こころとつながる 不安 内省 葛藤 苦悩 変化 歓喜 感謝 感動

検索


最新記事

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

托鉢へ行ってきましてん♪  露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

先日、「天台宗全国一斉托鉢」に参加させていただきました。これは毎年12月1日に行なわれるもので、全国から集まった浄財は「NHK歳末たすけあい」などに寄託されます。 この日、初参加の私は、朝から比叡山の麓、坂本へ! 托鉢の装束に着替え、京阪坂本駅に立ちました。ところが、5分たっても…続きを読む

  • 不安
  • 歓喜
  • 感謝
  • 感動
  • お金
  • 信仰
  • 宗教

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

やっぱり尼さんになる運命でしてん 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

先日、佼成会の大阪教会さんで仏教落語と講演をさせていただきました。うなずきながら、前のめりの姿勢で私の噺を聞いてくださる大勢の皆さま。おそらく初めてお会いする方がたばかりなのに、法華経に生きる仲間と「再会」できたような気がして、嬉しくなりました。天台宗の僧侶にならせていただいて、…続きを読む

  • 変化
  • 感謝
  • 感動
  • 仕事
  • 信仰
  • 宗教

急がず、休まず

いのちを頂いたのは人格を磨くため

私たちが、この世に人間としてのいのちを頂いた意味は、人格を磨く、心を磨く、この一点がとても大事なことのように思います。仏道を歩んでいる私たち佼成会の会員は、会員綱領にもありますように、菩薩行に挺身することが大切です。それは、仏さまのみ教えを人さまにもお伝えすることにつながるわけで…続きを読む

  • 感謝
  • 感動
  • 信仰

急がず、休まず

幸せの感受性

全てを受け入れることを実践できる人たちは、目の前にある幸せを認識する能力が身についていると言うことができます。事故あるいは災難、トラブルなど、一般的には、つらいこと、悲しいことでさえも、「このことのお陰で成長することができて大変有り難い」と、起きた出来事を全て受け入れ、感謝してい…続きを読む

  • 感謝
  • 感動
  • 信仰

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

その菩薩の掌にあったものは……? 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

先日、兵庫県多可郡の「加美」という町で「菩薩」に出会いました。菩薩は悟りを開く修行の段階にある仏さまですが、「カミ」で「仏」に出会うとはこれいかに!  その日、私は太神楽曲芸師である夫の豊来家大治朗と共に、加美仏教会の講演会に招かれていました。一泊二日の行程で、初日の夜に一座、翌…続きを読む

  • 歓喜
  • 感動
  • 夫婦
  • 仕事
  • 宗教

お役立ち記事

急がず、休まず

希望があるからできること

朝起きて、顔を洗って歯を磨く。このこと一つを取ってみましても、落ち込んだり生きがいを失ったりしているときには、できないことがあります。ですから、これは何でもない当たり前のことでありますけれども、生きていることに対して、ある種の希望を持っているからこそできるのだと思います。お互いに…続きを読む

  • 歓喜
  • 感動
  • 健康

尾木ママのだから子育てはおもしろい!

自立心を育てる「お手伝い」 尾木直樹

お手伝いよりも勉強!? 最近、子どもに家事のお手伝いをさせない家庭が増えてきているようです。いまの子どもたちは、部活に塾に習い事にと、とにかく忙しすぎて、お手伝いをする時間すらなかなかとれないというのが実状です。また、たとえ時間があっても、勉強のほうが大事だから家のことはしなくて…続きを読む

  • 変化
  • 歓喜
  • 感謝
  • 感動
  • 兄弟姉妹
  • 親子
  • 夫婦
  • 勉強・受験
  • 食事
  • 仕事
  • 出産・育児

急がず、休まず

自らの安否を問う

佐藤一斎という方の『言志四録』の中に、「自ら吾が心を礼拝し、自ら安否を問うべし」という言葉があります。安否という言葉は、大震災でたびたび使われ、無事かどうかということであります。 私たちは、生きがいを持って、また人間関係をしっかりしていこうという自らの心を礼拝して、そういう心を持…続きを読む

  • 感動
  • 信仰
  • 人権

急がず、休まず

常に円満を目指しているか

円満という言葉がありますように、「円」というのは完全無欠の相だと言われております。角みたいに飛び出したところもなく、引っ込んだところもない。それが「円」というわけです。 私たちもそうした「円」のような、円満な人間を志しているわけですけれども、ときには引っ込み思案になったり、ときに…続きを読む

  • 葛藤
  • 感動

いのちの響き

決めつけることなく 素直な気持ちを伝え合う 今村彩子さん(映画監督)

生まれつき耳が聞こえない今村彩子監督は、「聞こえないのだから仕方ない」と、聞こえる人とのコミュニケーションを避けていた。しかし、「このままではいけない」と、映画『スタートライン』を制作する。映画を通して今村監督が見つけたものとは─。 今村 彩子(いまむら・あやこ) 1979年、愛…続きを読む

  • 苦悩
  • 感動
  • 仕事
  • 病気・障害