる子に 三、席を立ったら必ず椅子(いす)を入れ、履物を脱いだら必ずそろえる子に──。「しつけの三原則」で、なじみ深いこの言葉は、稀代(きたい)の教育哲学者・森信三(もりしんぞう)師が提唱したものだ。森師から直接教えを受け…続きを読む

  • 変化
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 仕事
  • 病気・障害
  • 宗教

やくしんInterview

思いどおりにならない母。ワクワクしている私。 関口祐加さん(映画監督)

映画監督の関口祐加さんは、認知症の母・宏子(ひろこ)さんとの暮らしをドキュメンタリー映画として撮り続けている。その最新作『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル』の製作が大詰めを迎えている。カメラをとおして関口さんが向き合う、介護、看取り、そして自身の生き方とは―。 プロフィル 関…続きを読む

  • 変化
  • 歓喜
  • 感謝
  • 親子
  • 病気・障害
  • 老後

やくしんInterview

経典の来た道を歩いて  横松心平さん(作家)

釈尊の教えを、鳩摩羅什が漢訳した『妙法蓮華経』は、1600年の時を経て現代に受け継がれている。 『佼成』で連載された小説を1冊にまとめた『鳩摩羅什(くまらじゅう) 法華経の来た道』の発刊にあたり、著者の横松心平さんに物語に込めた思いをうかがった。 【プロフィル】 横松心平(よこま…続きを読む

  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 死
  • 宗教

やくしんInterview

答えは自分のなかに 横尾忠則さん(美術家)

美術家として、独創的な作品を世に送り出し続けている横尾忠則さん。 八十歳になったいまも、その創作意欲は衰えることがない。 アート界の第一線で活躍する横尾さんに、創作への思いや人生観などをうかがった。 【プロフィル】横尾忠則(よこお・ただのり) 1936年、兵庫県生まれ。グラフィッ…続きを読む

  • 不安
  • 内省
  • 変化
  • 感謝
  • 仕事
  • 死

いのちの響き

娘が大きな愛に目覚める原点 塩澤みどりさん(公益財団法人 いのちの森文化財団代表理事)

長野県飯綱高原にある「いのちの森」には、癒やしを求めて多くの人が訪れる。人びとは自然のなかで学びと実践をとおして本来の自分を取り戻し、新たな一歩を踏み出していく。「公益財団法人 いのちの森文化財団」代表理事の塩澤みどりさんに、財団の取り組みや、財団設立のきっかけとなった娘・早穂理…続きを読む

  • 内省
  • 苦悩
  • 変化
  • 歓喜
  • 感謝
  • 親子

いのちの響き

優しさの輪を広げたい 小河 二郎 さん(Mランド益田校 代表取締役会長)

こんなユニークな自動車教習所は、日本中どこを探しても見当たらない。益田ドライビングスクールでは、教習はもとより、挨拶や掃除など、心の教育にも力を注ぎ、わずか2週間あまりの合宿生活で、若者たちの表情はいきいきと輝いていく。その理由を伺った。 小河二郎(こがわ・じろう) 一九二三年、…続きを読む

  • 変化
  • 歓喜
  • 感謝
  • 勉強・受験
  • 仕事


1
2345678
page 1 / 8
最後>>