くらしとつながる いじめ 就職 お金 仕事 結婚 出産・育児 離婚 健康 老後 学校・勉強 恋愛 食事 エコ リストラ 病気・障害 信仰 死

検索


最新記事

いのちを尊ぶ社会をめざしてIII

生まれ来る苦 川浪 剛(僧侶)

「世界で最も裕福な六十二人が保有する資産は、世界人口の下位半数(三十六億人)がもつ総資産に匹敵する」。そうした報告書が今年一月、貧困撲滅に取り組む国際NGO「オックスファム」から発表されました。また、「パナマ文書」が公開されて、多くの資産家たちが租税回避地を利用した課税逃れをして…続きを読む

  • 苦悩
  • 就職
  • お金
  • 勉強・受験
  • 仕事
  • 政治
  • 経済

いのちを尊ぶ社会をめざしてIII

途切れることのないお焼香 川浪 剛(僧侶)

民法の八九七条は、故人を祀る権利「祭祀権」を定めています。じつはお葬式の際、大の親友だからという理由で喪主になることは、原則としてできません。もしも大親友の喪主を務めるなら、まず親族の方に祭祀権を放棄してもらわなければならないのです。ですから私も、釜ヶ崎(あいりん地区)で身寄りの…続きを読む

  • 内省
  • 苦悩
  • お金
  • 死

いのちを尊ぶ社会をめざしてIII

路上からの祈り 川浪 剛(僧侶)

今回は「路上生活」について少し触れてみたいと思います。私はある時期、大阪の通天閣の見える路上で暮らしたことがあります。そこで実感したのは、行政が法律に基づいて行なう「支援」というものの性格が、申請主義であるということです。原則として、こちらが役所の窓口に足を運んで申し込まない限り…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 就職
  • お金
  • 仕事
  • 死

いのちを尊ぶ社会をめざしてIII

古くて新しい、貧困問題 川浪 剛(僧侶)

大阪の釜ヶ崎(あいりん地区)は、日本の産業構造が変わるたびに、労働力の受け皿として機能してきました。減反、炭鉱の閉山、造船不況で多くのひとが職を失います。 その一方で、オリンピックや万国博覧会という国家的イベント、あるいは新幹線や高速道路、空港などのインフラ整備に合わせて人手が必…続きを読む

  • 葛藤
  • 友人
  • お金
  • 仕事

いのちを尊ぶ社会をめざしてIII

出家者とホームレス 川浪 剛(僧侶)

はじめまして。浄土真宗の僧侶の川浪剛と申します。大阪で、さまざまな宗教者たちと、困難な状況にあるひとびととの縁をつないでいく活動をしてきました。そこから見えてきた、主に貧困と「死」にまつわる問題についてお話ししていきたいと思います。 さて、仏教の開祖、ゴータマ・シッダッタが王子と…続きを読む

  • 不安
  • お金
  • 老後
  • 人権

お役立ち記事

いのちの響き

「俺、生きてていいんっすよね」と言った君の笑顔に会いたい 大沼えり子さん(認定NPO法人ロージーベル理事長)

少年院の仮退院が決定しても、引き受け手がない少年は少年院を出ることが出来ない。そんな少年たちを受け入れ、更生に向けた生活支援をする少年の家「ロージーハウス」(宮城県)を運営している大沼さんに思いを伺った。 大沼えり子(おおぬま・えりこ) 宮城県生まれ。作家。保護司。認定NPO法人…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 変化
  • 歓喜
  • 感謝
  • 感動
  • 親子
  • 就職
  • お金
  • 勉強・受験
  • 仕事
  • 災害

いのちを尊ぶ社会をめざしてIII

いま求められる支援とは 赤石千衣子(NPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」理事長)

これまで、ひとり親家庭の現状や、民間団体による支援についてお伝えしてきました。そこからうかがえるのは、ひとり親家庭の貧困が見過ごせないレベルにまで深刻化しているということです。では、この状況を改善するために、いま何が求められているのでしょうか。 ひとり親がここまで追い詰められてし…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 親子
  • お金
  • 仕事
  • 出産・育児
  • 人権
  • 政治

いのちを尊ぶ社会をめざしてIII

なぜ助けるのか─宗教者は応答に生きる 奥田知志(牧師)

「なぜ、人を助けるのですか」。私は時折、そうした質問を受けます。そしてこの質問自体が、今日の社会が持つ価値観を現わしているように思います。 それは「自己責任論」です。すなわち困窮状態に陥った原因も、その状態から抜けられないのも、すべて本人の努力不足の結果であり自業自得だ、とする風…続きを読む

  • 葛藤
  • 歓喜
  • 感謝
  • 感動
  • 就職
  • お金
  • 仕事
  • リストラ
  • 信仰
  • 人権
  • 宗教
  • 平和
  • 経済

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

高齢者向け住宅に入居した祖母から、意外な気遣い!? 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

先日、八十一歳になる母方の祖母が、私の家の近所にある「サービス付き高齢者向け住宅」(以下・サ高住)なるものに入居しました。 事の発端は昨年末。八十歳を過ぎてもなお働くことに生きがいを感じ、毎日朝に晩にお題目をしっかり唱え、地元の玩具販売店で働き続けてきた祖母ですが、昨年末、仕事帰…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 変化
  • 感謝
  • 親子
  • 夫婦
  • お金
  • 病気・障害
  • 信仰
  • 老後
  • 宗教

いのちを尊ぶ社会をめざしてIII

古くて新しい、貧困問題 川浪 剛(僧侶)

大阪の釜ヶ崎(あいりん地区)は、日本の産業構造が変わるたびに、労働力の受け皿として機能してきました。減反、炭鉱の閉山、造船不況で多くのひとが職を失います。 その一方で、オリンピックや万国博覧会という国家的イベント、あるいは新幹線や高速道路、空港などのインフラ整備に合わせて人手が必…続きを読む

  • 葛藤
  • 友人
  • お金
  • 仕事