こころとつながる 不安 内省 葛藤 苦悩 変化 歓喜 感謝 感動

検索


最新記事

尾木ママのだから子育てはおもしろい!

早期教育よりも自然体験! 尾木直樹

自然は生きる力の源泉 いまの子どもたちは、スマホやゲーム機の普及、安全な屋外の遊び場が減少したことにより、外で遊ぶ機会がどんどん減っています。また、早期教育ブームの影響もあり、放課後も宿題や塾、習い事などに大忙し。のびのび遊ぶ時間をあまりもてていないのではないでしょうか。 でも、…続きを読む

  • 変化
  • 歓喜
  • 兄弟姉妹
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 健康

急がず、休まず

自業自得の法を説いている

転法輪には、いろいろな意味があり、仏さまだけが転法輪、法を説いているのではないということであります。仏さまは悟られた上で、私たち衆生に分かりやすく法を説いてくださっているわけですが、実は、私たちも、知らないままに法を説いていると教えて頂いております。 お酒を飲み過ぎると、肝臓が悪…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 健康
  • 信仰

急がず、休まず

人を変えようとしても難しい

仏さまの教えの一番有り難いことは、人や世の中をどうこうする前に、自分が変わる、自分を変えていく大切さを示してくださっていることです。 人を変えようとしても、世の中を変えようとしても、そう簡単に変わることはありません。夫婦の間でも、親子の間でも同様です。私の場合ですと、妻を変えよう…続きを読む

  • 変化
  • 兄弟姉妹
  • 友人
  • 恋人
  • 親子
  • 嫁姑
  • 夫婦
  • 上司部下

急がず、休まず

渋と甘みは表裏一体

「渋柿の 渋がそのまま 甘さかな」という句があります。食糧難の時代、私なども田舎で柿がなっていると、石を投げて落として食べたものです。すると、渋柿に当たることがあるのです。 しかし、この渋柿も醂したり、干し柿にすると甘くなります。渋柿のタンニンが太陽の光に当たると甘くなるのでしょ…続きを読む

  • 変化
  • 歓喜

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

やっぱり尼さんになる運命でしてん 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

先日、佼成会の大阪教会さんで仏教落語と講演をさせていただきました。うなずきながら、前のめりの姿勢で私の噺を聞いてくださる大勢の皆さま。おそらく初めてお会いする方がたばかりなのに、法華経に生きる仲間と「再会」できたような気がして、嬉しくなりました。天台宗の僧侶にならせていただいて、…続きを読む

  • 変化
  • 感謝
  • 感動
  • 仕事
  • 信仰
  • 宗教

お役立ち記事

介護の悩み相談室 ゆる介護でいこう!

何度注意しても、重ね着をやめません 回答者/柳本文貴・NPOグレースケア代表

質問 「暑い日が続いていますが、85歳の姑は、何枚も重ね着をしています。汗をかいても、毎日お風呂に入るわけではありません。清潔を保つためにも、下着を1 枚減らしたほうがいいよと勧めるのですが聞きません。これからの季節、熱中症も心配です。重ね着をやめさせることはできないでしょうか」…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 変化
  • 親子
  • 健康
  • 老後

おぐら家の思春期な日々

動画|マンガこれからもよろしく!思春期くん おぐらなおみ

おすすめ関連動画はコチラ 第1回「こんにちは思春期くん」   第2回「育て思春期くん」   第3回「忘れるな思春期くん」 第4回「呼び方は変わるのか 思春期くん」   第5回「外食嫌いの 思春期くん」   第6回「ナイショが増えるぞ 思春期くん」 第7回「もっとほめさせてくれよ…続きを読む

  • 苦悩
  • 変化
  • 歓喜
  • 親子

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

法華経は秘密のスパイスですねん 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

「やってもた!」│先日、朝一番から夫と顔を見合わせ、思わず声を上げてしまいました。子どもが生まれてから食生活には気をつけていましたが、この日は息子が祖父母の家にお泊まり。そのため、気が緩んだのか、ご飯を炊き忘れてしまったのです。それで何が困るかというと……仏さまに捧げるご飯、「仏…続きを読む

  • 内省
  • 苦悩
  • 変化
  • 食事
  • 宗教

急がず、休まず

1パーセントの人たち

世の中は99パーセントの人と1パーセントの人に分けられると学んだことがあります。100パーセントの人が、学校教育や社会に出て働く中で、戦うこと、他の人より抜きんでること、人と争うこと、比べることを教わります。しかし、1パーセントほど、その教えから外れる人が存在するのです。99パー…続きを読む

  • 変化
  • 感謝
  • 病気・障害
  • 災害

いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

そもそも介護問題とは何か? 結城康博(社会福祉学者)

ここ数年、マスメディアを通じて「介護」という言葉を見聞きしない日はありません。「認知症になったらどうする?」「親の介護にいくらかかるか?」「介護は突如としてやってくる」「悲惨な介護殺人」……。 実際、心身ともに元気であっても六十から七十代の方は、自分の介護について切実に考えずには…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 親子
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後
  • 経済