• あなたと誰かの“こころ”を足して、「世界」につなぎあう 人生は、出来事の連続で出来ています。人と人、そして出来事や社会とのつながりの中に、あなたは何を見つけるでしょう。多くの人の個性=違いの多様さ、いろいろな物事の感じ方を互いに認め合うことで、この広い世界は、少しだけ小さな、身近な世界に変わるのかもしれません。
  • こころとつながる 不安 内省 葛藤 苦悩 変化 歓喜 感謝 感動
  • 人とつながる 兄弟姉妹 友人 恋人 夫婦 嫁姑 上司部下 親子
  • くらしとつながる いじめ 就職 お金 恋愛 食事 エコ 仕事 結婚 出産・育児 離婚 病気・障害 健康 老後 死 信仰 リストラ 学校・勉強
  • 社会とつながる 人権 宗教 平和 政治 経済 環境問題 災害

検索

おぐら家の思春期な日々
マンガ家・おぐらなおみさんの人気連載第2弾。 中学校に通う思春期の男の子をめぐる「あるある!」な日常を動画でお楽しみください。
尾木ママのだから子育ては面白い!
思春期の難しさは、子どもの成長の証。尾木直樹さんによる、悩めるお父さん・お母さんへのアドバイスです。
介助の心得
高齢者、難病を抱える人、体の不自由な人……。互いに助け合う心は、誰もが生きやすい社会をつくります。

お役立ち記事

いのちの響き

ただ安らかに旅立ってほしくて 笹原 留似子さん (復元納棺師)

笹原 留似子(ささはら るいこ) 北海道札幌市出身。幼いころから、キリスト教日曜学校に通い、聖書の教え、マザー・テレサの精神を学びながら、医療関係主催のボランティア活動に参加。巫女として奉職し、神楽や舞楽を神前で奉納。3年後、巫女長になる。その後、病院のホスピス病棟に勤務。病棟で…続きを読む

  • 葛藤
  • 苦悩
  • 感謝
  • 兄弟姉妹
  • 親子
  • 夫婦
  • 仕事
  • 病気・障害
  • 死
  • 災害

いのちの響き

勝たなくてもいい。死んだらあかん! 茂 幸雄さん(元警察官、NPO法人「心に響く文集・編集局」理事長)

茂 幸雄(しげ ゆきお) 1944年、福井県生まれ。福井県三国警察署(現・坂井西署)勤務時代に東尋坊で自殺防止のパトロールを始め、定年退職後、NPO法人「心に響く文集・編集局」を設立。自殺しようと同地を訪れた人を思いとどまらせるために、日々パトロールにあたる。著書は『東尋坊の茂さ…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 苦悩
  • 変化
  • 夫婦
  • 上司部下
  • お金
  • 仕事
  • 死
  • 人権

いのちの響き

人は愛されて人になる 内田 美智子さん (助産師)

内田 美智子(うちだ みちこ) 1957年、大分県生まれ。国立小倉病院附属看護助産学校助産師科卒。1988年から内田産婦人科医院に勤務。夫は、同医院院長。院内で子育て支援の「U遊キッズ」を主催するほか、「生」「性」「いのち」「食」をテーマに全国で講演活動を展開。思春期保健相談士と…続きを読む

  • 不安
  • 内省
  • 感動
  • 親子
  • 食事
  • 仕事
  • 出産・育児

いのちの響き

人は一人では生きられない 奥田 知志さん (北九州ホームレス支援機構理事長・牧師)

奥田 知志(おくだ ともし) 1963年、滋賀県生まれ。1990年にホームレス支援組織「北九州越冬実行委員会」事務局長に就任。同年、東八幡キリスト教会牧師に。また、その翌年、「NPO法人北九州ホームレス支援機構」を設立。路上生活者の生活を支えながら、自立支援住宅の建設などに取り組…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 感謝
  • 仕事
  • リストラ
  • 信仰
  • 死
  • 宗教

いのちの響き

生きてるだけで百点満点 鈴木 せい子さん (助産師)

鈴木 せい子(すずき せいこ) 1947年 群馬県生まれ 鈴木助産院院長 (社)群馬県助産師会会長。助産師歴32年の開業助産師 命が粗末にされる今日を憂い、全国各地に出向き「いのち大切さ」について講演活動や著作活動、またマスメディアを通じて「いのちの現場からのメッセージ」を伝えて…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 変化
  • 親子
  • 勉強・受験
  • 仕事
  • 出産・育児

いのちの響き

尊厳ある死を支えたくて 柴田 久美子さん(看取り士)

柴田久美子(しばた くみこ) 島根県出雲市生まれ。特別養護老人ホームに勤務。平成14年、看取りの家「なごみの里」を設立。現在は、鳥取県米子市に拠点を移し、在宅支援活動を展開。一般社団法人なごみの里代表理事。吉備国際大学短期大学部非常勤講師。神戸看護専門学校非常勤講師。主な著書に『…続きを読む

  • 不安
  • 感動
  • 親子
  • 夫婦
  • 仕事
  • 病気・障害
  • 老後
  • 死
  • 人権

いのちの響き

大切なのは日頃の温かいふれあい 佐藤 良子さん (大山自治会会長)

佐藤 良子(さとう よしこ) 1942年、宮城県生まれ。99年から自身の住む、東京都立川市の大山団地で自治会会長として活躍。加入率100パーセント、孤独死ゼロを実現。2004年、内閣府男女共同参画局「女性のチャレンジ賞」受賞。11年、地域活動功労者賞を東京都より受賞。全国各地で講…続きを読む

  • 不安
  • 内省
  • 感謝
  • 親子
  • 嫁姑
  • 仕事
  • 老後

幸せのヒントQ&A

夫に多額の借金が。裏切られた気持ちです(27歳・女性)

Q: 先日、夫(28歳)から多額の借金があることを打ち明けられました。原因はパチンコです。負けた分を取り戻そうとカードでお金を借りては店に通い、結局、借金が膨らんだというのです。2歳になる子供もいますので、私は生活を切り詰めて貯金をしていました。夫はそんな私をよくいたわってくれ、…続きを読む

  • 不安
  • 葛藤
  • 親子
  • 夫婦
  • お金
  • 出産・育児
  • 離婚
  • 信仰

いのちを尊ぶ社会をめざしてII

なぜいじめが起きるのか―─その背景 尾木 直樹(教育評論家)

学校でいじめが起きる原因の一つとして問題視すべきなのは、枠にはめる一斉主義の教育方法です。集団に一斉に同じ行動をとらせ、できなければ全員に連帯責任を負わせる方式の教育です。たとえば、学校では「起立!」「礼!」という号令で一斉に立たせ、おじぎさせます。皆そろって一斉に、という形式を…続きを読む

  • 不安
  • 苦悩
  • 友人
  • 親子
  • いじめ
  • 死
  • 人権

日本国憲法Q&A 立正佼成会外務部・平和問題研究会憲法部会編

憲法は何のためにあるのでしょうか? 憲法は人間の尊厳を守るために

憲法は何のためにあるのか--それはひと口に言えば、国民一人一人の人間としての尊厳を守るためにあると言ってよいでしょう。 日本国憲法は、日本の歴史上はじめて、個人の尊厳(第十三条)が日本の国家法秩序において最も大切な価値であると宣言しました。 もちろん、ここで注意しておかねばならな…続きを読む

  • 人権
  • 平和
  • 政治


1
23456789>>
page 1 / 88