くらしとつながる いじめ 就職 お金 仕事 結婚 出産・育児 離婚 健康 老後 学校・勉強 恋愛 食事 エコ リストラ 病気・障害 信仰 死

検索


最新記事

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

子煩悩なママが、「お盆」の起源ですねん 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

夏本番。毎年この時期になると、全国各地で、ご先祖さまをお迎えする「お盆」の行事が行なわれます。 地域によっては七月(新暦)の所もあれば、八月(旧暦)の所もありますが、一体どんな由縁(ゆえん)で始まったのでしょうか? その昔、お釈迦さまのお弟子さんの一人に「目連(もくれん)」という…続きを読む

  • 内省
  • 苦悩
  • 親子
  • 食事
  • 仕事
  • 出産・育児
  • 信仰

やくしんInterview

即今着手(そっこんちゃくしゅ)。今日はいい話を聞いた。よし、すぐやろう。 寺田一清さん(不尽叢書刊行会代表)

一、朝のあいさつをする子に 二、「ハイ」とはっきり返事のできる子に 三、席を立ったら必ず椅子(いす)を入れ、履物を脱いだら必ずそろえる子に──。「しつけの三原則」で、なじみ深いこの言葉は、稀代(きたい)の教育哲学者・森信三(もりしんぞう)師が提唱したものだ。森師から直接教えを受け…続きを読む

  • 変化
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 仕事
  • 病気・障害
  • 宗教

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

「防災」も「坊さん」も大切な務め!? 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

先日、気心の知れたお坊さん10人ほどで会食をする機会がありました。あれやこれやと近況を報告しながら食事を楽しみ、気が付けば、話題は「うちのすごい檀家さん」になっていました。といっても大企業の社長さんや著名人ではありません。信仰に熱心でお坊さんも頭が下がるような檀家さんや、一風変わ…続きを読む

  • 感動
  • 親子
  • 夫婦
  • 仕事
  • 信仰
  • 災害

いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

今から始める介護への備え! 結城康博(社会福祉学者)

早いもので、私の連載も最終回となりました。介護現場では日々、多くの問題が生じています。社会制度全体が変革しない限り、根本的な解決にはいたらないのが現状です。その一方、環境や条件は限られていますが、私たち一人ひとりが介護に対して備えていくことが重要です。 昨年末に静岡県の介護施設で…続きを読む

  • 苦悩
  • 変化
  • 感謝
  • 親子
  • 夫婦
  • 仕事
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後
  • 死
  • 人権

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

人のアドバイスは素直に聞いてみるのが吉♪  露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

このほど、「第54回なにわ藝術祭」の落語部門の新人賞を選ぶ「新進落語家競演会」に出演させてもらいました。 当日、まずは順番決めの抽選会がありました。数字が書かれたボールをそれぞれ引いていき、「1」を引いた人から好きな出番順を選べます。出番順は「1」~「5」、中入り(休憩)、「6」…続きを読む

  • 歓喜
  • 感謝
  • 感動
  • 夫婦
  • 仕事
  • 信仰

お役立ち記事

いのちの響き

優しさの輪を広げたい 小河 二郎 さん(Mランド益田校 代表取締役会長)

こんなユニークな自動車教習所は、日本中どこを探しても見当たらない。益田ドライビングスクールでは、教習はもとより、挨拶や掃除など、心の教育にも力を注ぎ、わずか2週間あまりの合宿生活で、若者たちの表情はいきいきと輝いていく。その理由を伺った。 小河二郎(こがわ・じろう) 一九二三年、…続きを読む

  • 変化
  • 歓喜
  • 感謝
  • 勉強・受験
  • 仕事

尾木ママのだから子育てはおもしろい!

自立心を育てる「お手伝い」 尾木直樹

お手伝いよりも勉強!? 最近、子どもに家事のお手伝いをさせない家庭が増えてきているようです。いまの子どもたちは、部活に塾に習い事にと、とにかく忙しすぎて、お手伝いをする時間すらなかなかとれないというのが実状です。また、たとえ時間があっても、勉強のほうが大事だから家のことはしなくて…続きを読む

  • 変化
  • 歓喜
  • 感謝
  • 感動
  • 兄弟姉妹
  • 親子
  • 夫婦
  • 勉強・受験
  • 食事
  • 仕事
  • 出産・育児

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

「防災」も「坊さん」も大切な務め!? 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

先日、気心の知れたお坊さん10人ほどで会食をする機会がありました。あれやこれやと近況を報告しながら食事を楽しみ、気が付けば、話題は「うちのすごい檀家さん」になっていました。といっても大企業の社長さんや著名人ではありません。信仰に熱心でお坊さんも頭が下がるような檀家さんや、一風変わ…続きを読む

  • 感動
  • 親子
  • 夫婦
  • 仕事
  • 信仰
  • 災害

いのちを尊ぶ社会をめざしてIII

古くて新しい、貧困問題 川浪 剛(僧侶)

大阪の釜ヶ崎(あいりん地区)は、日本の産業構造が変わるたびに、労働力の受け皿として機能してきました。減反、炭鉱の閉山、造船不況で多くのひとが職を失います。 その一方で、オリンピックや万国博覧会という国家的イベント、あるいは新幹線や高速道路、空港などのインフラ整備に合わせて人手が必…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 友人
  • 上司部下
  • お金
  • 仕事
  • 宗教
  • 経済

いのちの響き

決めつけることなく 素直な気持ちを伝え合う 今村彩子さん(映画監督)

生まれつき耳が聞こえない今村彩子監督は、「聞こえないのだから仕方ない」と、聞こえる人とのコミュニケーションを避けていた。しかし、「このままではいけない」と、映画『スタートライン』を制作する。映画を通して今村監督が見つけたものとは─。 今村 彩子(いまむら・あやこ) 1979年、愛…続きを読む

  • 苦悩
  • 感動
  • 仕事
  • 病気・障害