くらしとつながる いじめ 就職 お金 仕事 結婚 出産・育児 離婚 健康 老後 学校・勉強 恋愛 食事 エコ リストラ 病気・障害 信仰 死

検索


最新記事

急がず、休まず

先入観を持たない

生命、いのちとは何かとよく問われますが、これはいくら考えても、観念では分からないものです。例えば、目の前に一茎の草花があるとします。その草花を見て、生命をそこに感じる。それしかできないということであります。 仏教とは、どのように物事を解釈していくかということです。私たちはつい先入…続きを読む

  • 信仰
  • 宗教

【介助の心得】手を差し伸べられるあなたに

他者を思う心が社会を変える 山本佳代子(介助専門士)

皆さんは電車によく乗りますか? 最近、駅のバリアフリー化が進み、エレベーターの設置が増えました。以前は、バリアフリー法で「1日の利用者数が5000人以上で設置する」となっていましたが、いまは「3000人以上で設置する」に変わりました。現在、5000人以上の駅ではエレベーターの設置…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 変化
  • 病気・障害
  • 健康
  • 人権

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

「妙見さん」が結んでくれた開運のご縁 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

日蓮宗寺院で祀(まつ)られることの多い妙見大菩薩(みょうけんだいぼさつ)。何を隠そう、私も「妙見さん」の大ファンなのです。 妙見さんとの出会いは18歳の頃。当時、落語家の修業のため兵庫県西宮市に住んでいた私は、毎日利用する阪急西宮(にしのみや)北口駅に貼られている一枚のポスターを…続きを読む


いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

いま、在宅介護で起きていること 結城康博(社会福祉学者)

昨年の3月1日、鉄道事故での損害賠償を争う訴訟で、最高裁は認知症の高齢者を在宅介護していた家族に監督義務責任はないとして、鉄道会社が訴えた損害賠償請求を棄却しました。これは2007年に愛知県で認知症を患(わずら)う高齢者が線路に立ち入り、列車にはねられて亡くなった事故に伴って生じ…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 親子
  • 夫婦
  • お金
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後
  • 死
  • 人権

急がず、休まず

生あれば死あり

日本の先師、先哲と言われる方々の教えの中に、「生を明(あき)らめ死を明らむるは仏家一大事の因縁なり」という有名な言葉があります。「生まれる」ということを明らかにする。「死」ということを明らかにする。「仏家」とは、仏教家でしょうか。もう少し砕いて言えば、私たちのように仏さまの教えに…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 信仰
  • 死

お役立ち記事

急がず、休まず

死は決して不幸ではない

お釈迦さまは、生老病死ということで、生まれること、年老いること、病気になること、そして死ぬこと、これは逃れることができない、自由にならない、思い通りにならない、この世に生まれてきたものは、みんな宿命として背負うのだと教えてくださっています。 死ということも、全ての人に、公平で平等…続きを読む

  • 不安
  • 信仰
  • 死

尾木ママのだから子育てはおもしろい!

“仲良し親子”にご注意を 尾木直樹

「親ラブ族」が急増!? 最近、思春期にも関わらず反抗期がなく、親と友だちのように接する子どもが増えています。「パパ大好き!」と言って、父親と腕を組んで街中を歩く女子高校生。どんな悩みでも恥ずかしがらずに母親に相談する男子高校生。二人で買い物や旅行に出かけたりするのは当たり前で、母…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 変化
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 恋愛
  • 出産・育児

急がず、休まず

人間最高の生き方

スッタニパータの中に、こう説かれています。 『人間の最高の富は何か。何を行ずることが安らぎとなるか。味わいの中で、何が一番おいしいか。どのように生きることが最高の生き方か』という疑問に対して、お釈迦さまは、『信が人間の最高の富である。ダンマ(法)が行ぜられることが安らぎとなる。真…続きを読む

  • 信仰
  • 宗教

【介助の心得】手を差し伸べられるあなたに

他者を思う心が社会を変える 山本佳代子(介助専門士)

皆さんは電車によく乗りますか? 最近、駅のバリアフリー化が進み、エレベーターの設置が増えました。以前は、バリアフリー法で「1日の利用者数が5000人以上で設置する」となっていましたが、いまは「3000人以上で設置する」に変わりました。現在、5000人以上の駅ではエレベーターの設置…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 変化
  • 病気・障害
  • 健康
  • 人権

急がず、休まず

向上には敬う心が不可欠

仏性を開顕する、人格を完成する、そのもとになるのは「敬う」という心です。 「敬う」とは、「謙虚」と同じように、自分を空しくして、相手の全てを受け入れ、吸収しようとする態度であります。ですから、真に徹底した「敬い」は、私たちのいのちの最も強い働きであり、誰でも持っているものです。 …続きを読む

  • 感謝
  • 信仰