こころとつながる 不安 内省 葛藤 苦悩 変化 歓喜 感謝 感動

検索


最新記事

急がず、休まず

向上には敬う心が不可欠

仏性を開顕する、人格を完成する、そのもとになるのは「敬う」という心です。 「敬う」とは、「謙虚」と同じように、自分を空しくして、相手の全てを受け入れ、吸収しようとする態度であります。ですから、真に徹底した「敬い」は、私たちのいのちの最も強い働きであり、誰でも持っているものです。 …続きを読む

  • 感謝
  • 信仰

尾木ママのだから子育てはおもしろい!

早期教育よりも自然体験! 尾木直樹

自然は生きる力の源泉 いまの子どもたちは、スマホやゲーム機の普及、安全な屋外の遊び場が減少したことにより、外で遊ぶ機会がどんどん減っています。また、早期教育ブームの影響もあり、放課後も宿題や塾、習い事などに大忙し。のびのび遊ぶ時間をあまりもてていないのではないでしょうか。 でも、…続きを読む

  • 変化
  • 歓喜
  • 兄弟姉妹
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 健康

急がず、休まず

自業自得の法を説いている

転法輪には、いろいろな意味があり、仏さまだけが転法輪、法を説いているのではないということであります。仏さまは悟られた上で、私たち衆生に分かりやすく法を説いてくださっているわけですが、実は、私たちも、知らないままに法を説いていると教えて頂いております。 お酒を飲み過ぎると、肝臓が悪…続きを読む

  • 内省
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 健康
  • 信仰

【介助の心得】手を差し伸べられるあなたに

なぜ介助が大切なのか 山本佳代子(介助専門士)

はじめまして。これから一年間、「介助」についてお話をさせていただくことになりました、山本佳代子です。 「歳をとっても、障害があっても、楽しく自分らしい生活ができる社会を作りたい」。そう願って、高齢者や障害のあるお客様への対応をお伝えするNPO法人「日本介助専門員推進協会」を立ち上…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 友人
  • 病気・障害
  • 健康
  • 人権

急がず、休まず

人を変えようとしても難しい

仏さまの教えの一番有り難いことは、人や世の中をどうこうする前に、自分が変わる、自分を変えていく大切さを示してくださっていることです。 人を変えようとしても、世の中を変えようとしても、そう簡単に変わることはありません。夫婦の間でも、親子の間でも同様です。私の場合ですと、妻を変えよう…続きを読む

  • 変化
  • 兄弟姉妹
  • 友人
  • 恋人
  • 親子
  • 嫁姑
  • 夫婦
  • 上司部下

お役立ち記事

介護の悩み相談室 ゆる介護でいこう!

何度注意しても、重ね着をやめません 回答者/柳本文貴・NPOグレースケア代表

質問 「暑い日が続いていますが、85歳の姑は、何枚も重ね着をしています。汗をかいても、毎日お風呂に入るわけではありません。清潔を保つためにも、下着を1 枚減らしたほうがいいよと勧めるのですが聞きません。これからの季節、熱中症も心配です。重ね着をやめさせることはできないでしょうか」…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 変化
  • 親子
  • 健康
  • 老後

急がず、休まず

死は決して不幸ではない

お釈迦さまは、生老病死ということで、生まれること、年老いること、病気になること、そして死ぬこと、これは逃れることができない、自由にならない、思い通りにならない、この世に生まれてきたものは、みんな宿命として背負うのだと教えてくださっています。 死ということも、全ての人に、公平で平等…続きを読む

  • 不安
  • 信仰
  • 死

おぐら家の思春期な日々

動画|マンガこれからもよろしく!思春期くん おぐらなおみ

おすすめ関連動画はコチラ 第1回「こんにちは思春期くん」   第2回「育て思春期くん」   第3回「忘れるな思春期くん」 第4回「呼び方は変わるのか 思春期くん」   第5回「外食嫌いの 思春期くん」   第6回「ナイショが増えるぞ 思春期くん」 第7回「もっとほめさせてくれよ…続きを読む

  • 苦悩
  • 変化
  • 歓喜
  • 親子

急がず、休まず

人生の花を咲かせよう

蓮は、華果同時(けかどうじ)といって、花が咲くと、そこに実が同時にあります。花の中に実があるということは、「悟り」ということにほかなりません。つらく、悲しい思いがなければ、人間が悟ることはないのだということを、お釈迦さまは蓮の花の譬(たと)えによって教えてくださっています。 です…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 信仰

いのちを尊ぶ社会をめざしてIV

そもそも介護問題とは何か? 結城康博(社会福祉学者)

ここ数年、マスメディアを通じて「介護」という言葉を見聞きしない日はありません。「認知症になったらどうする?」「親の介護にいくらかかるか?」「介護は突如としてやってくる」「悲惨な介護殺人」……。 実際、心身ともに元気であっても六十から七十代の方は、自分の介護について切実に考えずには…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 親子
  • 病気・障害
  • 健康
  • 老後
  • 経済