社会とつながる 災害 人権 環境問題 平和 宗教 政治 経済

検索


最新記事

急がず、休まず

救われの「形」

佼成会には、救われていく一つの「形(かた)」があります。剣道や柔道、華道など「道」のつくものには、「形」があります。仏道にも「形」があります。この「形」は、とても大事なこととして教えられています。私は、たまたま剣道をしておりましたが、基本的には、「形」をしっかりと身につけます。「…続きを読む

  • 変化
  • 感動
  • 友人
  • 宗教

急がず、休まず

蓮華の如く生きる

蓮の花は、泥水の中から立ち上がってきます。あまりきれいな水、真水では立ち上がってこられない、どうしても泥が必要だということです。泥とは、人生になぞらえれば、つらいこと、悲しいこと、大変なことを意味しています。そして花は、まさに人生の中で花を咲かせることであります。 皆さまもご承知…続きを読む

  • 苦悩
  • 変化
  • 信仰
  • 宗教

急がず、休まず

開祖さまの苦労

開祖さまは、新興宗教と言われるなど、いろいろな非難を浴びながらも、WCRP(世界宗教者平和会議)を立ち上げるような活躍をされました。いろいろな中傷、誹謗(ひぼう)を受けながら、教団をだんだんと仏さまの教えに近づけるために努力をされる過程で、胃潰瘍(かいよう)とか十二指腸潰瘍にもな…続きを読む

  • 苦悩
  • 宗教

急がず、休まず

念を入れて生きる

禅宗のある若いお坊さんが、お師匠さんに、世の中で特別なこと、珍しいこととはどういうことですかと尋ねたそうです。すると、お師匠さんは「独坐大雄峰(どくざだいゆうほう)」と答えたそうです。それは、今この大雄山で座っていることが特別なことだという意味であります。 これを私たちに当てはめ…続きを読む

  • 宗教

急がず、休まず

「習学」には実践が大事

とかく私たちは、教会長さんのご指導を頂かなければならない、あるいは支部長さんのご指導を頂かなければならないと考えます。一つの手段、方便によって、だんだんと個々人が人格を高めていくのですから、そうしたプロセスは大事なことに違いありません。しかし最後は、一人ひとりが自灯明になり、法灯…続きを読む

  • 信仰
  • 宗教

お役立ち記事

急がず、休まず

安楽な日々を送るには

私たちは、ある時は分かったような感じになるのですが、またしても悩みが出てくると申しますか、そういう繰り返しをしています。悟って、また迷い、苦悩し、それを繰り返していくというようなことが、往々にしてあります。 やはり私たちは、常に仏さまの教えに帰り、いま自分の心がどこに行っているか…続きを読む

  • 苦悩
  • 信仰
  • 宗教

急がず、休まず

皆、仏さまの御いのち

法華経に「三界は皆是れ我が有なり」という仏さまのお説法があります。この世界、つまり山も川も、木も草も、また私たち人間も、皆仏さまの体であるということです。ですから私たちも仏さまの御いのち、仏さまの体を頂いていると言うことができます。 たとえば、木造の仏像を見れば、一般的には木で仏…続きを読む

  • 信仰
  • 宗教

急がず、休まず

開祖さまの苦労

開祖さまは、新興宗教と言われるなど、いろいろな非難を浴びながらも、WCRP(世界宗教者平和会議)を立ち上げるような活躍をされました。いろいろな中傷、誹謗(ひぼう)を受けながら、教団をだんだんと仏さまの教えに近づけるために努力をされる過程で、胃潰瘍(かいよう)とか十二指腸潰瘍にもな…続きを読む

  • 苦悩
  • 宗教

急がず、休まず

元素の世界から見た真理

私たちの体は全部、宇宙でできた元素によって構成されています。それは、ビッグバン直後に生まれたと言われる水素原子が、長い時間をかけて変化し、私たちの体の中にもそうしたものがあるということであります。私たちの体は、宇宙のひとかけらと言えるのです。 同じ元素でできていても、そのまとまり…続きを読む

  • 死
  • 宗教

急がず、休まず

「習学」には実践が大事

とかく私たちは、教会長さんのご指導を頂かなければならない、あるいは支部長さんのご指導を頂かなければならないと考えます。一つの手段、方便によって、だんだんと個々人が人格を高めていくのですから、そうしたプロセスは大事なことに違いありません。しかし最後は、一人ひとりが自灯明になり、法灯…続きを読む

  • 信仰
  • 宗教