こころとつながる 不安 内省 葛藤 苦悩 変化 歓喜 感謝 感動

検索


最新記事

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

法華経は秘密のスパイスですねん 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

「やってもた!」│先日、朝一番から夫と顔を見合わせ、思わず声を上げてしまいました。子どもが生まれてから食生活には気をつけていましたが、この日は息子が祖父母の家にお泊まり。そのため、気が緩んだのか、ご飯を炊き忘れてしまったのです。それで何が困るかというと……仏さまに捧げるご飯、「仏…続きを読む

  • 内省
  • 苦悩
  • 変化
  • 食事
  • 宗教

いのちの響き

娘が大きな愛に目覚める原点 塩澤みどりさん(公益財団法人 いのちの森文化財団代表理事)

長野県飯綱高原にある「いのちの森」には、癒やしを求めて多くの人が訪れる。人びとは自然のなかで学びと実践をとおして本来の自分を取り戻し、新たな一歩を踏み出していく。「公益財団法人 いのちの森文化財団」代表理事の塩澤みどりさんに、財団の取り組みや、財団設立のきっかけとなった娘・早穂理…続きを読む

  • 内省
  • 苦悩
  • 変化
  • 歓喜
  • 感謝
  • 親子

尾木ママのだから子育てはおもしろい!

ゆとり世代の矜持 尾木直樹

ゆとり教育は失敗? 「これだから“ゆとり”は……」なんて、何かと揶揄されることも多いゆとり世代。皆さんは、どんなイメージをもたれますか? 「ゆとり教育が学力低下を招いた」とか、「ゆとり世代は常識知らず」など、あまりいいイメージを抱いていない方も少なくないんじゃないかしら。 でも、…続きを読む

  • 内省
  • 歓喜
  • 勉強・受験
  • 出産・育児

いのちを尊ぶ社会をめざしてIII

途切れることのないお焼香 川浪 剛(僧侶)

民法の八九七条は、故人を祀る権利「祭祀権」を定めています。じつはお葬式の際、大の親友だからという理由で喪主になることは、原則としてできません。もしも大親友の喪主を務めるなら、まず親族の方に祭祀権を放棄してもらわなければならないのです。ですから私も、釜ヶ崎(あいりん地区)で身寄りの…続きを読む

  • 内省
  • 苦悩
  • お金
  • 死

急がず、休まず

敬すればこそ

「敬う」という心は、少しでも高く、尊い境地に進もう、偉大なるものに近づこうという心です。それは同時に、自らを反省して、至らない点を恥ずかしく感じる心ともつながっているわけであります。省みて自らをおそれ、慎み、戒めていく。そして偉大なるもの、尊きもの、高きものを仰いで、あこがれ、そ…続きを読む

  • 内省
  • 信仰

お役立ち記事

急がず、休まず

すべてがちょうどいい

次のような言葉があるそうです。 「すべてがあなたにちょうどいい。今のあなたに今の夫がちょうどいい」。そして「今のあなたに今の妻がちょうどいい」。このあたり、皆さん、納得いくでしょうか。いろいろと思うことがあるかもしれません。 また、「今のあなたに今の子供がちょうどいい。今のあなた…続きを読む

  • 内省
  • 感謝
  • 友人
  • 親子
  • 夫婦
  • 信仰
  • 宗教

急がず、休まず

大切にしたい「お陰さま」

「幸せ」という言葉の語源は、「為(な)し合わせ」(相手の喜ぶことを「為し合う」こと)からきているようです。自分のためだけに生きるよりも、人に何かをしてあげることで喜ばれ、自分も人の行為に素直に甘えて、感謝して生きる。そういう生活をしておりますと、ストレスもなくなり、心温まる豊かな…続きを読む

  • 内省
  • 感謝
  • 夫婦
  • 宗教

尾木ママのだから子育てはおもしろい!

自立と友達関係 尾木直樹

友達は、第二の自分 かつての子どもたちは、遅くとも中学二年生くらいで、親と一定の距離をとるようになっていました。「お父さんは僕の気持ちを分かってくれない」「お母さんの考えは古い」などと、もう親には頼れないと感じ、悩みごとは友達に相談するようになっていく。また、友達同士で親の悪口を…続きを読む

  • 不安
  • 内省
  • 苦悩
  • 変化
  • 友人
  • 恋人
  • 親子
  • いじめ
  • 勉強・受験

露の団姫の「毎日が仏教ですねん」

法華経は秘密のスパイスですねん 露の団姫(つゆのまるこ)(落語家・僧侶)

「やってもた!」│先日、朝一番から夫と顔を見合わせ、思わず声を上げてしまいました。子どもが生まれてから食生活には気をつけていましたが、この日は息子が祖父母の家にお泊まり。そのため、気が緩んだのか、ご飯を炊き忘れてしまったのです。それで何が困るかというと……仏さまに捧げるご飯、「仏…続きを読む

  • 内省
  • 苦悩
  • 変化
  • 食事
  • 宗教

尾木ママのだから子育てはおもしろい!

ゆとり世代の矜持 尾木直樹

ゆとり教育は失敗? 「これだから“ゆとり”は……」なんて、何かと揶揄されることも多いゆとり世代。皆さんは、どんなイメージをもたれますか? 「ゆとり教育が学力低下を招いた」とか、「ゆとり世代は常識知らず」など、あまりいいイメージを抱いていない方も少なくないんじゃないかしら。 でも、…続きを読む

  • 内省
  • 歓喜
  • 勉強・受験
  • 出産・育児